【最新】シュネルマイスター次走報!馬名の意味や血統、近況についても

【スポンサーリンク】
古馬牡馬
【スポンサーリンク】

こんにちは。ずまずまです。

今回は、2021年に「NHKマイルカップ(G1)」を制した「シュネルマイスター」についてまとめていきます。

レベルの高い同世代の中でも、一際目立つ活躍を見せるシュネルマイスター。果たして、今後どのようなローテを歩むでしょうか。

ずまずまが提供する「次走報」では、情報を「正確」、且つ「的確」に、「分かりやすく」お届けしていますので、是非ご覧ください。

ずまずま
ずまずま

今だけ限定

お得な告知情報でーす

是非こちらもチェックを↓↓

競馬の後は競輪でしょ⁉今なら無料で1500円。最大3000円分相当の電子マネープレゼント中↓↓

【お得情報】タダで1500円。最大3000円分の電子マネーを得て競輪を楽しむ方法
競輪投票に使える電子マネーをもらえるお得なキャンペーン無料新規登録だけでも1500円の電子マネーがもらえるチャンスプラス初回チャージで5000円以上チャージすると1000円キャッシュバック更に新規登録後3日以内に投票すると、500円戻っ...

併せて読みたい実力馬の次走情報

・デアリングタクト

【最新】デアリングタクト次走報!故障による引退の噂や現在の状況についても
こんにちは。ずまずまです。今回は、G13勝馬で2020年に日本競馬史上初めて無敗で牝馬クラシック「三冠馬」となった「デアリングタクト」についてまとめていきます。3歳時に「牝馬クラシック3冠」を達成したのと同時に、その後「大...

・ジャックドール

【最新】ジャックドール次走報!馬名の意味や血統、陣営コメントについても
こんにちは。ずまずまです。今回は、2022年に「金鯱賞(G2)」を勝利した「ジャックドール」についてまとめていきます。破竹の連勝で彗星の如く現れた経緯から、今後G1舞台で活躍、制覇が期待されているジャックドール。果たして、...

・エフフォーリア

【最新】エフフォーリア次走報!馬名の意味、血統、陣営コメントについても
こんにちは。ずまずまです。今回は、2021年に無敗で「皐月賞(G1)」を制した「エフフォーリア」についてまとめていきます。3歳の早い時期から、活躍が期待されていたエフフォーリア。果たして、今後どのようなローテを歩むのでしょ...

・ソダシ

【コラム】ソダシ(競争馬)がかわいい!強さや次走についても!!
ソダシ(競争馬)がかわいい!強さは?次走はどこ??←このような疑問に答えます。本記事では、ソダシのかわいい魅力について。そして強さと次走について。まとめて解説しています。ソダシがかわいくて仕方ない方。ソダシについて知りたい方には必見の記事です。

・ピクシーナイト

【最新】ピクシーナイト次走報!骨折による引退のウワサや近況についても
こんにちは。ずまずまです。今回は、3歳にして秋のスプリント新王者に輝いた「ピクシーナイト」についてまとめていきます。混戦スプリント界を、一刀両断したピクシーナイト。果たして、今後どのようなローテを歩んでいくのでしょうか。...

以下が目次です↓↓

【スポンサーリンク】

シュネルマイスター次走情報

【スポンサーリンク】

シュネルマイスター次走は現在、「2022年11月20日」に「阪神競馬場1600m」で行われる「マイルCS(G1)」に出走を予定しています。

前走、秋初戦でスプリント線初挑戦となった「スプリンターズ(G1)」では、”メイケイエール”や”ナムラクレア”、”ジャンダルム”などの。重賞馬が多数集まった中、3番人気に支持されたものの、まさかの9着。G12勝目とはなりませんでした。

レース後騎手コメント↓↓(横山武史騎手)

陣営も工夫して調整してくれましたし、返し馬でも工夫して、やるべきことはやりました。ですが、外枠、この距離は忙しい、前が止まらない等、条件が全てで良くありませんでした。直線の不利も痛かったです

netkeiba スプリンターズSレース後コメント https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=208763

【スポンサーリンク】

プロフィールと馬名の意味について

【スポンサーリンク】

プロフィール

プロフィール  
Kingman
母(母父)セリエンホルデ(Soldier Hollow)
馬主サンデーレーシング
調教師手塚貴久(美浦)
生産者Northern Farm
中央獲得賞金2億4971万円
主な勝ち鞍21年NHKマイルC(G1)
生年月日2018年3月23日
馬名の意味スピードの名人
受賞歴

◆クラブ法人「サンデーレーシング」の持ち馬なため、一口125万円40口で募集されました。

馬名の意味

馬名の意味としては、ドイツ語で「スピード名人、達人」を意味する「シュネルマイスター」と言う言葉が由来されています。

【スポンサーリンク】

血統表

【スポンサーリンク】

血統表  
Green Desert
Kingmaninvincible SprintRafha
ZendaZamindar
Hope
In the Wings
セリエンホルデSoldier HollowIsland Race
SaldenehreHighest Honor
Salade

生じている主なクロス

kris9.38%4×5
Northen dancer6.25%5×5
netkeiba シュネルマイスター https://db.netkeiba.com/horse/2018110007/

【スポンサーリンク】

近走プレイバック

【スポンサーリンク】

2021年 NHKマイルC(G1)(東京競馬場1600m良)

前走「弥生賞ディープ記念(G2)」で2着後、調整を経て参戦したレース。

人気では、前年の2歳王者の”グレナディアガーズ”、前哨戦を圧勝した”バスラットレオン”などが居る中、単勝3.7倍2番人気に支持されます。

レースでは、7枠15番から中段に控えて最後の直線、馬場の外目に持ち出されると、前目を射程圏にして追撃。残り2Fで本格的にエンジンがかかると加速し、ゴール直前で7番人気ソングラインをハナ差交わして勝利G1初制覇を飾りました。

【動画】

2021年 安田記念(G1)(東京競馬場1600m良)

前走「NHKマイルC(G1)勝利後、間隔を詰めて参戦したレース。

人気では、G15勝の最強短距離女王”グランアレグリア”、2019年にG1マイル戦線を春秋連覇を果たしたG12勝馬”インディチャンプ”、三冠馬コントレイルのライバルでG1馬の”サリオス”などが居る中、単勝10.2倍4番人気に支持されます。

レースでは、8枠13番から中段に控えて最後の直線、馬場の真ん中に持ち出されると、鋭く伸びて反応。しかしながら、ゴール直前で大外から伸びてきた”ダノンキングリー”。最内を進んだ”グランアレグリアに交わされての3着。G12勝目とはなりませんでした。

【動画】

3歳秋

2021年 毎日王冠(G2)(東京競馬場1600m良)

前走「安田記念(G1)3着後、約4か月の休養を経て参戦したレース。

人気では、安田記念で念願のG1勝利を手にした”ダノンキングリー”、マイル重賞戦線で実績を持つ”ヴァンドギャルド”などが居る中、単勝2.6倍1番人気に支持されます。

レースでは、1枠1番から後方に控えて最後の直線、馬場の外目に持ち出されると、鋭く伸びて先団を追撃。残り1Fで先に抜け出していた”ダノンキングリー”に並ぶと、ゴール直前アタマ差交わして勝利重賞2勝目を挙げると共に、古馬戦線初勝利となりました。

【動画】

2021年 マイルチャンピオンS(G1)(阪神競馬場1600m良)

シュネルマイスターにとって、前走「毎日王冠(G2)」を勝利後、約1ヶ月の調整を経て連戦過程で参戦したレース。

人気では、このレースがラストランとなった当時G15勝馬”グランアレグリア”や、G12勝馬の”インディチャンプ”、同世代の2歳王者”ダノンザキット”などが居る中シュネルマイスターは、単勝4.6倍2番人気に支持されます。

レースでは、2枠3番から中段に控えて最後の直線、馬場の内目に切り込むと、馬群を縫いながら加速。しかしながら、大外から差してきた1番人気”グランアレグリア”が先に抜け出すと、差し切れずの2着。G12勝目とはなりませんでした。

【動画】

【スポンサーリンク】

4歳春

【スポンサーリンク】

2022年 ドバイターフ(G1)(メイダン競馬場1800m良)

シュネルマイスターにとって、前走「マイルチャンピオンS(G1)2着後、約4か月の休養を経て参戦したレース。

人気では、吉田豊騎手騎乗の”パンサラッサ”や、デットーリ騎手騎乗の”ロードノース”、他多数の海外G1馬が揃った中シュネルマイスターは、単勝1.7倍1番人気に支持されます。

レースでは、馬番12番から後方に控えて最後の直線、馬場の大外に持ち出されると、先団を追撃。しかしながら、終始伸びが無く徐々に失速していき、勝ち馬に大きく離されての9着。G12勝目とはなりませんでした。

【動画】

レース映像はこちら

2022年 安田記念(G1)(東京競馬場1600m良)

シュネルマイスターにとって、前走「ドバイターフ(G1)8着後、3か月の調整を経て参戦したレース。

人気では、横山武騎手騎乗で2019年の2歳女王でG1馬の”レシステンシア”や、レーン騎手騎乗でG1馬の”サリオス”、川田騎手騎乗で2020年の2歳王者であるG1馬”ダノンザキッド”などが居る中シュネルマイスターは、単勝4.9倍2番人気に支持されます。

レースでは、5枠9番から中段に控えて最後の直線、馬場の真ん中に進路を取ると、他馬を捌かれながら反応して先団を追撃。しかしながら、先に抜け出していた4番人気”ソングライン”を差し切れず、クビ差2着。G12勝目とはなりませんでした。

【動画】

4歳秋

【スポンサーリンク】

2022年 スプリンターズS(G1)(中山競馬場1200m良)

シュネルマイスターにとって、前走「安田記念(G1)2着後、約4か月の休養を経て参戦したレース。

人気では、池添騎手騎乗で重賞複数勝利馬の”メイケイエール”や、浜中騎手騎乗で重賞馬の”ナムラクレア”、荻野騎手騎乗で重賞馬の”ジャンダルム”などが居る中シュネルマイスターは、単勝8.5倍3番人気に支持されます。

レースでは、8枠15番から後方4番手に付けて最後の直線、馬場の真ん中に持ち出されると、追われながら反応して先団を追いかける形。しかしながら、直線半ばから加速し脚を伸ばしたものの、先団には届かず、勝ち馬である”ジャンダルム”などから大きく離されての9着。G12勝目とはなりませんでした。

・メイケイエール

・ナムラクレア

【動画】

【スポンサーリンク】

強さについて

【スポンサーリンク】

近年の古馬マイル戦線は、史上最多G19勝の名馬”アーモンドアイ”、短距離レースを中心にG16勝を誇り絶対女王だった”グランアレグリア”や、マイルG1「春秋連覇」を果たしたG12勝馬”インディチャンプ”など、一戦級を走ってきた名馬が続々と引退を発表しており、混戦模様にあります。

その中でもシュネルマイスターは、3歳馬ながら一線級相手に互角に争う強さを見せており、現時点で今後のマイル界を引っ張っていく筆頭的存在と言えるでしょう。

まとめ

【スポンサーリンク】

今回は、2021年に「NHKマイルC(G1)」を制した「シュネルマイスター」についてまとめていきました。

ハイレベル世代の代表馬として、3歳馬ながら古馬戦線で活躍するシュネルマイスター。今後どのように成長していくのか、注目したい所です。

【スポンサーリンク】

☆他の重賞予定馬次走情報↓↓

■ラヴズオンリーユー次走情報

【最新情報】ラヴズオンリーユー引退で有終の美。次走報で届けた戦歴を振り返り|
こんにちは。ずまずまです。今回は、日本調教馬として初めてアメリカの「BCシリーズ」を制覇の他、G14勝を挙げて引退した「ラヴズオンリーユー」についての情報をまとめていきたいと思います。引退レースを見事に勝利し、有終の美を飾ったラヴズオンリー

■タイトルホルダー次走情報

【最新】タイトルホルダー(競争馬)次走報!馬名の意味や血統、コメントについても
こんにちは。ずまずまです。今回は、2021年に「菊花賞(G1)」を勝利した「タイトルホルダー」についてまとめていきます。菊花賞を歴史的大勝で飾りG1初制覇となったタイトルホルダー。果たして、今後どのようなローテを歩むでしょ...

■ドウデュース次走情報

【最新】ドウデュース(競争馬)次走報!馬名の意味や血統についても
こんにちは。ずまずまです。今回は、2022年に「日本ダービー(G1)」を制した「ドウデュース」についてまとめていきます。2021年には見事に「朝日杯(G1)」を勝利し、最優秀2歳牡馬に選ばれたドウデュース。果たして、今後ど...

■クロノジェネシス次走情報

【最新情報】クロノジェネシスG14勝で引退。次走報で届けた戦歴振り返り
こんにちは。ずまずまです。今回は、国内外のG1レースに参戦、活躍し、G14勝を挙げて引退した「クロノジェネシス」についての情報をまとめていきます。国内のグランプリG13連覇を始め、数々のG1を制覇したクロノジェネシス。果た...

■エフフォーリア次走情報

【最新】エフフォーリア次走報!馬名の意味、血統、陣営コメントについても
こんにちは。ずまずまです。今回は、2021年に無敗で「皐月賞(G1)」を制した「エフフォーリア」についてまとめていきます。3歳の早い時期から、活躍が期待されていたエフフォーリア。果たして、今後どのようなローテを歩むのでしょ...

【スポンサーリンク】

☆コラム

□ソダシがかわいい。強さや次走についても

【コラム】ソダシ(競争馬)がかわいい!強さや次走についても!!
ソダシ(競争馬)がかわいい!強さは?次走はどこ??←このような疑問に答えます。本記事では、ソダシのかわいい魅力について。そして強さと次走について。まとめて解説しています。ソダシがかわいくて仕方ない方。ソダシについて知りたい方には必見の記事です。

□凱旋門賞に挑んだ日本馬たち~

【特集】凱旋門賞に挑んだ日本馬たち。勝利に近づいた馬についても
こんにちは。ずまずまです。今回は、【凱旋門賞に挑んだ日本馬たち】についてまとめていきます。日本競馬長年の悲願とされている、凱旋門賞制覇。その偉業に挑戦した馬は、果たして何頭居たのでしょうか。また、突出した結果を出した馬につ...

□武豊ファン必見⁉2021年期待のお手馬たち

【コラム】武豊ファン必見⁉2022年お手馬ランキング(クラシック編)
こんにちは。ずまずまです。今回は、日本競馬界が世界に誇るレジェンド騎手「武豊騎手」の「武豊ファン必見⁉2022年お手馬ランキング(クラシック編)」についてまとめていきます。2022年は、近年でもかなり充実したお手馬が揃って...

□ディープインパクト最強列伝

【特集】ディープインパクト(競争馬)最強列伝。産駒についても言及
こんにちは。ずまずまです。 この記事では、【名馬theドキュメント】と評して、過去の名馬の功績を振り返っていく記事になっています。競馬好きは元い、競馬初心者の方々に向けても、見てて面白い、懐かしい思いを返すような記事を意識して作成...

□キズナの現在は??産駒についても

【特集】キズナ(競争馬)の現在は??産駒についても
こんにちは。ずまずまです。この記事では、【名馬theドキュメント】と評して、過去の名馬の功績を振り返っていく記事になっています。競馬好きは元い、競馬初心者の方々に向けても、見てて面白い、懐かしい思いを返すような記事...
タイトルとURLをコピーしました