【最新】グレナディアガーズ次走報!馬名の意味や血統、陣営コメントについても

【スポンサーリンク】
古馬牡馬
【スポンサーリンク】

こんにちは。ずまずまです。

今回は、2020年に「朝日杯フューチュリティS(G1)」を勝利した「グレナディアガーズ」についてまとめていきます。

ハイレベル世代で早くから活躍し、今後も短中距離G1路線で活躍が期待されているグレナディアガーズ。果たして、今後どのようなローテを歩むのでしょうか。この記事では、その点にも触れて考察していきます。

ずまずまが提供する「次走報」では、情報を「正確」、且つ「的確」に、「分かりやすく」お届けしますので、是非ご覧ください。


以下が目次です↓↓

グレナディアガーズ次走情報

グレナディアガーズ次走は現在、「2022年10月29日」に「阪神競馬場1400m」で行われる「スワンS(G2)」に出走を予定しています。

前走、イギリスアスコット競馬場で行われた「プラチナジュビリーS(G1)」では、名だたる海外の強豪が集まった中、19番人気に支持されての19着。海外G1初制覇とはなりませんでした。

レース後コメント↓↓(Cデムーロ騎手)

芝馬場が柔らかく、この馬には向きませんでした。また、結果として外側の馬場の方が走りやすかったかもしれません。ロイヤルアスコット開催で日本馬に乗る機会をもらえて感謝しています。ありがとうございました

netkeiba プラチナジュビリーSレース後コメント https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=204290

プロフィールと馬名の意味について

プロフィール

プロフィール  
Frankel
母(母父)ウェイヴェルアベニュー(Harlington)
馬主サンデーレーシング
調教師中内田充(栗東)
生産者ノーザンファーム
主な勝ち鞍20年朝日杯フューチュリティS(G1)
生年月日2018年2月4日
受賞歴

馬名の意味について

馬名の意味については、イングランドで「近衛歩兵連隊」を表す「グレナディアガーズ」から由来されています。

血統表

血統表  
Sadler`s Well
FrankelGalileoアーバンシー
Kindデインヒル
Rainbow Lake
Unbridled
ウェイヴェルアベニューHarlingtonSerena`s Song
Lucas StreetSilver Deputy
Ruby Park

主な生じているクロス

Mr.Prospector9.38%5×5×5
Northern Dancer9.38%4×5
Blushing Groom6.25%5×5
netkeiba グレナディアガーズ https://db.netkeiba.com/horse/2018104934/?rf=link_news

近走プレイバック

2021年 京成杯オータムH(G3)(中山競馬場1600m良)

グレナディアガーズにとって、前走「NHKマイルC(G1)3着後、約4か月の休養を経て参戦したレース。

人気では、藤岡佑騎手騎乗で同世代の重賞馬”バスラットレオン”や、菅原騎手騎乗の重賞馬”カラテ”、田辺騎手騎乗の”マルターズディオサ”などが居る中グレナディアガーズは、単勝2.8倍1番人気に支持されます。

レースでは、最内1枠1番から中段に控えて最後の直線、馬場の外目に持ち出されると、反応に応えて先団を追撃。しかしながら、その後もしぶとく脚を伸ばして先団に迫ったものの、まえを捉えるまでには至らず、勝ち馬にわずかに離されての3着。重賞2勝目とはなりませんでした。

【動画】

2021年 マイルチャンピオンS(G1)(阪神競馬場1600m良)

グレナディアガーズにとって、前走「京成杯オータムH(G3)」3着後、約2か月の調整を経て参戦したレース。

人気では、ルメール騎手騎乗でG1当時5勝馬だった”グランアレグリア”や、横山武騎手騎乗で同世代のG1馬”シュネルマイスター”、松山騎手騎手のG1馬”サリオス”などが居る中グレナディアガーズは、単勝10.1倍1番人気に支持されます。

レースでは、5枠9番から好位3番手に付けて最後の直線、馬場の真ん中に持ち出されると、直ぐに反応して早めに先頭。しかしながら、徐々に脚が鈍っていき後続に差されると脚色も鈍り減速。そのまま良い所無く勝ち馬に大きく離されての13着。G12勝目とはなりませんでした。

【動画】

2021年 阪神カップ(G2)(阪神競馬場1400m良)

グレナディアガーズにとって、前走「マイルチャンピオンS(G1)13着後、連戦過程で参戦したレース。

人気では、藤岡佑騎手騎乗でこのレースが引退レースとなったG1馬”ダノンファンタジー”や、池添騎手騎乗で同世代の重賞馬である”ソングライン”、坂井騎手騎乗でこちらも同世代の重賞馬である”ホウオウアマゾン”などが居る中グレナディアガーズは、単勝5.0倍3番人気に支持されます。

レースでは、6枠12番から中段に控えて最後の直線、馬場の大外に持ち出されると、鋭く反応して先団を追撃。その後も脚を伸ばし続けると、残り1Fで先頭を捉えて、2着に1、2分の1馬身差快勝重賞2勝目を挙げました。

【動画】

4歳春

2022年 高松宮記念(G1)(中京競馬場1200m重)

グレナディアガーズにとって、前走「阪神カップ(G2)勝利後、約3か月の調整を経て参戦したレース。

人気では、横山武騎手騎乗で2019年の2歳女王である”レシステンシア”や、池添騎手騎乗で前哨戦を快勝した”メイケイエール”、石橋騎手騎乗のG1馬”サリオス”などが居る中グレナディアガーズは、単勝5.6倍3番人気に支持されます。

レースでは、大外8枠18番から後方3番手に付けて最後の直線、馬場の大外に持ち出されると、反応して先団を追撃。しかしながら、前が止まらない馬場の影響もあり、この馬自身脚を使ったものの、勝ち馬に大きく離されての12着。G12勝目とはなりませんでした。

【動画】

2022年 プラチナジュビリーS(G1)(アスコット競馬場1200m)

グレナディアガーズにとって、前走「高松宮記念(G1)12着後、約3か月の調整を経て参戦したレース。

人気では、Jマクドナルド騎手騎乗の”Home Affairs“などの海外の名だたるG1馬が多数集まった中グレナディアガーズは、19番人気に支持されます。

レースでは、馬番10番から先団に付けて最後、馬場の最内を突くと、騎手のアクションに反応して鋭く加速。しかしながら、一時は先頭に並ぶ勢いで迫ったものの、残り1Fで脚が鈍って失速し、後続に交わされての19着。海外G1初制覇とはなりませんでした。

【動画】

レース映像はこちら

まとめ

今回は、2020年に「朝日杯フューチュリティS(G1)」を勝利した「グレナディアガーズ」についてまとめていきました。

一時の不振から見事に脱却したことからも、更なるG1制覇が期待されるグレナディアガーズ。今後のローテにも注目していきたい所です。

☆他の重賞予定馬次走情報↓↓

■ジャックドール次走情報

【最新】ジャックドール次走報!馬名の意味や血統、陣営コメントについても
こんにちは。ずまずまです。今回は、2022年に「金鯱賞(G2)」を勝利した「ジャックドール」についてまとめていきます。破竹の連勝で彗星の如く現れた経緯から、今後G1舞台で活躍、制覇が期待されているジャックドール。果たして、...

■ステラリア次走情報

【最新】ステラリア(競争馬)次走報!馬名の意味や血統、陣営コメントについても
こんにちは。ずまずまです。今回は、2021年の「忘れな草賞(L)」の勝ち馬で、「エリザベス女王杯(G1)」で2着などの実績を持つ「ステラリア」についてまとめいきます。デビューから着実に力を付けつつあるステラリア。果たして、...

■アカイイト次走情報

【最新】アカイイト(競争馬)次走報!馬名の意味や血統、コメントについても
こんにちは。ずまずまです。今回は、2021年に「エリザベス女王杯(G1)」を勝利した「アカイイト」についてまとめていきます。キズナ産駒として初のG1馬に輝き、これからの飛躍がより一層期待されるアカイイト。果たして、今後どの...

■イルーシヴパンサー次走情報

【最新】イルーシヴパンサー次走報!馬名の意味や血統、陣営コメントについても
こんにちは。ずまずまです。今回は、2021年の「東京新聞杯(G3)」を勝利した「イルーシヴパンサー」についてまとめていきます。圧巻のパフォーマンスで重賞制覇を飾ったことからも、今後G1制覇に大きな期待がかかるイルーシヴパン...

■ジェラルディーナ次走情報

【最新】ジェラルディーナ次走報!馬名の意味や血統、陣営コメントについても
こんにちは。ずまずまです。今回は、2022年に「オールカマー(G2)」などを勝利した「ジェラルディーナ」についてまとめていきます。血統背景から裏打ちされたポテンシャルの高さから、今後大きな飛躍が期待されているジェラルディー...

☆コラム

□サトノレイナス引退!引退理由や現役時の戦歴、今後についても

【最新情報】サトノレイナス引退!引退理由や現役時の戦歴、今後についても
こんにちは。ずまずまです。今回は、2020年「サフラン賞(1勝クラス)」の勝ち馬で、牝馬ながら「日本ダービー(G1)」にも出走し引退を発表した「サトノレイナス」についての情報をまとめていきます。同世代の白毛G1馬”ソダシ”...

□クロノジェネシスG14勝で引退。次走報で届けた戦歴を振り返り。

【最新情報】クロノジェネシスG14勝で引退。次走報で届けた戦歴振り返り
こんにちは。ずまずまです。今回は、国内外のG1レースに参戦、活躍し、G14勝を挙げて引退した「クロノジェネシス」についての情報をまとめていきます。国内のグランプリG13連覇を始め、数々のG1を制覇したクロノジェネシス。果た...

□インディチャンプ引退!次走報で届けた戦歴を振り返り。

【最新情報】インディチャンプ引退!次走報で届けた戦歴や今後についても
こんにちは。ずまずまです。今回は、国内マイルG1路線で「春秋連覇」を飾るなどG12勝を挙げて引退した「インディチャンプ」の情報についてまとめていきます。長らく短距離、マイル路線の強豪として活躍したインディチャンプ。果たして...

□ラヴズオンリーユー引退で有終の美。次走報で届けた戦歴を振り返り。

【最新情報】ラヴズオンリーユー引退で有終の美。次走報で届けた戦歴を振り返り|
こんにちは。ずまずまです。今回は、日本調教馬として初めてアメリカの「BCシリーズ」を制覇の他、G14勝を挙げて引退した「ラヴズオンリーユー」についての情報をまとめていきたいと思います。引退レースを見事に勝利し、有終の美を飾...

□コントレイル引退で有終の美。引退理由と戦歴を振り返り。

【最新情報】コントレイル引退で有終の美。引退理由と戦歴を振り返り|
こんにちは。ずまずまです。今回は、史上3頭目の牡馬クラシック三冠馬でありG15勝を挙げて引退した「コントレイル」についてまとめていきます。ラストランを見事勝利で飾り、多くの競馬ファンに感動を与えたコントレイル。果たして、今...

□グランアレグリア引退で有終の美。次走報で届けた戦歴を振り返り。

【最新情報】グランアレグリア引退で有終の美。次走報で届けた戦歴振り返り|
こんにちは。ずまずまです。今回は、G16勝を挙げて引退したグランアレグリアについての情報をまとめていきたいと思います。引退レースを見事勝利し、有終の美を飾ったグランアレグリア。果たして、今後どのような生活を送るのでしょうか...
タイトルとURLをコピーしました