【最新】アートハウス(競争馬)次走報!馬名の意味や血統、陣営コメントについても

【スポンサーリンク】
3歳牝馬
【スポンサーリンク】

こんにちは。ずまずまです。

今回は、2022年に「ローズS(G2)」などを制している「アートハウス」についてまとめていきます。

母に実力馬を持ち、この馬自身既にG1に挑んでいる事からも、今後はG1制覇にも期待がかかるアートハウス。果たして、今後どのようなローテを歩むのでしょうか。この記事では、その点にも触れて考察していきます。

ずまずまが提供する「次走報」では、情報を「正確」、且つ「的確」に、「分かりやすく」お届けしますので、是非ご覧ください。

ずまずま
ずまずま

今だけ限定

お得な告知情報でーす

是非こちらもチェックを↓↓

競馬の後は競輪でしょ⁉今なら無料で1500円。最大3000円分相当の電子マネープレゼント中↓↓

【お得情報】タダで1500円。最大3000円分の電子マネーを得て競輪を楽しむ方法
競輪投票に使える電子マネーをもらえるお得なキャンペーン無料新規登録だけでも1500円の電子マネーがもらえるチャンスプラス初回チャージで5000円以上チャージすると1000円キャッシュバック更に新規登録後3日以内に投票すると、500円戻っ...

併せて読みたい実力馬の次走情報

・デアリングタクト

【最新】デアリングタクト次走報!故障による引退の噂や現在の状況についても
こんにちは。ずまずまです。今回は、G13勝馬で2020年に日本競馬史上初めて無敗で牝馬クラシック「三冠馬」となった「デアリングタクト」についてまとめていきます。3歳時に「牝馬クラシック3冠」を達成したのと同時に、その後「大...

・ジャックドール

【最新】ジャックドール次走報!馬名の意味や血統、陣営コメントについても
こんにちは。ずまずまです。今回は、2022年に「金鯱賞(G2)」を勝利した「ジャックドール」についてまとめていきます。破竹の連勝で彗星の如く現れた経緯から、今後G1舞台で活躍、制覇が期待されているジャックドール。果たして、...

・エフフォーリア

【最新】エフフォーリア次走報!馬名の意味、血統、陣営コメントについても
こんにちは。ずまずまです。今回は、2021年に無敗で「皐月賞(G1)」を制した「エフフォーリア」についてまとめていきます。3歳の早い時期から、活躍が期待されていたエフフォーリア。果たして、今後どのようなローテを歩むのでしょ...

・ソダシ

【コラム】ソダシ(競争馬)がかわいい!強さや次走についても!!
ソダシ(競争馬)がかわいい!強さは?次走はどこ??←このような疑問に答えます。本記事では、ソダシのかわいい魅力について。そして強さと次走について。まとめて解説しています。ソダシがかわいくて仕方ない方。ソダシについて知りたい方には必見の記事です。

・ピクシーナイト

【最新】ピクシーナイト次走報!骨折による引退のウワサや近況についても
こんにちは。ずまずまです。今回は、3歳にして秋のスプリント新王者に輝いた「ピクシーナイト」についてまとめていきます。混戦スプリント界を、一刀両断したピクシーナイト。果たして、今後どのようなローテを歩んでいくのでしょうか。...

以下が目次です↓↓

【スポンサーリンク】

アートハウス次走情報

【スポンサーリンク】

アートハウス次走は現在、未定となっています。

前走、牝馬クラシック最終戦となった「秋華賞(G1)」では、”スターズオンアース”や”ナミュール”、”スタニングローズ”などの同世代のG1馬や重賞馬が多数集まった中、4番人気に支持されたものの5着。G1初制覇とはなりませんでした。

レース後コメント↓↓(川田将雅騎手)

とても具合良く競馬に向かえました。精一杯の走りをしてくれました

netkeiba 秋華賞レース後コメント https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=210171

【スポンサーリンク】

プロフィールと馬名の意味について

【スポンサーリンク】

プロフィール

プロフィール  
スクリーンヒーロー
母(母父)パールコード(ヴィクトワールピサ)
馬主H.H.シェイク・ファハド
調教師中内田充(栗東)
生産者三嶋牧場
主な勝ち鞍22年忘れな草賞(L)
生年月日2019年2月26日
受賞歴

馬名の意味について

馬名の意味については、↓↓

アートハウスとは、1950年代にアメリカの大学街やニューヨークなどの大都市で生まれた、非ハリウッド映画や芸術映画、ヨーロッパで作られた映画(アメリカにとっての外国映画)などを上映する映画館

藝術電影館通信 https://arthousepress.jp/articles/arthouse-guide/#:~:text=%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%81%A8%E3%81%AF%E3%80%811950,%E6%98%A0%E7%94%BB%E9%A4%A8%E3%81%AE%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%A7%E3%81%99%E3%80%82

から由来されています。

【スポンサーリンク】

血統表

【スポンサーリンク】

血統表  
Silver Hawk
スクリーンヒーローグラスワンダーArmeriflora
ランニングヒロインサンデーサイレンス
ダイナアクトレス
ネオユニヴァース
パールコードヴィクトワールピサホワイトウォーター
マジックコードLost Code
Beautiful Pet

【スポンサーリンク】

近走プレイバック

【スポンサーリンク】

2歳冬

2021年 2歳新馬戦 (阪神競馬場2000m良)

アートハウスにとって、デビュー戦となったレース。

人気では、松山騎手騎乗の”ヴィンテージボンド”や、浜中騎手騎乗の”ショウナンアデイブ”、藤岡康騎手騎乗の”スプレンダーシチー”などが居る中アートハウスは、単勝4.3倍3番人気に支持されます。

レースでは、5枠5番から好位2番手に付けて最後の直線、馬場の真ん中に持ち出されると、早めに逃げ馬を捉えて先頭。その後は後続との差を広げて、2着に3馬身差圧勝。デビュー戦を見事勝利で飾りました。

【動画】

レース映像はこちら

2021年 エリカ賞(1勝クラス)(阪神競馬場2000m良)

アートハウスにとって、前走「新馬戦勝利後、約2か月の調整を経て参戦したレース。

人気では、坂井騎手騎乗の”ダノンブリザード”や、岩田望騎手騎乗の”サトノヘリオス”、藤岡佑騎手騎乗の”ヴェールランス”などが居る中アートハウスは、単勝2.6倍1番人気に支持されます。

レースでは、2枠2番から好位2番手に付けて最後の直線、馬場の真ん中に持ち出されると、反応して先団を追いかける形。しかしながら、残り2Fで一時は先頭に並んだものの、その後は脚が鈍り、後退しての6着。デビューから2連勝とはなりませんでした。

【動画】

レース映像はこちら

【スポンサーリンク】

3歳春

【スポンサーリンク】

2022年 忘れな草賞(L)(阪神競馬場2000m良)

アートハウスにとって、前走「エリカ賞(1勝クラス)6着後、約4か月の調整を経て参戦したレース。

人気では、ルメール騎手騎乗の”ロマンシングブルー”や、横山典騎手騎乗”ダイム”、横山武騎手騎乗で半兄に実力馬”ヴェロックス”を持つ良血馬”セルケト”などが居る中アートハウスは、単勝2.4倍1番人気に支持されます。

レースでは、7枠7番から好位4番手に付けて最後の直線、馬場の内目に進路を取ると、騎手のアクションに応えて鋭く反応して先団を追撃。残り2Fで馬郡を割って先頭に立つと、その後は差を大きく広げて、2着に3馬身差圧勝。競争生活2勝目を挙げました。

【動画】

レース映像はこちら

2022年 オークス(G1)(東京競馬場2400m良)

アートハウスにとって、前走「忘れな草賞(L)勝利後、連戦過程で参戦したレース。

人気では、Mデムーロ騎手騎乗で昨年の2歳女王である”サークルオブライフ”や、ルメール騎手騎乗で前走クラシック1冠目桜花賞を勝利していた”スターズオンアース”、横山武騎手騎乗で重賞馬の”ナミュール”などが居る中アートハウスは、単勝6.5倍2番人気に支持されます。

レースでは、2枠3番から好位3番手に付けて最後の直線、馬場の真ん中に持ち出されると、早めに馬郡から抜け出して、逃げ馬を追いかける形。しかしながら、残り2Fで一時先頭に立ったものの、後方から差してきた3番人気”スターズオンアース”に差され、後続にも交わされての7着。G1初制覇とはなりませんでした。

【動画】

【スポンサーリンク】

3歳秋

【スポンサーリンク】

2022年 ローズS(G2)(中京競馬場2000m良)

アートハウスにとって、前走「オークス(G1)7着後、約4か月の休養を経て参戦したレース。

人気では、ルメール騎手騎乗で兄にG1馬を持つ良血馬”サリエラ”や、福永騎手騎乗の”セントカメリア”、坂井騎手騎乗の”ラリュエル”、吉田豊騎手騎乗の”パーソナルハイ”などが居る中アートハウスは、単勝2.7倍1番人気に支持されます。

レースでは、5枠8番から先団4番手に付けて最後の直線、馬場の真ん中に持ち出されると、騎手のアクションに応えて反応して先団を追撃。残り1Fで早めに抜け出していた4番人気”ラリュエル”を捉えると、そのまま交わし、後方から追い込んできた2番人気”サリエラ”の追撃を抑えて、見事勝利重賞初制覇を飾りました。

【動画】

2022年 秋華賞(G1)(阪神競馬場2000m良)

アートハウスにとって、前走「ローズS(G2)勝利後、連戦過程で参戦したレース。

人気では、ルメール騎手騎乗でここまで牝馬2冠を達成していたG1複数勝利馬”スターズオンアース”や、横山武騎手騎乗で重賞馬の”ナミュール”、坂井騎手騎乗で前哨戦を勝利していた重賞複数勝利馬”スタニングローズ”などが居る中アートハウスは、単勝6.7倍4番人気に支持されます。

レースでは、5枠10番から好位3番手に付けて最後の直線、馬場の真ん中に持ち出されると、持ったままの手応えで4コーナーを進んで逃げ馬を追いかける形。しかしながら、残り2Fで逃げ馬を捉えて先頭に立ったものの、最後は脚色が悪くなり、中段に控えていた3番人気”スタニングローズ”などに交わされ、離されての5着。G1初制覇とはなりませんでした。

・スタニングローズ

・ナミュール

【動画】

【スポンサーリンク】

まとめ

【スポンサーリンク】

今回は、2022年に「ローズS(G2)」などを制している「アートハウス」についてまとめていきました。

3歳にして既にG1に挑戦を果たしていることからも、今後は重賞・G1制覇にも期待が高まるアートハウス。引き続き動向に注目していきたい所です。

【スポンサーリンク】

☆他の有力馬次走情報↓↓

■ルビーカサブランカ

■ウォーターナビレラ

■バスラットレオン

■ヴェルトライゼンデ

■ジャスティンカフェ

【スポンサーリンク】

☆コラム

□サトノレイナス引退!引退理由や現役時の戦歴、今後についても

□クロノジェネシスG14勝で引退。次走報で届けた戦歴を振り返り。

□インディチャンプ引退!次走報で届けた戦歴を振り返り。

□ラヴズオンリーユー引退で有終の美。次走報で届けた戦歴を振り返り。

□コントレイル引退で有終の美。引退理由と戦歴を振り返り。

□グランアレグリア引退で有終の美。次走報で届けた戦歴を振り返り。

タイトルとURLをコピーしました