【最新】アリストテレス(競争馬)次走報!血統や馬名の意味についても

「広告」
古馬牡馬
「広告」

こんにちは。ずまずまです。

今回は、2021年の「アメリカジョッキーC(G2)」を勝利した「アリストテレス」についてまとめていきます。

3歳時からクラシック戦線で活躍し、それ以降も重賞、G1戦線で活躍するアリストテレス。果たして、今後どのようなローテを歩むでしょうか。この記事では、その点にも触れて考察していきます。

ずまずまが提供する「次走報」では、情報を「正確」、且つ「的確」に、「分かりやすく」お届けしますので、是非ご覧ください。


以下が目次です↓↓

アリストテレス次走情報

アリストテレス次走は現在、「2022年5月29日」に「東京競馬場2500m」で行われる「目黒記念(G2)」に出走を予定しています。

前走暮れのグランプリ「有馬記念(G1)」では、”グランアレグリア”、”エフフォーリア”などと言った、強豪が集まった中での6着。人気が9番人気だったこと、近走G1で凡走気味だったことを踏まえても、比較的好走したと言えるでしょう。

レース後騎手コメント↓↓(武豊騎手)

レース前は気が入りすぎていて、馬群から離して走りました。良く走っていると思います

netkeiba 有馬記念レース後コメント https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=197933

プロフィールと馬名の意味について

競馬ラボ アリストテレス写真一覧 https://www.keibalab.jp/db/horse/2017105525/photo.html

プロフィール

プロフィール  
エピファネイア
母(母父)ブルーダイヤモンド(ディープインパクト)
馬主近藤英子
調教師音無秀孝(栗東)
生産者ノーザンファーム
中央獲得賞金2億2223万円
主な勝ち鞍21年アメリカジョッキーC(G2)
生年月日2017年4月8日
受賞歴

馬名の意味について

馬名の意味としては、古代ギリシャの哲学者である「アリストテレス」が馬名の由来とされています。

血統表

血統表  
Kris S.
エピファネイアシンボリクリスエスTee Kay
シーザリオスペシャルウィーク
キロフプリミエール
サンデーサイレンス
ブルーダイヤモンドディープインパクトウインドインハーヘア
グレースアドマイヤトニービン
バレークイーン

主な生じているクロス

サンデーサイレンス18.75%4×3
Sadler`s Wells12.50%4×4
Hail to Reason6.25%5×5
netkeiba アリストテレス https://db.netkeiba.com/horse/2017105525/?rf=link_news

近3走プレイバック

3走前 京都大賞典(G2)(阪神競馬場2200m良)

アリストテレスにとって、前走「宝塚記念(G1)9着後、約4か月の休養を経て参戦したレース。

人気では、戸崎騎手騎乗の”ヒートオンビート”や、岩田望騎手騎乗の”アイアンバローズ”などが居る中アリストテレスは、単勝3.6倍1番人気に支持されます。

レースでは、8枠9番から先団に付けて最後の直線、馬場の真ん中に持ち出されると、反応して先団を追撃し、先に抜け出していた4番人気”キセキ”を捉えて一時先頭。しかしながらゴール直前、大外から差してきた9番人気”マカヒキ”に差されて、ハナ差2着。重賞2勝目とはなりませんでした。

【動画】

2走前 ジャパンC(G1)(東京競馬場2400m良)

アリストテレスにとって、前走「京都大賞典(G2)2着後、連戦過程で参戦したレース。

人気では、福永騎手騎乗でこのレースが引退レースとなった同期の三冠馬”コントレイル”や、川田騎手騎乗で同年の日本ダービー馬”シャフリヤール”などが居る中アリストテレスは、単勝20.5倍4番人気に支持されます。

レースでは、5枠9番から好位2番手に付けて最後の直線、馬場の内目を選んで先団を追ったものの、早々に後続に差し切られて後退。その後も良い所無く後退していき、勝ち馬に大きく離された9着。G1初制覇とはなりませんでした。

【動画】

前走 有馬記念(G1)(中山競馬場2500m良)

アリストテレスにとって、前走「ジャパンC(G1)9着後、連戦過程で参戦したレース。

人気では、横山武騎手騎乗で同年G12勝を挙げていた”エフフォーリア”や、ルメール騎手騎乗でこのレースが引退レースとなったG14勝馬”クロノジェネシス”などが居る中アリストテレスは、単勝47.7倍9番人気に支持されます。

レースでは、6枠11番から中段に控えて最後の直線、馬場の外目に持ち出され、ジリジリと伸びたものの先団との差は詰まらず、5着に3馬身差を付けられての6着。G1初制覇とはなりませんでした。

【動画】

まとめ

今回は、2021年の「アメリカジョッキーC(G2)」を勝利した「アリストテレス」についてまとめていきました。

近走はG1レースに参戦するも、思うような結果を残せていない印象のアリストテレス。3歳時の「菊花賞(G1)」では、あのコントレイルを最後まで追い詰めた存在ですし、立て直してG1レースで飛躍する姿をもっと見たい所です。

☆他の重賞予定馬次走情報↓↓

■シュネルマイスター次走情報

【最新】シュネルマイスター次走報!馬名の意味や血統、近況についても
こんにちは。ずまずまです。今回は、2021年に「NHKマイルカップ(G1)」を制した「シュネルマイスター」についてまとめていきます。レベルの高い同世代の中でも、一際目立つ活躍を見せるシュネルマイスター。果たして、今後どのよ...

■シャフリヤール次走情報

【最新】シャフリヤール(競争馬)次走報!馬名の意味、血統についても|
こんにちは。ずまずまです。今回は、2021年に第88回「東京優駿(日本ダービー)(G1)」を制した「シャフリヤール」についてまとめていきます。ダービーを制したことでより一層活躍が期待がされる、シャフリヤール。果たして、今後...

■プレサージュリフト次走情報

【最新】プレサージュリフト次走報!血統や馬名の意味、コメントについても
こんにちは。ずまずまです。今回は、2022年の「デイリー杯クイーンC(G3)」を勝利した「プレサージュリフト」についてまとめていきます。キャリア僅か2戦で重賞を制覇し、今後への飛躍が期待されるプレサージュリフト。果たして、...

■ダノンベルーガ次走情報

【最新】ダノンベルーガ次走報!血統や馬名の意味、コメントについても
こんにちは。ずまずまです。今回は、2022年に「共同通信杯(G3)」を勝利した「ダノンベルーガ」についてまとめていきます。同世代の実力馬を一蹴したことで、クラシック制覇に大きく期待が持たれているダノンベルーガ。果たして、今...

■ディープボンド次走情報

【最新】ディープボンド次走報!血統や馬名の意味、凱旋門賞についても
こんにちは。ずまずまです。今回は、2021年にフランス重賞「フォワ賞(G2)」などを制した「ディープボンド」についてまとめていきます。G1でも好走を見せ、2021年秋にはフランスG1「凱旋門賞(G1)」にも参戦したディープ...

☆コラム

□サトノレイナス引退!引退理由や現役時の戦歴、今後についても

【最新情報】サトノレイナス引退!引退理由や現役時の戦歴、今後についても
こんにちは。ずまずまです。今回は、2020年「サフラン賞(1勝クラス)」の勝ち馬で、牝馬ながら「日本ダービー(G1)」にも出走し引退を発表した「サトノレイナス」についての情報をまとめていきます。同世代の白毛G1馬”ソダシ”...

□クロノジェネシスG14勝で引退。次走報で届けた戦歴を振り返り。

【最新情報】クロノジェネシスG14勝で引退。次走報で届けた戦歴振り返り
こんにちは。ずまずまです。今回は、国内外のG1レースに参戦、活躍し、G14勝を挙げて引退した「クロノジェネシス」についての情報をまとめていきます。国内のグランプリG13連覇を始め、数々のG1を制覇したクロノジェネシス。果た...

□インディチャンプ引退!次走報で届けた戦歴を振り返り。

【最新情報】インディチャンプ引退!次走報で届けた戦歴や今後についても
こんにちは。ずまずまです。今回は、国内マイルG1路線で「春秋連覇」を飾るなどG12勝を挙げて引退した「インディチャンプ」の情報についてまとめていきます。長らく短距離、マイル路線の強豪として活躍したインディチャンプ。果たして...

□コントレイル引退で有終の美。引退理由と戦歴を振り返り。

【最新情報】コントレイル引退で有終の美。引退理由と戦歴を振り返り|
こんにちは。ずまずまです。今回は、史上3頭目の牡馬クラシック三冠馬でありG15勝を挙げて引退した「コントレイル」についてまとめていきます。ラストランを見事勝利で飾り、多くの競馬ファンに感動を与えたコントレイル。果たして、今後どのような生活を

□グランアレグリア引退で有終の美。次走報で届けた戦歴を振り返り。

【最新情報】グランアレグリア引退で有終の美。次走報で届けた戦歴振り返り|
こんにちは。ずまずまです。今回は、G16勝を挙げて引退したグランアレグリアについての情報をまとめていきたいと思います。引退レースを見事勝利し、有終の美を飾ったグランアレグリア。果たして、今後どのような生活を送るのでしょうか。その点についても

□ラヴズオンリーユー引退で有終の美。次走報で届けた戦歴を振り返り。

【最新情報】ラヴズオンリーユー引退で有終の美。次走報で届けた戦歴を振り返り|
こんにちは。ずまずまです。今回は、日本調教馬として初めてアメリカの「BCシリーズ」を制覇の他、G14勝を挙げて引退した「ラヴズオンリーユー」についての情報をまとめていきたいと思います。引退レースを見事に勝利し、有終の美を飾ったラヴズオンリー
タイトルとURLをコピーしました