【最新】オーソリティ(競争馬)次走報!馬名の意味や血統、コメントについても

【スポンサーリンク】
古馬牡馬
【スポンサーリンク】

こんにちは。ずまずまです。

今回は、2021年の「アルゼンチン共和国杯」などを勝利している「オーソリティ」についてまとめていきます。

海外重賞制覇や、同一重賞連覇などをし、今後G1制覇にも期待がかかるオーソリティ。果たして、今後どのようなローテを歩むのでしょうか。この記事では、その点にも触れて考察していきます。

ずまずまが提供する「次走報」では、情報を「正確」、且つ「的確」に、「分かりやすく」お届けしますので、是非ご覧ください。

ずまずま
ずまずま

今だけ限定

お得な告知情報でーす

是非こちらもチェックを↓↓

競馬の後は競輪でしょ⁉今なら無料で1500円。最大3000円分相当の電子マネープレゼント中↓↓

【お得情報】タダで1500円。最大3000円分の電子マネーを得て競輪を楽しむ方法
競輪投票に使える電子マネーをもらえるお得なキャンペーン無料新規登録だけでも1500円の電子マネーがもらえるチャンスプラス初回チャージで5000円以上チャージすると1000円キャッシュバック更に新規登録後3日以内に投票すると、500円戻っ...

併せて読みたい実力馬の次走情報

・タイトルホルダー

【最新】タイトルホルダー(競争馬)次走報!馬名の意味や血統、コメントについても
こんにちは。ずまずまです。今回は、2021年に「菊花賞(G1)」を勝利した「タイトルホルダー」についてまとめていきます。菊花賞を歴史的大勝で飾りG1初制覇となったタイトルホルダー。果たして、今後どのようなローテを歩むでしょ...

・レイパパレ

【最新】レイパパレ(競争馬)次走報!馬名の意味や血統、陣営コメントについても
こんにちは。ずまずまです。今回は、2021年に「大阪杯(G1)」を勝利した「レイパパレ」についてまとめていきます。無敗でG1を勝利し、その後も古馬G1、重賞路線で活躍しているレイパパレ。果たして、今後どのようなローテを歩む...

・シャフリヤール

【最新】シャフリヤール(競争馬)次走報!馬名の意味、血統についても
こんにちは。ずまずまです。今回は、2021年に第88回「東京優駿(日本ダービー)(G1)」を制した「シャフリヤール」についてまとめていきます。ダービーを制したことでより一層活躍が期待がされる、シャフリヤール。果たして、今後...

・シュネルマイスター

【最新】シュネルマイスター次走報!馬名の意味や血統、近況についても
こんにちは。ずまずまです。今回は、2021年に「NHKマイルカップ(G1)」を制した「シュネルマイスター」についてまとめていきます。レベルの高い同世代の中でも、一際目立つ活躍を見せるシュネルマイスター。果たして、今後どのよ...

・ステラヴェローチェ

【最新】ステラヴェローチェ次走報!馬名の意味や血統についても|
こんにちは。ずまずまです。今回は、2021年の「神戸新聞杯(G2)」などを勝利している「ステラヴェローチェ」についてまとめていきます。2歳の早い時期から活躍し、今後も更なる飛躍が期待されているステラヴェローチェ。果たして、...

以下が目次です↓↓

オーソリティ次走情報

オーソリティ次走は現在、未定となっています。

前走は、春のグランプリ「宝塚記念(G1)」を予定していましたが、レース出走直前に「右前脚跛行」を発症。競争除外となりました。

コメント(シルクホースクラブ)

オーソリティは右前ハ行のため競走除外となりましたが、X線検査を行ったところ異常はありませんでした

Yahoo! 宝塚記念オーソリティレース直前に右前ハ行で競走除外 https://news.yahoo.co.jp/articles/51f5f5982dd42b00bbfec978dea8b74f2a7dec8f

しかしながら、その後の検査で「右第3中手骨」の「骨折」が判明。長期休養が示唆されています。

26日のGⅠ宝塚記念で馬場入場後、右前肢跛行により競走除外となったオーソリティ(牡5・木村)は検査の結果、右第3中手骨の骨折が判明。あす7月1日に美浦トレセン内の診療所にてボルト固定手術を行うことになった。同馬を所有するシルク・ホースクラブが公式ホームページで明らかにした。

管理する木村調教師は「28日に美浦トレセンへ戻ってきまして、詳しく右前の状態を確認したところ、管骨の内側部分を骨折していることが判明いたしました。ルメール騎手の話では『返し馬の際に芝とダートの切れ目のところでつまずいてしまった』とのこと。おそらくそこで痛めてしまったのではないかと推測されます」と状況を説明。今後については休養期間未定ながら「今のところ馬自身は元気にしており、歩様に見せることもなければ屈曲痛などもありませんが、早期回復に努めて参りたいと思います」とコメントしている。

Yahoo! オーソリティ右第3中手骨骨折が判明、、、 https://news.yahoo.co.jp/articles/81fd2f4b27bc6e7cd254128b6ea9e0e545ea4d3e

プロフィールと馬名の意味について

プロフィール

プロフィール  
オルフェーヴル
母(母父)ロザリンド(シンボリクリスエス)
馬主シルクレーシング
調教師木村哲也(美浦)
生産者ノーザンファーム
主な勝ち鞍20年アルゼンチン共和国杯(G2)
生年月日2017年2月12日
受賞歴

馬名の意味について

馬名の意味由来となった「オーソリティ」は、日本語で「権威」や「威信」を主に意味されます。

血統表

血統表  
サンデーサイレンス
オルフェーヴルステイゴールドゴールデンサッシュ
オリエンタルアートメジロマックイーン
エレクトロアート
Kris S.
ロザリンドシンボリクリスエスTee Kay
シーザリオスペシャルウィーク
キロフプリミエール

主な生じているクロス

サンデーサイレンス18.75%3×4
ノーザンテースト9.38%5×4
Hail to Reason6.25%5×5
Northern Dancer6.25%5×5
netkeiba オーソリティ https://db.netkeiba.com/horse/2017105649/

近走プレイバック

2021年 アルゼンチン共和国杯(G2)(東京競馬場2500m良)

オーソリティにとって、前走「天皇賞春(G1)10着後、約6か月の休養を経て参戦したレース。

人気では、横山武騎手騎乗の”アンティシペイト”や、岩田望騎手騎乗の”フライライクバード”などが居る中オーソリティは、単勝3.0倍1番人気に支持されます。

レースでは、6枠10番から好位3番手に付けて最後の直線、馬場の真ん中に持ち出されると、前を捉えて早め先頭。その後も長く脚を伸ばし続け、2着に2、2分の1馬身差快勝重賞3勝目を挙げました。

【動画】

2021年 ジャパンC(G1)(東京競馬場2400m良)

オーソリティにとって、前走「アルゼンチン共和国杯(G2)」を勝利後、連戦過程で参戦したレース。

人気では、福永騎手騎乗で前年のクラシック三冠馬”コントレイル”や、川田騎手騎乗で同年のダービー馬”シャフリヤール”などが居る中オーソリティは、単勝7.1倍3番人気に支持されます。

レースでは、4枠7番から好位4番手に付けて最後の直線、馬場の真ん中に持ち出されると、残り3Fで逃げていた7番人気”キセキ”を交わして先頭。しかしながら、残り2Fで1番人気”コントレイル”に並ばれると、あっという間に交わされて2馬身差の2着。G1初制覇とはなりませんでした。

・コントレイル

・シャフリヤール

【動画】

5歳春

2022年 ネオムターフC(G3)(サウジアラビア競馬場2100m)

オーソリティにとって、前走「ジャパンC(G1)2着後、約3か月の調整を経て参戦したレース。

日本オッズの人気では、1番人気に支持されます。

レースでは、馬番2番から逃げて最後の直線、馬場の内目に進出すると、後続を突き放して逃げ切り体制。そのまま勢いは衰えることなく長い脚を使い続けて、約1馬身差快勝重賞4勝目を挙げると共に、海外重賞初制覇を飾りました。

【動画】

レース映像はこちら

2022年 ドバイシーマクラシック(G1)(メイダン競馬場2410m良)

オーソリティにとって前走、サウジアラビアで行われた「ネオムターフC(G3)勝利後、連戦過程で参戦したレース。

人気では、ビュイック騎手騎乗の”Yibir”、Mデムーロ騎手騎乗の”ステラヴェローチェ”、Cデムーロ騎手騎乗の”シャフリヤール”などが居る中オーソリティは、単勝4.7倍2番人気に支持されます。

レースでは、馬番1番から逃げて最後の直線、馬場の内目に進路を取ると、追われてながらも変わらず先頭。しかしながら、残り2Fで4番人気”シャフリヤール”に並ばれると、突き放されて、1番人気”Ybir”にも差されての3着。G1初制覇とはなりませんでした。

・シャフリヤール

・ユーバーレーベン

【動画】

レース映像はこちら

まとめ

今回は、2021年の「アルゼンチン共和国杯」などを勝利している「オーソリティ」についてまとめていきました。

海外重賞を制覇したことからも、今後G1制覇に期待がかかるオーソリティ。コントレイルが引退した現在、同世代の筆頭格としての活躍を期待したい所です。

☆他の重賞予定馬次走情報↓↓

■ダノンザキッド次走情報

【最新】ダノンザキッド次走報!馬名の意味や血統、陣営コメントについても
こんにちは。ずまずまです。今回は、2020年の「ホープフルS(G1)」を勝利し、2歳王者に輝いた「ダノンザキッド」についてまとめていきます。父ジャスタウェイの代表産駒として、今後G1路線で大きな活躍が期待されているダノンザ...

■グレートマジシャン次走情報

【最新】グレートマジシャン次走報!近況や馬名の意味、血統、コメントについても
こんにちは。ずまずまです。今回は、2021年の「セントポーリア賞(1勝クラス)」を勝利した「グレートマジシャン」についてまとめていきます。ハイレベル世代の代表格として重賞やG1戦線で活躍し、今後の活躍が期待されるグレートマ...

■デゼル次走情報

【最新】デゼル(競争馬)次走報!馬名の意味や血統、陣営コメントについても
こんにちは。ずまずまです。今回は、2021年の「サンスポ杯阪神牝馬S(G2)」を勝利した「デゼル」についてまとめていきます。デビュー前から注目、期待をされ、その中で重賞を勝利するなど、着実に実績を残しつつある「デゼル」。果...

■ドウデュース次走情報

【最新】ドウデュース(競争馬)次走報!馬名の意味や血統についても
こんにちは。ずまずまです。今回は、2022年に「日本ダービー(G1)」を制した「ドウデュース」についてまとめていきます。2021年には見事に「朝日杯(G1)」を勝利し、最優秀2歳牡馬に選ばれたドウデュース。果たして、今後ど...

■イクイノックス次走情報

【最新】イクイノックス次走報!近況や馬名の意味、血統についても|
こんにちは。ずまずまです。今回は、2021年の「東京スポーツ杯2歳S(G2)」を勝利した「イクイノックス」についてまとめていきます。現状無敗で、2022年の牡馬クラシックで活躍が期待されているイクイノックス。果たして、今後...

☆コラム

□サトノレイナス引退!引退理由や現役時の戦歴、今後についても

【最新情報】サトノレイナス引退!引退理由や現役時の戦歴、今後についても
こんにちは。ずまずまです。今回は、2020年「サフラン賞(1勝クラス)」の勝ち馬で、牝馬ながら「日本ダービー(G1)」にも出走し引退を発表した「サトノレイナス」についての情報をまとめていきます。同世代の白毛G1馬”ソダシ”...

□クロノジェネシスG14勝で引退。次走報で届けた戦歴を振り返り。

【最新情報】クロノジェネシスG14勝で引退。次走報で届けた戦歴振り返り
こんにちは。ずまずまです。今回は、国内外のG1レースに参戦、活躍し、G14勝を挙げて引退した「クロノジェネシス」についての情報をまとめていきます。国内のグランプリG13連覇を始め、数々のG1を制覇したクロノジェネシス。果た...

□インディチャンプ引退!次走報で届けた戦歴を振り返り。

【最新情報】インディチャンプ引退!次走報で届けた戦歴や今後についても
こんにちは。ずまずまです。今回は、国内マイルG1路線で「春秋連覇」を飾るなどG12勝を挙げて引退した「インディチャンプ」の情報についてまとめていきます。長らく短距離、マイル路線の強豪として活躍したインディチャンプ。果たして...

□ラヴズオンリーユー引退で有終の美。次走報で届けた戦歴を振り返り。

【最新情報】ラヴズオンリーユー引退で有終の美。次走報で届けた戦歴を振り返り|
こんにちは。ずまずまです。今回は、日本調教馬として初めてアメリカの「BCシリーズ」を制覇の他、G14勝を挙げて引退した「ラヴズオンリーユー」についての情報をまとめていきたいと思います。引退レースを見事に勝利し、有終の美を飾...

□コントレイル引退で有終の美。引退理由と戦歴を振り返り。

【最新情報】コントレイル引退で有終の美。引退理由と戦歴を振り返り|
こんにちは。ずまずまです。今回は、史上3頭目の牡馬クラシック三冠馬でありG15勝を挙げて引退した「コントレイル」についてまとめていきます。ラストランを見事勝利で飾り、多くの競馬ファンに感動を与えたコントレイル。果たして、今...

□グランアレグリア引退で有終の美。次走報で届けた戦歴を振り返り。

【最新情報】グランアレグリア引退で有終の美。次走報で届けた戦歴振り返り|
こんにちは。ずまずまです。今回は、G16勝を挙げて引退したグランアレグリアについての情報をまとめていきたいと思います。引退レースを見事勝利し、有終の美を飾ったグランアレグリア。果たして、今後どのような生活を送るのでしょうか...
タイトルとURLをコピーしました