【最新】ダノンベルーガ次走報!血統や馬名の意味、コメントについても

「広告」
3歳牡馬
「広告」

こんにちは。ずまずまです。

今回は、2022年に「共同通信杯(G3)」を勝利した「ダノンベルーガ」についてまとめていきます。

同世代の実力馬を一蹴したことで、クラシック制覇に大きく期待が持たれているダノンベルーガ。果たして、今後どのようなローテを歩むのでしょうか。この記事では、その点にも触れて考察していきます。

ずまずまが提供する「次走報」では、情報を「正確」、且つ「的確」に、「分かりやすく」お届けしますので、是非ご覧ください。


以下が目次です↓↓

ダノンベルーガ次走報

ダノンベルーガ次走は現在、「2022年5月29日」に「東京競馬場2400m」で行われる牡馬クラシック2戦目「日本ダービー(G1)」に出走を予定しています。

前走「皐月賞(G1)」は、”ドウデュース”や”キラーアビリティ”、”イクイノックス”など同世代の強豪が集結した中、2番人気に支持されての、4着。G1初制覇とはなりませんでした。

レース後騎手コメント↓↓(川田将雅騎手)

この枠でできる最大限の走りができました。必ずダービーに繋がってくると思いますし、無事にダービーを迎えられればと思います

netkeiba 皐月賞レース後コメント https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=202144

プロフィールと馬名の意味について

競馬ラボ ダノンベルーガ写真一覧 https://www.keibalab.jp/db/horse/2019105195/photo.html

プロフィール

プロフィール  
ハーツクライ
母(母父)コーステッド(ティズウェイ)
馬主ダノックス
調教師堀宣行(美浦)
生産者ノーザンファーム
中央獲得賞金4741万円
主な勝ち鞍22年共同通信杯(G3)
生年月日2019年2月7日
受賞歴

馬名の意味

馬名の意味としては、ロシア語で「白い」を意味する「ベールイ」から由来された北極圏に生息するクジラ目の一種である「ベルーガ」が馬名の意味となっています。

血統表

血統表  
Halo
ハーツクライサンデーサイレンスWishing Well
アイリッシュダンストニービン
ビューパーダンス
Tiznow
コーステッドTizwayBerthany
Malibu PierMalibu Moon
Blue Moon

主な生じているクロス

なし

近走プレイバック

2021年 新馬戦 (石橋修騎手)(東京競馬場2000m良)

ダノンベルーガにとって、デビュー戦となったレース。

人気では、津村騎手騎乗の”バトルボーン”や、大野騎手騎乗の”ディープグラビティ”などが居る中ダノンベルーガは、単勝1.7倍1番人気に支持されます。

レースでは、6枠6番から後方3番手に付けて最後の直線、馬場の大外に持ち出されると、追われ鋭く反応。残り2Fで先頭に並ぶと、あっと言う間に交わし去り2馬身差快勝。デビュー戦を見事勝利で飾りました。

【動画】

レース映像はこちら

3歳春

2022年 共同通信杯(G3)(松山弘平騎手)(東京競馬場1800m稍重)

ダノンベルーガにとって、前走「新馬戦」を勝利後、約3か月の調整を経て参戦したレース。

人気では、ルメール騎手騎乗で前年の「札幌2歳S(G3)」を勝利した”ジオグリフ”や、川田騎手騎乗で同じく前年「朝日杯(G1)」で3着となった”ダノンスコーピオン”などが居る中ダノンベルーガは、単勝3.9倍3番人気に支持されます。

レースでは、8枠10番から中段に控えて最後の直線、馬場の大外に持ち出されると、鋭く反応して先団を追撃。残り2Fで早め先頭に立つと、そのまま後続を突き放し1、2分の1馬身差快勝。デビューから2連勝重賞初制覇を飾りました。

【動画】

2022年 皐月賞(G1)(川田将雅騎手)(中山競馬場2000m良)

ダノンベルーガにとって、前走「共同通信杯(G3)勝利後、約2か月の調整を経て参戦したレース。

人気では、武騎手騎乗で前年の2歳王者である”ドウデュース”や、ルメール騎手で重賞馬の”イクイノックス”、横山武騎手騎乗でG1馬の”キラーアビリティ”などが居る中ダノンベルーガは、単勝7.6倍4番人気に支持されます。

レースでは、最内1枠1番から好位3番手に付けて最後の直線、馬場の最内に進路を取ると、反応して早め先頭。しかしながら、残り2Fで3番人気”イクイノックス”に捉えられると、後続にも差されての4着。G1初制覇とはなりませんでした。

【動画】

まとめ

今回は、2022年に「共同通信杯(G3)」を勝利した「ダノンベルーガ」についてまとめていきました。

数々の名馬を輩出した出世レースである「共同通信杯」をインパクトが残る勝ち方で制して、一躍2022年牡馬クラシック主役候補に躍り出たダノンベルーガ。今後どのような活躍をしてくれるのか。注目していきたい所です。

☆他の重賞予定馬次走情報↓↓

■ディープボンド次走情報

【最新】ディープボンド次走報!血統や馬名の意味、凱旋門賞についても
こんにちは。ずまずまです。今回は、2021年にフランス重賞「フォワ賞(G2)」などを制した「ディープボンド」についてまとめていきます。G1でも好走を見せ、2021年秋にはフランスG1「凱旋門賞(G1)」にも参戦したディープ...

■シャフリヤール次走情報

【最新】シャフリヤール(競争馬)次走報!馬名の意味、血統についても|
こんにちは。ずまずまです。今回は、2021年に第88回「東京優駿(日本ダービー)(G1)」を制した「シャフリヤール」についてまとめていきます。ダービーを制したことでより一層活躍が期待がされる、シャフリヤール。果たして、今後...

■ダノンスコーピオン次走情報

【最新】ダノンスコーピオン次走報!陣営コメントや血統、馬名の意味についても
こんにちは。ずまずまです。今回は、2022年に「NHKマイルC(G1)」を勝利した「ダノンスコーピオン」についてまとめていきます。デビュー前から高い評価を受けてきた馬で、念願のG1を勝利したことからも、今後より一層の活躍が...

■ジオグリフ次走情報

【最新】ジオグリフ(競争馬)次走報!馬名の意味や近況、血統についても
こんにちは。ずまずまです。今回は、2022年に「皐月賞(G1)」を勝利した「ジオグリフ」についてまとめていきます。デビュー当初から圧巻なパフォーマンスを見せて、今後クラシック路線で活躍が期待されるジオグリフ。果たして、今後...

■ウォーターナビレラ次走情報

【最新】ウォーターナビレラ次走報!馬名の意味や血統、近走についても
こんにちは。ずまずまです。今回は、2021年の「KBSファンタジーS(G3)」を勝利した「ウォーターナビレラ」についてまとめていきます。調教師と騎手の「兄弟タッグ」や、同世代のG1戦線で活躍したことからも、今後への飛躍が更...

☆コラム

□サトノレイナス引退!引退理由と現役時の戦歴、今後についても。

【最新情報】サトノレイナス引退!引退理由や現役時の戦歴、今後についても
こんにちは。ずまずまです。今回は、2020年「サフラン賞(1勝クラス)」の勝ち馬で、牝馬ながら「日本ダービー(G1)」にも出走し引退を発表した「サトノレイナス」についての情報をまとめていきます。同世代の白毛G1馬”ソダシ”...

□クロノジェネシスG14勝で引退。次走報で届けた戦歴振り返り。

【最新情報】クロノジェネシスG14勝で引退。次走報で届けた戦歴振り返り
こんにちは。ずまずまです。今回は、国内外のG1レースに参戦、活躍し、G14勝を挙げて引退した「クロノジェネシス」についての情報をまとめていきます。国内のグランプリG13連覇を始め、数々のG1を制覇したクロノジェネシス。果た...

□インディチャンプ引退!次走報で届けた戦歴や今後についても

【最新情報】インディチャンプ引退!次走報で届けた戦歴や今後についても
こんにちは。ずまずまです。今回は、国内マイルG1路線で「春秋連覇」を飾るなどG12勝を挙げて引退した「インディチャンプ」の情報についてまとめていきます。長らく短距離、マイル路線の強豪として活躍したインディチャンプ。果たして...

□ラヴズオンリーユー引退で有終の美。次走報で届けた戦歴を振り返り。

【最新情報】ラヴズオンリーユー引退で有終の美。次走報で届けた戦歴を振り返り|
こんにちは。ずまずまです。今回は、日本調教馬として初めてアメリカの「BCシリーズ」を制覇の他、G14勝を挙げて引退した「ラヴズオンリーユー」についての情報をまとめていきたいと思います。引退レースを見事に勝利し、有終の美を飾ったラヴズオンリー

□コントレイル引退レースで有終の美。引退理由と戦歴を振り返り。

【最新情報】コントレイル引退で有終の美。引退理由と戦歴を振り返り|
こんにちは。ずまずまです。今回は、史上3頭目の牡馬クラシック三冠馬でありG15勝を挙げて引退した「コントレイル」についてまとめていきます。ラストランを見事勝利で飾り、多くの競馬ファンに感動を与えたコントレイル。果たして、今後どのような生活を
タイトルとURLをコピーしました