【最新】シゲルピンクルビー次走報!馬名の意味や血統、陣営コメントについても

【スポンサーリンク】
古馬牝馬
【スポンサーリンク】

こんにちは。ずまずまです。

今回は、2021年に「フィリーズレビュー(G2)」などを勝利している「シゲルピンクルビー」についてまとめていきます。

3歳早くに重賞を勝利し、現在でもG1や重賞戦線で活躍していることからも、今後はG1制覇にも期待がかかるシゲルピンクルビー。果たして、今後どのようなローテを歩むのでしょうか。この記事では、その点にも触れて考察していきます。

ずまずまが提供する「次走報」では、情報を「正確」、且つ「的確」に、「分かりやすく」お届けしますので、是非ご覧ください。

ずまずま
ずまずま

今だけ限定

お得な告知情報でーす

是非こちらもチェックを↓↓

競馬の後は競輪でしょ⁉今なら無料で1500円。最大3000円分相当の電子マネープレゼント中↓↓

【お得情報】タダで1500円。最大3000円分の電子マネーを得て競輪を楽しむ方法
競輪投票に使える電子マネーをもらえるお得なキャンペーン無料新規登録だけでも1500円の電子マネーがもらえるチャンスプラス初回チャージで5000円以上チャージすると1000円キャッシュバック更に新規登録後3日以内に投票すると、500円戻っ...

併せて読みたい実力馬の次走情報

・デアリングタクト

【最新】デアリングタクト次走報!故障による引退の噂や現在の状況についても
こんにちは。ずまずまです。今回は、G13勝馬で2020年に日本競馬史上初めて無敗で牝馬クラシック「三冠馬」となった「デアリングタクト」についてまとめていきます。3歳時に「牝馬クラシック3冠」を達成したのと同時に、その後「大...

・ジャックドール

【最新】ジャックドール次走報!馬名の意味や血統、陣営コメントについても
こんにちは。ずまずまです。今回は、2022年に「金鯱賞(G2)」を勝利した「ジャックドール」についてまとめていきます。破竹の連勝で彗星の如く現れた経緯から、今後G1舞台で活躍、制覇が期待されているジャックドール。果たして、...

・エフフォーリア

【最新】エフフォーリア次走報!馬名の意味、血統、陣営コメントについても
こんにちは。ずまずまです。今回は、2021年に無敗で「皐月賞(G1)」を制した「エフフォーリア」についてまとめていきます。3歳の早い時期から、活躍が期待されていたエフフォーリア。果たして、今後どのようなローテを歩むのでしょ...

・ソダシ

【コラム】ソダシ(競争馬)がかわいい!強さや次走についても!!
ソダシ(競争馬)がかわいい!強さは?次走はどこ??←このような疑問に答えます。本記事では、ソダシのかわいい魅力について。そして強さと次走について。まとめて解説しています。ソダシがかわいくて仕方ない方。ソダシについて知りたい方には必見の記事です。

・ピクシーナイト

【最新】ピクシーナイト次走報!骨折による引退のウワサや近況についても
こんにちは。ずまずまです。今回は、3歳にして秋のスプリント新王者に輝いた「ピクシーナイト」についてまとめていきます。混戦スプリント界を、一刀両断したピクシーナイト。果たして、今後どのようなローテを歩んでいくのでしょうか。...

以下が目次です↓↓

【スポンサーリンク】

シゲルピンクルビー次走情報

【スポンサーリンク】

シゲルピンクルビー次走は現在、未定となっています。

前走「キーンランドC(G3)」では、”ヴェントヴォーチェ”や”ウインマーベル”、”ヴァレトニ“などの重賞初制覇を目指す馬たちが多数集まった中、10番人気に支持された中で8着。重賞2勝目とはなりませんでした。

レース後コメント↓↓(和田竜二騎手)

いいスタートを切って流れにも乗れたが、直線は進路を探しながらで反応が悪かった。テンションも落ち着いていたが…

東スポ競馬 キーンランドCレース後コメント https://tospo-keiba.jp/breaking_news/19131

【スポンサーリンク】

プロフィールと馬名の意味について

【スポンサーリンク】

プロフィール

プロフィール  
モーリス
母(母父)ムーンライトベイ(High Chaparral)
馬主森中蕃
調教師渡辺薫彦(栗東)
生産者天羽牧場
主な勝ち鞍21年フィリーズレビュー(G2)
生年月日2018年1月26日
受賞歴

馬名の意味について

馬名の意味については、馬主である「森中蕃」氏の冠名である「シゲル」に、を示す「ピンク」、宝石の「ルビー」から由来されています。

【スポンサーリンク】

血統表

【スポンサーリンク】

血統表  
グラスワンダー
モーリススクリーンヒーローランニングヒロイン
メジロフランシスカーネギー
メジロモントレー
Sadler`s Wells
ムーンライトベイHigh ChaparralKasora
ムーンライトダンスSindar
Style of Life

主な生じているクロス

Sadler`s Wells18.75%4×3
Northern Dancer12.50%5×4×5
netkeiba シゲルピンクルビー https://db.netkeiba.com/horse/2018100032/?rf=link_news

【スポンサーリンク】

近走プレイバック

【スポンサーリンク】

2022年 京都牝馬S(G3)(阪神競馬場1400m良)

シゲルピンクルビーにとって、前走「京阪杯(G3)5着後、約3か月の調整を経て参戦したレース。

人気では、ルメール騎手騎乗の”スカイグルーヴ”や、川田騎手騎乗で母にG1馬を持つ良血馬”タンタラス”、福永騎手騎乗の”ギルデッドミラー”などが居る中シゲルピンクルビーは、単勝6.2倍4番人気に支持されます。

レースでは、4枠8番から好位5番手に付けて最後の直線、馬場の真ん中に持ち出されると、騎手のアクションに応えて反応。しかしながら、終始粘り強く脚を伸ばし先頭を追ったものの、差し切るまでには至らず、離されての4着。重賞2勝目とはなりませんでした。

・ロータスランド

【動画】

2022年 鞍馬S(OP)(中京競馬場1200m良)

シゲルピンクルビーにとって、前走「京都牝馬S(G3)4着後、約2か月の調整を経て参戦したレース。

人気では、浜中騎手騎乗の”ダディーズビビット”や、柴田大騎手騎乗の”サンライズオネスト”、藤岡康騎手騎乗の”キャプテンドレイク”などが居る中シゲルピンクルビーは、単勝6.2倍3番人気に支持されます。

レースでは、7枠13番から好位4番手に付けて最後の直線、馬場の真ん中に持ち出されると、反応して先団を追う形。残り2Fで逃げ馬を捉えて早め先頭に立つと、その後は後続を寄せ付けず、2着に1、4分の1馬身差快勝通算3勝目を挙げました。

【動画】

レース映像はこちら

2022年 函館スプリントS(G3)(函館競馬場1200m良)

シゲルピンクルビーにとって、前走「鞍馬S(OP)勝利後、連戦過程で参戦したレース。

人気では、浜中騎手騎乗で重賞馬の”ナムラクレア”や、西村騎手騎乗の”ヴェントヴォーチェ”、藤岡佑騎手騎乗でこのレース連覇が掛かっていた重賞馬”ビアンフェ”などが居る中シゲルピンクルビーは、単勝7.5倍4番人気に支持されます。

レースでは、3枠6番から好位4番手に付けて最後の直線、馬場の内目に進路を取ると、先団を追う形。しかしながら、直線早々で脚色が悪くなると、その後は沈んでいき、勝ち馬から大きく離されての10着。受賞2勝目とはなりませんでした。

・ナムラクレア

【動画】

2022年 キーンランドC(G3)(札幌競馬場1200m良)

シゲルピンクルビーにとって、前走「函館スプリントS(G3)10着後、約2か月の調整を経て参戦したレース。

人気では、ルメール騎手騎乗の”ヴェントヴォーチェ”や、松山騎手騎乗で当時3歳重賞馬だった”ウインマーベル”、横山武騎手騎乗の”ヴァレトニ”などが居る中シゲルピンクルビーは、単勝20.0倍10番人気に支持されます。

レースでは、3枠6番から馬郡中段に控えて最後の直線、馬場の真ん中に持ち出されると、追われながら4コーナー周り先頭を追いかける形。しかしながら、終始伸びを欠くと、その後も特に良い所無く馬郡に沈んでいき、勝ち馬である6番人気”ヴェントヴォーチェ”に大きく離されての8着。重賞2勝目とはなりませんでした。

・ヴェントヴォーチェ

【動画】

【スポンサーリンク】

まとめ

【スポンサーリンク】

2021年に「フィリーズレビュー(G2)」などを勝利している「シゲルピンクルビー」についてまとめていきました。

既に重賞を制していることからも、今後は複数重賞勝利や、G1制覇にも期待がかかるシゲルピンクルビー。引き続き動向に注目していきたい所です。

【スポンサーリンク】

☆他の有力馬次走情報↓↓

■カフェファラオ

■ソウルラッシュ

■ジェラルディーナ

■ステラリア

■マリアエレーナ

【スポンサーリンク】

☆コラム

□サトノレイナス引退!引退理由や現役時の戦歴、今後についても

□クロノジェネシスG14勝で引退。次走報で届けた戦歴を振り返り。

□インディチャンプ引退!次走報で届けた戦歴を振り返り。

□ラヴズオンリーユー引退で有終の美。次走報で届けた戦歴を振り返り。

□コントレイル引退で有終の美。引退理由と戦歴を振り返り。

□グランアレグリア引退で有終の美。次走報で届けた戦歴を振り返り。

タイトルとURLをコピーしました