【最新】セリフォス(競争馬)次走報!馬名の意味や血統、近況についても

【スポンサーリンク】
3歳牡馬
【スポンサーリンク】

こんにちは。ずまずまです。

今回は、2021年の「デイリー杯2歳S(G2)」など多数の重賞を勝利している、「セリフォス」についてまとめていきます。

既に重賞2勝と、世代屈指の実績を誇り、G1の舞台でも好走を見せたセリフォス。果たして、今後どのようなローテ歩むのでしょうか。この記事では、その点にも触れて考察していきます。

ずまずまが提供する「次走報」では、情報を「正確」、且つ「的確」に、「分かりやすく」お届けしますので、是非ご覧ください。


以下が目次です↓↓

【スポンサーリンク】

セリフォス次走情報

【スポンサーリンク】

セリフォス次走は現在、「2022年10月22日」に「東京競馬場1600m」で行われる「富士S(G3)」に出走を予定しています。

前走「安田記念(G1)」では、”ソングライン”や”シュネルマイスター”、”サリオス”など、重賞・G1戦線常連馬が多数集まった中、5番人気に支持されての、4着。G1初制覇とはなりませんでした。

レース後騎手コメント↓↓(藤岡佑介騎手)

外枠からイメージ通りのレースができました。理想はサリオスの後ろ、ソングラインの位置でしたが、そこに入られてしまいました。しかし、折り合いはピッタリとついていました。追い出したら、まとめて差し切れるかなというくらいでした。しかし苦しくなって、ラスト100mで脚が上がってしまいました。その差が埋まってくればトップを目指せると思います

netkeiba 安田記念レース後コメント https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=203843

【スポンサーリンク】

プロフィールと馬名の意味

【スポンサーリンク】

プロフィール

プロフィール  
ダイワメジャー
母(母父)シーフロント(Le Havre)
馬主G1レーシング
調教師中内田充(栗東)
生産者追分ファーム
中央獲得賞金1億500万円
主な勝ち鞍21年デイリー杯2歳S(G2)
生年月日2019年3月7日
馬名の意味エーゲ海の島
受賞歴

馬名の意味について

馬名の意味は、エーゲ海に浮かぶ同名の島から、母名を連想させたモノが由来となっています。

【スポンサーリンク】

血統表

【スポンサーリンク】

血統表  
Halo
ダイワメジャーサンデーサイレンスWishing Well
スカーレットブーケノーザンテースト
スカーレットインク
Norverre
シーフロントLe HavreMarie Rheinberg
Freedom HerselfFreedom Cry
Redeem Herself

主な生じているクロス

Northeran Dancer9.38%4×5
netkeiba セリフォス https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=197559

【スポンサーリンク】

近走プレイバック

【スポンサーリンク】

2021年 新潟2歳S(G3)(新潟競馬場1600m良)

セリフォスにとって、前走「新馬戦」を勝利後、約2か月の調整を経て参戦したレース。

人気では、ルメール騎手騎乗の良血馬”アライバル”、幸騎手騎乗の”オタルエバー”などが居る中セリフォスは、単勝4.5倍3番人気に支持されます。

レースでは、最内1枠1番から中段に控えて最後の直線、最内に導かれると、鋭く伸びて先団を追撃。残り1Fで先に抜け出していた3番人気”オタルエバー”を交わすと、1番人気”アライバル”の追撃を凌いで1,4分の1馬身差快勝。重賞初挑戦を見事勝利で飾りました。

【動画】

2021年 デイリー杯2歳S(G2)(阪神競馬場1600m良)

セリフォスにとって、前走「新潟2歳S(G3)」を勝利後、約3か月の休養を経て参戦したレース。

人気では、ルメール騎手騎乗の”ソネットフレーズ”、Mデムーロ騎手騎乗の”プルパレイ”などが居る中セリフォスは、単勝2.4倍1番人気に支持されます。

レースでは、6枠6番から後方3番手に付けて最後の直線、馬場の大外の持ち出されると、鋭く加速。その後、同じように後方から脚を伸ばしていた2番人気”ソネットフレーズ”と追い比べになりますが、ゴール直前で交わし、クビ差勝利重賞2連勝を飾りました。

【動画】

2021年 朝日杯フューチュリティS(G1)(阪神競馬場1600m良)

セリフォスにとって、前走「デイリー杯2歳S(G2)」を勝利後、連戦過程で参戦したレース。

人気では、ルメール騎手騎乗の重賞勝ち馬”ジオグリフ”、武豊騎手騎乗の”ドウデュース”などが居る中セリフォスは、単勝2.4倍1番人気に支持されます。

レースでは、3枠4番から先団に付けて最後の直線、馬場の真ん中に持ち出されると、鋭く伸びて早め先頭。しかしながら、後方から追撃してきた3番人気”ドウデュース”にゴール直前で交わされ、2分の1馬身差の2着。G1制覇とはなりませんでしたが、G1初挑戦で世代屈指の実力を示す形となりました。

【動画】

3歳春

【スポンサーリンク】

2022年 NHKマイルC(G1)(東京競馬場1600m良)

セリフォスにとって、前走「朝日杯FS(G1)2着後、約5か月の調整を経て参戦したレース。

人気では、レーン騎手騎乗の”インダストリア”や、横山典騎手騎乗で重賞馬の”マテンロウオリオン”、川田騎手騎乗で同じく重賞馬の”ダノンスコーピオン”などが居る中セリフォスは、単勝3.9倍1番人気に支持されます。

レースでは、2枠4番から中段に控えて最後の直線、馬場の最内に進路を取ると、先団を追う形。しかしながら、一時先頭に立つ場面もあったものの、外から差してきた4番人気”ダノンスコーピオン”などに差し切られての、4着。G1初制覇とはなりませんでした。

【動画】

2021年 安田記念(G1)(東京競馬場1600m良)

セリフォスにとって、前走「NHKマイルC(G1)」レース後、連戦過程で参戦したレース。

人気では、池添騎手騎乗で重賞馬の”ソングライン”や、ルメール騎手騎乗でG1馬の”シュネルマイスター”、レーン騎手騎乗で同じくG1馬の”サリオス”などが居る中セリフォスは、単勝8.7倍5番人気に支持されます。

レースでは、7枠15番から後方4番手に付けて最後の直線、馬場の大外に持ち出されると、鋭く反応して先団を追撃。しかしながら、先団もペースが落ちること無く進み、この馬自身脚を伸ばしたものの、勝ち馬に僅かに及ばずの4着。G1初制覇とはなりませんでした。

【動画】

【スポンサーリンク】

まとめ

【スポンサーリンク】

今回は、 2021年の「デイリー杯2歳S(G2)」など多数の重賞を勝利している、「セリフォス」についてまとめていきました。

2歳時の活躍からも、2022年の春の舞台で大きな活躍が期待されるセリフォス。今後、どのように成長していくのか。注目していきたい所です。

【スポンサーリンク】

☆他の重賞予定馬次走情報↓↓

■キラーアビリティ次走情報

【最新】キラーアビリティ次走報!近況や馬名の意味、血統についても
こんにちは。ずまずまです。今回は、2021年の「ホープフルS(G1)」を勝利した「キラーアビリティ」についてまとめていきます。他界した最強馬であり、種牡馬だった「ディープインパクト」が晩年に残した大物として、今後の活躍が大...

■ウォーターナビレラ次走情報

【最新】ウォーターナビレラ次走報!馬名の意味や血統、近走についても
こんにちは。ずまずまです。今回は、2021年の「KBSファンタジーS(G3)」を勝利した「ウォーターナビレラ」についてまとめていきます。調教師と騎手の「兄弟タッグ」や、同世代のG1戦線で活躍したことからも、今後への飛躍が更...

■シュネルマイスター次走情報

【最新】シュネルマイスター次走報!馬名の意味や血統、近況についても
こんにちは。ずまずまです。今回は、2021年に「NHKマイルカップ(G1)」を制した「シュネルマイスター」についてまとめていきます。レベルの高い同世代の中でも、一際目立つ活躍を見せるシュネルマイスター。果たして、今後どのよ...

■ドウデュース次走情報

【最新】ドウデュース(競争馬)次走報!馬名の意味や血統についても
こんにちは。ずまずまです。今回は、2022年に「日本ダービー(G1)」を制した「ドウデュース」についてまとめていきます。2021年には見事に「朝日杯(G1)」を勝利し、最優秀2歳牡馬に選ばれたドウデュース。果たして、今後ど...

■イクイノックス次走情報

【最新】イクイノックス次走報!近況や馬名の意味、血統についても|
こんにちは。ずまずまです。今回は、2021年の「東京スポーツ杯2歳S(G2)」を勝利した「イクイノックス」についてまとめていきます。現状無敗で、2022年の牡馬クラシックで活躍が期待されているイクイノックス。果たして、今後...

【スポンサーリンク】

☆コラム

□ソダシがかわいい。強さや次走についても

【コラム】ソダシ(競争馬)がかわいい!強さや次走についても!!
ソダシ(競争馬)がかわいい!強さは?次走はどこ??←このような疑問に答えます。本記事では、ソダシのかわいい魅力について。そして強さと次走について。まとめて解説しています。ソダシがかわいくて仕方ない方。ソダシについて知りたい方には必見の記事です。

□凱旋門賞に挑んだ日本馬たち~

【特集】凱旋門賞に挑んだ日本馬たち。勝利に近づいた馬についても
こんにちは。ずまずまです。今回は、【凱旋門賞に挑んだ日本馬たち】についてまとめていきます。日本競馬長年の悲願とされている、凱旋門賞制覇。その偉業に挑戦した馬は、果たして何頭居たのでしょうか。また、突出した結果を出した馬につ...

□武豊ファン必見⁉2021年期待のお手馬たち

【コラム】武豊ファン必見⁉2022年お手馬ランキング(クラシック編)
こんにちは。ずまずまです。今回は、日本競馬界が世界に誇るレジェンド騎手「武豊騎手」の「武豊ファン必見⁉2022年お手馬ランキング(クラシック編)」についてまとめていきます。2022年は、近年でもかなり充実したお手馬が揃って...

□インディチャンプ引退!次走報で届けた戦歴や今後についても。

【最新情報】インディチャンプ引退!次走報で届けた戦歴や今後についても
こんにちは。ずまずまです。今回は、国内マイルG1路線で「春秋連覇」を飾るなどG12勝を挙げて引退した「インディチャンプ」の情報についてまとめていきます。長らく短距離、マイル路線の強豪として活躍したインディチャンプ。果たして...

□ラヴズオンリーユー引退レースで有終の美。次走報で届けた戦歴振り返り。

【最新情報】ラヴズオンリーユー引退で有終の美。次走報で届けた戦歴を振り返り|
こんにちは。ずまずまです。今回は、日本調教馬として初めてアメリカの「BCシリーズ」を制覇の他、G14勝を挙げて引退した「ラヴズオンリーユー」についての情報をまとめていきたいと思います。引退レースを見事に勝利し、有終の美を飾ったラヴズオンリー
タイトルとURLをコピーしました