【最新】テーオーケインズ次走報!馬名の意味や血統、陣営コメントについても

「広告」
古馬牡馬
「広告」

こんにちは。ずまずまです。

今回は、2021年の「チャンピオンズC(G1)」を勝利した「テーオーケインズ」についてまとめていきます。

チャンピオンズC」の歴史的圧勝で古馬ダート界を制圧し、世界でも活躍が期待されるテーオーケインズ。果たして、今後どのようなローテを歩むのでしょうか。この記事では、その点にも触れて考察していきます。

ずまずまが提供する「次走報」では、情報を「正確」。且つ「的確」に、「分かりやすく」お届けしますので、是非ご覧ください。


以下が目次です↓↓

テーオーケインズ次走情報

テーオーケインズ次走は現在、「2022年5月21日」」に「中京競馬場ダート1900m」で行われる「平安ステークス(G3)に出走を予定しています。

前走「サウジアラビア」で行われた「サウジカップ(G1)」では、世界中のダート強豪が揃った中日本オッズで3番人気に支持されたものの、8着。海外レース初挑戦は、厳しい結果となりました。

レース後陣営コメント(高柳大輔調教師)

心配したスタートは問題なく出ましたが、他の馬が速くて下がってしまいました。経験した事の無い厳しい競馬になり、力を出し切れませんでした。この後は予定どおり帰国しますが、その後については未定です

netkeiba サウジカップレース後コメント https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=200219

プロフィールと馬名の意味について

競馬ラボ テーオーケインズ写真一覧 https://www.keibalab.jp/db/horse/2017101010/photo.html

プロフィール

プロフィール  
シニスターミニスター
母(母父)マキシマムカフェ(マンハッタンカフェ)
馬主小笹公也
調教師高柳大輔(栗東)
生産者ヤナガワ牧場
主な勝ち鞍21年チャンピオンズC(G1)
生年月日2017年4月27日
受賞歴JRA最優秀ダートホース(2021年)

馬名の意味について

馬名の意味については、馬主である「小笹公也」氏の冠名である「テーオー」に、イギリス出身で20世紀を経済学者である「ジョン・メイナード・ケインズ」にから由来されています。

血統表

主な生じているクロス

Mr.Prospector9.38%5×4
netkeiba テーオーケインズ https://db.netkeiba.com/horse/2017101010/?rf=link_news

近3走プレイバック

2021年 JBCクラシック(G1)(金沢競馬場ダート2100m良)

テーオーケインズにとって、前走「帝王賞(G1)勝利後、約5か月の休養を経て参戦したレース。

人気では、Mデムーロ騎手騎乗で当時G14勝馬だった”オメガパフューム”や、戸崎騎手騎乗で前年の最優秀ダートホースである”チュウワウィザード”などが居る中テーオーケインズは、単勝2.2倍1番人気に支持されます。

レースでは、4枠4番から中段に控えて最後の直線、馬場の真ん中に持ち出され追われたものの、終始伸びがイマイチで先団を差し切れずの4着。G12勝目とはなりませんでした。

【動画】

2021年 チャンピオンズC(G1)(中京競馬場ダート1800m良)

テーオーケインズにとって、前走「JBCクラシック(G1)4着後、連戦過程で参戦したレース。

人気では、吉田隼人騎手騎乗で同年の「桜花賞(G1)」を勝利した”ソダシ”や、戸崎騎手騎乗で前年の覇者であった”チュウワウィザード”などが居る中テーオーケインズは、単勝3.3倍1番人気に支持されます。

レースでは、3枠6番から中段に控えて最後の直線、馬場の真ん中に持ち出されると、終始手応えよく反応し早め先頭。その後もグングン加速すると、後続を突き放して2着に6馬身差を付ける圧勝。G13勝目を飾ると共に、中央G1初制覇となりました。

【動画】

2022年 サウジカップ(G1)(サウジアラビア競馬場1800m良)

テーオーケインズにとって、前走「チャンピオンズC(G1)」を勝利後、約2か月の調整を経て参戦したレース。

日本オッズでの人気では、3番人気に支持されます。

レースでは、馬番13番から中段に控えて最後の直線を迎えたものの、直線手前で手応えが悪くなり原則。その後直線で巻き返したものの、先頭に大きく突き放されての8着。海外G1勝利とはなりませんでした。

【動画】

レース映像はこちら

まとめ

今回は、2021年の「チャンピオンズC(G1)」を勝利した「テーオーケインズ」についてまとめていきました。

今後、日本ダート界の主役として海外含めた大きなレースで活躍が期待されるテーオーケインズ。今後どのレースを選択し、出走してくるのか。注目していきたい所です。

☆他の重賞予定馬次走情報↓↓

■ヨーホーレイク次走情報

【最新】ヨーホーレイク次走報!馬名の意味や血統、陣営のコメントについても
こんにちは。ずまずまです。今回は、2022年の「日経新春杯(G2)」を勝利した「ヨーホーレイク」についてまとめていきます。ハイレベルな2021年牡馬クラシック世代の中でも、堅実に結果を残し、今後の飛躍が期待されているヨーホ...

■アカイイト次走情報

【最新】アカイイト(競争馬)次走報!馬名の意味や血統、コメントについても
こんにちは。ずまずまです。今回は、2021年に「エリザベス女王杯(G1)」を勝利した「アカイイト」についてまとめていきます。キズナ産駒として初のG1馬に輝き、これからの飛躍がより一層期待されるアカイイト。果たして、今後どの...

■ファインルージュ次走情報

【最新】ファインルージュ次走報!血統や強さ、馬名の意味についても|
こんにちは。ずまずまです。今回は、2021年の「紫苑S(G3)」を勝利した「ファインルージュ」についてまとめていきます。クラシック路線で活躍したものの、まだG1制覇には届いていないファインルージュ。果たして、今後どのような...

■コマンドライン次走情報

【最新】コマンドライン(競争馬)次走報!血統や馬名の意味についても|
こんにちは。ずまずまです。今回は、2021年に「サウジアラビアRC(G3)」を勝利した「コマンドライン」についてまとめていきます。デビュー前から、評判の高さから話題となっていたコマンドライン。果たして今後どのようなローテを...

■レシステンシア次走情報

【最新】レシステンシア次走報!馬名の意味や血統、今後についても|
こんにちは。ずまずまです。今回は、2019年の「阪神ジュベナイルF(G1)」の勝ち馬で、スプリント路線の一線級として活躍する快速牝馬「レシステンシア」についてまとめていきます。2歳の早い時期から活躍し続けている、レシステン...

☆コラム

□サトノレイナス引退!引退理由や現役時の戦歴、今後についても

【最新情報】サトノレイナス引退!引退理由や現役時の戦歴、今後についても
こんにちは。ずまずまです。今回は、2020年「サフラン賞(1勝クラス)」の勝ち馬で、牝馬ながら「日本ダービー(G1)」にも出走し引退を発表した「サトノレイナス」についての情報をまとめていきます。同世代の白毛G1馬”ソダシ”...

□クロノジェネシスG14勝で引退。次走報で届けた戦歴を振り返り。

【最新情報】クロノジェネシスG14勝で引退。次走報で届けた戦歴振り返り
こんにちは。ずまずまです。今回は、国内外のG1レースに参戦、活躍し、G14勝を挙げて引退した「クロノジェネシス」についての情報をまとめていきます。国内のグランプリG13連覇を始め、数々のG1を制覇したクロノジェネシス。果た...

□インディチャンプ引退!次走報で届けた戦歴を振り返り。

【最新情報】インディチャンプ引退!次走報で届けた戦歴や今後についても
こんにちは。ずまずまです。今回は、国内マイルG1路線で「春秋連覇」を飾るなどG12勝を挙げて引退した「インディチャンプ」の情報についてまとめていきます。長らく短距離、マイル路線の強豪として活躍したインディチャンプ。果たして...

□コントレイル引退で有終の美。引退理由と戦歴を振り返り。

【最新情報】コントレイル引退で有終の美。引退理由と戦歴を振り返り|
こんにちは。ずまずまです。今回は、史上3頭目の牡馬クラシック三冠馬でありG15勝を挙げて引退した「コントレイル」についてまとめていきます。ラストランを見事勝利で飾り、多くの競馬ファンに感動を与えたコントレイル。果たして、今後どのような生活を

□ラヴズオンリーユー引退で有終の美。次走報で届けた戦歴を振り返り。

【最新情報】ラヴズオンリーユー引退で有終の美。次走報で届けた戦歴を振り返り|
こんにちは。ずまずまです。今回は、日本調教馬として初めてアメリカの「BCシリーズ」を制覇の他、G14勝を挙げて引退した「ラヴズオンリーユー」についての情報をまとめていきたいと思います。引退レースを見事に勝利し、有終の美を飾ったラヴズオンリー

□グランアレグリア引退で有終の美。次走報で届けた戦歴を振り返り。

【最新情報】グランアレグリア引退で有終の美。次走報で届けた戦歴振り返り|
こんにちは。ずまずまです。今回は、G16勝を挙げて引退したグランアレグリアについての情報をまとめていきたいと思います。引退レースを見事勝利し、有終の美を飾ったグランアレグリア。果たして、今後どのような生活を送るのでしょうか。その点についても
タイトルとURLをコピーしました