【最新】トウシンマカオ次走報!馬名の意味や、血統、陣営コメントについても

【スポンサーリンク】
古馬牡馬
【スポンサーリンク】

こんにちは。ずまずまです。

今回は、2022年に「京阪杯(G3)」などを勝利している「トウシンマカオ」についてまとめていきます。

2歳の始めのデビュー直後から、世代の重賞戦線で活躍し、現在古馬重賞戦線に挑戦していることからも、今後は重賞制覇・G1制覇にも期待がかかるトウシンマカオ。果たして、今後どのようなローテを歩むのでしょうか。この記事では、その点にも触れて考察していきます。

ずまずまが提供する「次走報」では、情報を「正確」、且つ「的確」に、「分かりやすく」お届けしますので、是非ご覧ください。

併せて読みたい実力馬の次走情報

・デアリングタクト

【最新】デアリングタクト次走報!故障による引退の噂や現在の状況についても
こんにちは。ずまずまです。今回は、G13勝馬で2020年に日本競馬史上初めて無敗で牝馬クラシック「三冠馬」となった「デアリングタクト」についてまとめていきます。3歳時に「牝馬クラシック3冠」を達成したのと同時に、その後「大...

・ジャックドール

【最新】ジャックドール次走報!馬名の意味や血統、陣営コメントについても
こんにちは。ずまずまです。今回は、2022年に「金鯱賞(G2)」を勝利した「ジャックドール」についてまとめていきます。破竹の連勝で彗星の如く現れた経緯から、今後G1舞台で活躍、制覇が期待されているジャックドール。果たして、...

・エフフォーリア

【最新】エフフォーリア次走報!馬名の意味、血統、陣営コメントについても
こんにちは。ずまずまです。今回は、2021年に無敗で「皐月賞(G1)」を制した「エフフォーリア」についてまとめていきます。3歳の早い時期から、活躍が期待されていたエフフォーリア。果たして、今後どのようなローテを歩むのでしょ...

・ソダシ

【コラム】ソダシ(競争馬)がかわいい!強さや次走についても!!
ソダシ(競争馬)がかわいい!強さは?次走はどこ??←このような疑問に答えます。本記事では、ソダシのかわいい魅力について。そして強さと次走について。まとめて解説しています。ソダシがかわいくて仕方ない方。ソダシについて知りたい方には必見の記事です。

・ピクシーナイト

【最新】ピクシーナイト次走報!骨折による引退のウワサや近況についても
こんにちは。ずまずまです。今回は、3歳にして秋のスプリント新王者に輝いた「ピクシーナイト」についてまとめていきます。混戦スプリント界を、一刀両断したピクシーナイト。果たして、今後どのようなローテを歩んでいくのでしょうか。...

以下が目次です↓↓

【スポンサーリンク】

トウシンマカオ次走情報

【スポンサーリンク】

トウシンマカオ次走は現在、「2023年3月26日」に「中京競馬場1200m」で行われる「高松宮記念(G1)」に出走を予定しています。

前走「京阪杯(G3)」では、”サンライズオネスト”や”テイエムスパーダ”、”スマートクラージュ”などの、重賞馬や重賞初制覇を目指す馬たちが多数集まった中、1番人気に支持されて、見事勝利。重賞初制覇を挙げました。

レース後コメント↓↓(鮫島克駿騎手)

高松宮記念を見据え、無駄なレースにしたくないと思っていました。折り合いのリズムや、コーナリングの確認をしたくて、そのあたりは思い描いたようにできたと思います。(最後は)体重増よりは、斤量が響いたのかなと思います。極端に内の馬場が良くて、正直に言えば大外枠がしんどいところはありますが、それをリカバリーする立場ですし、言い訳にできません。申し訳ないです

netkeiba シルクロードSレース後コメント https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=220899

【スポンサーリンク】

プロフィールと馬名の意味について

【スポンサーリンク】

プロフィール

プロフィール
ビッグアーサー
母(母父)ユキノマーメイド(スペシャルウィーク)
馬主サトー
調教師高柳瑞樹(美浦)
生産者服部牧場
主な勝ち鞍22年クロッカスS(L)
生年月日
受賞歴

馬名の意味について

馬名の意味については、馬主である「株式会社サトー」の冠名である「トウシン」に、地名である「マカオ」から由来されています。

【スポンサーリンク】

血統表

【スポンサーリンク】

血統表
サクラユタカオー
ビッグアーサーサクラバクシンオーサクラハゴロモ
シヤボナKingmambo
Relish
サンデーサイレンス
ユキノマーメイドスペシャルウィークキャンペーンガール
サスペンスクイーンWoodman
Crystal Cyp

【スポンサーリンク】

近走プレイバック

【スポンサーリンク】

2022年 ファルコンS(G3)(中京競馬場1400m稍重)

トウシンマカオにとって、前走「クロッカスS(L)勝利後、約2か月の調整を経て参戦したレース。

人気では、Mデムーロ騎手騎乗の”プルパレイ”や、横山武騎手騎乗で兄弟にG1馬を持つ良血馬”ティーガーデン”、坂井騎手騎乗の”ショウナンハクラク”などが居る中トウシンマカオは、単勝3.8倍1番人気に支持されます。

レースでは、4枠8番から全体5番手に付けて最後の直線、馬場の真ん中に持ち出されると、反応して先団を追いかける形。しかしながら、直線半ばで馬郡に詰まってしまう不利などもあり、脚を伸ばすことが出来ず、内目から抜け出した勝ち馬である2番人気”プルパレイ”離されての5着。重賞初制覇とはなりませんでした。

・プルパレイ

【動画】

2022年 NHKマイルC(G1)(東京競馬場1600m良)

トウシンマカオにとって、前走「ファルコンS(G3)5着後、約2か月の調整を経て参戦したレース。

人気では、福永騎手騎乗で重賞複数勝利馬である”セリフォス”や、レーン騎手騎乗の”インダストリア”、横山典騎手騎乗で重賞馬の”マテンロウオリオン”などが居る中トウシンマカオは、単勝32.2倍11番人気に支持されます。

レースでは、3枠6番から逃げて最後の直線、馬場の真ん中に持ち出されると、そのまま変わらず先頭で後続を迎え撃つ形。しかしながら、残り2Fで脚色が鈍ると、後方から追い込んできた4番人気”ダノンスコーピオン”に差され、また他の後続にも交わされての8着。G1初制覇とはなりませんでした。

・ダノンスコーピオン

・マテンロウオリオン

【動画】

2022年 キーンランドC(G3)(札幌競馬場1200m良)

トウシンマカオにとって、前走「NHKマイルC(G1)8着後、約3か月の調整を経て参戦したレース。

人気では、松山騎手騎乗で重賞馬の”ウインマーベル”や、横山和騎手騎乗の”ジュベリーヘッド”、横山武騎手騎乗の”ヴァレトニ”、武騎手騎乗で重賞馬の”エイティーンガール”などが居る中トウシンマカオは、単勝3.8倍1番人気に支持されます。

レースでは、大外8枠16番から中段に控えて最後の直線、馬場の大外に持ち出されると、騎手のアクションに応えて先団を追いかける形。しかしながら、上がり3F全体3位のタイムで終始粘り強く脚を伸ばしたものの、好位から抜け出していた6番人気”ヴェントヴォーチェ”を捉えるまでには至らず、離されての4着。重賞初制覇とはなりませんでした。

【動画】

【スポンサーリンク】

3歳秋

【スポンサーリンク】

2022年 オパールS(L)(阪神競馬場1200m稍重)

トウシンマカオにとって、前走「キーンランドC(G3)4着後、約2か月の調整を経て参戦したレース。

人気では、横山典騎手騎乗の”サンライズオネスト”や、秋山真一騎手騎乗の”スマートリアン”、団野騎手騎乗の”アヌラーダブラ”などが居る中トウシンマカオは、単勝5.8倍3番人気に支持されます。

レースでは、大外8枠16番から馬郡中団に控えて最後の直線、馬場の真ん中に持ち出されると、騎手のアクションに応えて鋭く反応して先頭追撃。終始鋭い末脚を披露すると、残り2Fで更に加速し、先に抜け出していた1番人気”サンライズオネスト”を交わし、見事勝利。競争生活3勝目を挙げました。

【動画】

レース映像はこちら

2022年 京阪杯(G3)(阪神競馬場1200m良)

トウシンマカオにとって、前走「オパールS(L)勝利後、連戦過程で参戦したレース。

人気では、横山典騎手騎乗の”サンライズオネスト”や、今村騎手騎乗で重賞馬だった”テイエムスパーダ”、岩田望騎手騎乗の”スマートクラージュ”などが居る中トウシンマカオは、単勝3.8倍1番人気に支持されます。

レースでは、7枠14番から馬郡中団に控えて最後の直線、馬場の真ん中に持ち出されると、騎手のアクションに応えて鋭く反応して先頭を追撃。直線上がり3F全体最速タイムで駆け上がると、残り2Fで更に加速し、早めに抜け出していた10番人気”キルロード”をゴール直前で交わし去り、見事勝利重賞初制覇を挙げました。

・タイセイビジョン

・プルパレイ

【動画】

【スポンサーリンク】

4歳春

【スポンサーリンク】

2023年 シルクロードS(G3)(中京競馬場1200m良)

トウシンマカオにとって、前走「京阪杯(G3)勝利後、約2か月の調整を経て参戦したレース。

人気では、藤岡康騎手騎乗の”マッドクール”や、浜中騎手騎乗で重賞複数勝利馬だった”ナムラクレア”、松山騎手騎乗で重賞馬だった”ウインマーベル”などが居る中トウシンマカオは、単勝5.8倍3番人気に支持されます。

レースでは、大外枠8枠15番から馬郡後方4番手に控えて最後の直線、馬場の真ん中に持ち出されると、手応え良く4コーナーを回り先頭を追いかける形。しかしながら、上がり3F全体3位のタイムで直線を駆け上がったものの、早めに抜け出していた1番人気である勝ち馬”ナムラクレア”などを捉えるまでには至らず、離されての4着。重賞2勝目とはなりませんでした。

・ナムラクレア

・シゲルピンクルビー

【動画】

【スポンサーリンク】

まとめ

【スポンサーリンク】

今回は、2022年に「クロッカスS(L)」を勝利している「トウシンマカオ」についてまとめていきました。

重賞レースであと一歩の所に迫っていることからも、今後は重賞制覇・G1制覇にも期待が高まるトウシンマカオ。引き続き動向に注目していきたい所です。

【スポンサーリンク】

☆他の有力馬次走情報↓↓

■タイセイビジョン

■ポタジェ

■ソーヴァリアント

■ウインカーネリアン

■ユーバーレーベン

【スポンサーリンク】

☆コラム

□サトノレイナス引退!引退理由や現役時の戦歴、今後についても

□クロノジェネシスG14勝で引退。次走報で届けた戦歴を振り返り。

□インディチャンプ引退!次走報で届けた戦歴を振り返り。

□ラヴズオンリーユー引退で有終の美。次走報で届けた戦歴を振り返り。

□コントレイル引退で有終の美。引退理由と戦歴を振り返り。

□グランアレグリア引退で有終の美。次走報で届けた戦歴を振り返り。

タイトルとURLをコピーしました