【最新】ドウデュース(競争馬)次走報!馬名の意味や血統についても

【スポンサーリンク】
3歳牡馬
【スポンサーリンク】

こんにちは。ずまずまです。

今回は、2022年に「日本ダービー(G1)」を制した「ドウデュース」についてまとめていきます。

2021年には見事に「朝日杯(G1)」を勝利し、最優秀2歳牡馬に選ばれたドウデュース。果たして、今後どのようなローテを歩むでしょうか。その点にも触れて考察していきます。

ずまずまが提供する「次走報」では、情報を「正確」且つ「的確」に、「分かりやすく」お届けしますので、是非ご覧ください。

ずまずま
ずまずま

今だけ限定

お得な告知情報でーす!↓↓

競馬の後は競輪でしょ⁉今なら無料で1500円。最大3000円分相当の電子マネープレゼント中↓↓

【お得情報】タダで1500円。最大3000円分の電子マネーを得て競輪を楽しむ方法
競輪投票に使える電子マネーをもらえるお得なキャンペーン無料新規登録だけでも1500円の電子マネーがもらえるチャンスプラス初回チャージで5000円以上チャージすると1000円キャッシュバック更に新規登録後3日以内に投票すると、500円戻っ...

同世代のライバル馬たちの動向

・イクイノックス

【最新】イクイノックス次走報!近況や馬名の意味、血統についても|
こんにちは。ずまずまです。今回は、2022年に「天皇賞秋(G1)」などを勝利している「イクイノックス」についてまとめていきます。現状無敗で、2022年の牡馬クラシックで活躍が期待されているイクイノックス。果たして、今後どの...

・ダノンベルーガ

【最新】ダノンベルーガ次走報!血統や馬名の意味、コメントについても
こんにちは。ずまずまです。今回は、2022年に「共同通信杯(G3)」を勝利した「ダノンベルーガ」についてまとめていきます。同世代の実力馬を一蹴したことで、クラシック制覇に大きく期待が持たれているダノンベルーガ。果たして、今...

・ジオグリフ

【最新】ジオグリフ(競争馬)次走報!馬名の意味や近況、血統についても
こんにちは。ずまずまです。今回は、2022年に「皐月賞(G1)」を勝利した「ジオグリフ」についてまとめていきます。デビュー当初から圧巻なパフォーマンスを見せて、今後クラシック路線で活躍が期待されるジオグリフ。果たして、今後...

・キラーアビリティ

【最新】キラーアビリティ次走報!近況や馬名の意味、血統についても
こんにちは。ずまずまです。今回は、2021年の「ホープフルS(G1)」を勝利した「キラーアビリティ」についてまとめていきます。他界した最強馬であり、種牡馬だった「ディープインパクト」が晩年に残した大物として、今後の活躍が大...

以下が目次です↓↓

【スポンサーリンク】

ドウデュース次走情報

【スポンサーリンク】

ドウデュース次走現在、未定となっています。

前走、フランスで2戦目のレースとなった「凱旋門賞(G1)」では、日本からも”タイトルホルダー”や”ディープボンド”、”ステイフーリッシュ”などのG1馬や海外重賞馬。海外からも世界各国の強豪馬が多数集まった中、日本オッズで3番人気で支持されたものの、19着と大敗。G12勝目と共に、海外G1初制覇とはなりませんでした。

レース後騎手コメント↓↓(武豊騎手)

馬の状態は良かったですが、スタートから本来の走りができず、残念な結果となってしまいました。ただ、チーム一丸でトライできたことは良かったですし、この経験を活かしてまた頑張りたいと思います

netkeiba 凱旋門賞レース後コメント https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=208870

【スポンサーリンク】

プロフィールと馬名の意味について

【スポンサーリンク】

プロフィール

プロフィール  
ハーツクライ
母(母父)ダストアンドダイヤモンズ(Vindcation)
馬主キーファーズ
調教師友道康夫(栗東)
生産者ノーザンファーム
中央獲得賞金9527万円
主な勝ち鞍21年朝日杯FS(G1)
生年月日2019年5月7日
馬名の意味する+テニス用語
受賞歴JRA賞最優秀2歳牡馬(2021年)

馬名の意味について

馬名の意味については、英語で「する」を意味する「DO」つまり「ドウ」と、テニス用語の「デュース」を掛け合わせて由来されています。

【スポンサーリンク】

血統表

【スポンサーリンク】

血統表  
Halo
ハーツクライサンデーサイレンスWishing Well
アイリッシュだんすトニービン
ビューパーダンス
Seattle Slew
ダストアンドダイヤモンズVindcationStrawberry Reason
MajesticallyGone West
Darling Dame

主な生じているクロス

Lyphard12.50%4×4
Hail to Reason9.38%4×5
netkeiba ドウデュース血統表 https://db.netkeiba.com/horse/2019105283/?rf=link_news

【スポンサーリンク】

近走プレイバック

【スポンサーリンク】

2021年 新馬戦(小倉競馬場1800m良)

ドウデュースにとって、デビュー戦となったレース。

人気では、松山騎手騎乗の”ガイアフォース”、鮫島騎手騎乗の”フェーングロッテン”などが居る中、ドウデュース単勝1.7倍1番人気に支持されます。

レースでは、大外8枠13番から好位4番手に付けて最後の直線、馬場の真ん中に持ち出されると、4角で2番人気”ガイアフォース”と並ぶ形で早め先頭。その後追い比べになるも、ゴール直前でクビ差前に出て勝利見事にデビュー戦を勝利で飾りました

【動画】

新馬戦の【動画】はこちら

2021年 アイビーS(ハンデ戦)(東京競馬場1800m良)

前走、小倉競馬場で行われた「新馬戦」を勝利後、連戦過程で参戦したレース。

人気では、戸崎騎手騎乗の”アスクビクターモア”、川田騎手騎乗の”ルージュラテール”などが居る中、ドウデュース単勝3.8倍2番人気に支持されます。

レースでは、4枠4番から好位4番手に付けて最後の直線、馬場の真ん中に持ち出されると、鋭く抜け出し早め先頭。ゴール直前で5番人気”グランシエロ”に追撃されたものの、クビ差凌ぎ切り勝利。デビューから2連勝を飾りました。

【動画】

アイビーS(ハンデ戦)の【動画】はこちら

2021年 朝日杯FS(G1)(阪神競馬場1600m良)

前走、東京競馬場で行われた「アイビーS(ハンデ戦)」勝利後、約2か月の調整を経て参戦したレース。

人気では、同世代の重賞2勝馬でありCデムーロ騎手騎乗の”セリフォス”、同じく前走重賞を勝利したルメール騎手騎乗の”ジオグリフ”などが居る中、ドウデュース単勝7.8倍3番人気に支持されます。

レースでは、5枠9番から中段に控えて最後の直線、馬場の大外に持ち出されると、鋭く反応して先団を追撃。残り1Fで1番人気”セリフォス”に並ぶと、ゴール直前で2分の1馬身差捉えきり勝利G1初制覇を飾ると共に、鞍上武豊騎手の22回目の挑戦で初の同レース勝利に貢献しました。

【動画】

【スポンサーリンク】

3歳春

【スポンサーリンク】

2022年 弥生賞ディープインパクト記念(G2)(中山競馬場2000m良)

ドウデュースにとって、前走「朝日杯FS(G1)勝利後、約3か月の調整を経て参戦したレース。

人気では、戸崎騎手騎乗の”インダストリア”や、田辺騎手騎乗の”アスクビクターモア”、川田騎手騎乗の”ジャスティンロック”などが居る中ドウデュースは、単勝2.2倍1番人気に支持されます。

レースでは、6枠7番から中段に控えて最後の直線、馬場の真ん中に持ち出されると脚を伸ばしたものの、直線途中で進路が狭くなる場面なども影響して、勝ち馬にクビ差及ばずの2着。重賞2勝目とはなりませんでした。

【動画】

2022年 皐月賞(G1)(中山競馬場2000m良)

ドウデュースにとって、前走「弥生賞ディープインパクト記念(G2)2着後、連戦過程で参戦したレース。

人気では、川田騎手騎乗で前哨戦を圧勝した素質馬”ダノンベルーガ”、ルメール騎手騎乗で重賞馬の”イクイノックス”、横山武騎手騎乗でG1馬の”キラーアビリティ”などが居る中ドウデュースは、単勝3.9倍1番人気に支持されます。

レースでは、6枠12番から後方4番手に付けて最後の直線、馬場の大外に持ち出されると、鋭く反応して先団を追撃。しかしながら、同レース上がり最速で駆け上がったものの、先団で早めに抜け出していた5番人気”ジオグリフ”や、3番人気”イクイノックス”を差し切れずの3着。G12勝目とはなりませんでした。

【動画】

2022年 日本ダービー(G1)(東京競馬場2400m良)

ドウデュースにとって、前走「皐月賞(G1)3着後、連戦過程で参戦したレース。

人気では、福永騎手騎乗で前走皐月賞を勝利したG1馬”ジオグリフ”や、ルメール騎手騎乗で皐月賞2着だった重賞馬”イクイノックス”、田辺騎手騎乗で重賞馬の”アスクビクターモア”などが居る中ドウデュースは、単勝4.2倍3番人気に支持されます。

レースでは、7枠13番から後方4番手に付けて最後の直線、馬場の外目に持ち出されると、鋭く反応して先団を追撃。残り2Fで、先に抜け出していた7番人気”アスクビクターモア”を捉えると、先頭に立ち、更に後方から追い込んできた2番人気”イクイノックス”の追撃も振り切り、クビ差勝利G12勝目を挙げると共に、第89代「日本ダービー馬」に輝きました。

【動画】

【スポンサーリンク】

4歳秋

【スポンサーリンク】

2022年 ニエル賞(ロンシャン競馬場2400m重)

ドウデュースにとって、前走「日本ダービー(G1)勝利後、約4か月の調整を経て参戦したレース。

人気では、ブノワ騎手騎乗の”Simca Mille”や、Cデムーロ騎手騎乗の”ラッソー”、ペリエ騎手騎乗の”True Testament”などが居る中ドウデュースは、日本オッズで2番人気に支持されます。

レースでは、馬番5番から中段に控えて最後の直線、馬場の大外に持ち出されると、先団を追いかける形。しかしながら、終始脚を伸ばしたものの、残り2Fで勢いが止まり、勝利した3番人気”Simca Mille”に離されての4着。海外重賞初制覇とはなりませんでした。

【動画】

レース映像はこちら

2022年 凱旋門賞(ロンシャン競馬場2400m重)

ドウデュースにとって、前走「ニエル賞(G2)4着後、連戦過程で参戦したレース。

人気では、日本から横山和騎手騎乗で「宝塚記念(G1)」などを含むG1当時3勝馬だった”タイトルホルダー”や、川田騎手騎乗で国内外で重賞を複数勝利している”ディープボンド”、ルメール騎手騎乗で海外レースで当時軽2勝を挙げていた”ステイフーリッシュ”などが居る中ドウデュースは、単勝7.5倍3番人気に支持されます。

レースでは、馬番19番から馬郡後方に付ける形でしたが、直線手前では徐々に馬郡に付いて行けなくなり、終始追われながら馬郡を追いかける形。しかしながら、その後も良い所無く後方に沈んでいき、勝ち馬である2番人気”アルビニスタ”に大きく離されての19着。G12勝目と共に、海外G1初制覇とはなりませんでした。

・タイトルホルダー

・ディープボンド

【動画】

【スポンサーリンク】

まとめ

今回は、2022年の「日本ダービー(G1)」を制した「ドウデュース」についてまとめていきました。

無敗で2歳牡馬チャンピオンに輝いたドウデュース。現状2022年の牡馬クラシック世代の最有力候補ですし、クラシックが行われる春までにどのように成長し、活躍するのか。期待していきたい所です。

☆他の重賞予定馬次走情報↓↓

■イクイノックス次走情報

【最新】イクイノックス次走報!近況や馬名の意味、血統についても|
こんにちは。ずまずまです。今回は、2022年に「天皇賞秋(G1)」などを勝利している「イクイノックス」についてまとめていきます。現状無敗で、2022年の牡馬クラシックで活躍が期待されているイクイノックス。果たして、今後どの...

■サークルオブライフ次走情報

【最新】サークルオブライフ(競争馬)次走報!血統や馬名の意味についても
こんにちは。ずまずまです。今回は、2021年の「阪神ジュベナイルF(G1)」を制した「サークルオブライフ」についてまとめていきます。その圧倒的な豪脚から、初勝利から3連勝で同世代トップの存在に輝いたサークルオブライフ。果た...

■シュネルマイスター次走情報

【最新】シュネルマイスター次走報!馬名の意味や血統、近況についても
こんにちは。ずまずまです。今回は、2021年に「NHKマイルカップ(G1)」を制した「シュネルマイスター」についてまとめていきます。レベルの高い同世代の中でも、一際目立つ活躍を見せるシュネルマイスター。果たして、今後どのよ...

■ヒシイグアス次走情報

【最新】ヒシイグアス(競争馬)次走報!馬名の意味や血統、陣営コメントについても
こんにちは。ずまずまです。今回は2021年の「中山記念(G2)」の勝利馬で、「香港カップ(G1)」では2着の実績を持つ「ヒシイグアス」についてまとめていきます。近年着実に力を付けて、G1戦線でも活躍しつつあるヒシイグアス。...

■ピクシーナイト次走情報

【最新】ピクシーナイト次走報!骨折による引退のウワサや近況についても
こんにちは。ずまずまです。今回は、3歳にして秋のスプリント新王者に輝いた「ピクシーナイト」についてまとめていきます。混戦スプリント界を、一刀両断したピクシーナイト。果たして、今後どのようなローテを歩んでいくのでしょうか。...

☆コラム

□ソダシがかわいい。強さや次走についても

【コラム】ソダシ(競争馬)がかわいい!強さや次走についても!!
ソダシ(競争馬)がかわいい!強さは?次走はどこ??←このような疑問に答えます。本記事では、ソダシのかわいい魅力について。そして強さと次走について。まとめて解説しています。ソダシがかわいくて仕方ない方。ソダシについて知りたい方には必見の記事です。

□凱旋門賞に挑んだ日本馬たち~

【特集】凱旋門賞に挑んだ日本馬たち。勝利に近づいた馬についても
こんにちは。ずまずまです。今回は、【凱旋門賞に挑んだ日本馬たち】についてまとめていきます。日本競馬長年の悲願とされている、凱旋門賞制覇。その偉業に挑戦した馬は、果たして何頭居たのでしょうか。また、突出した結果を出した馬につ...

□武豊ファン必見⁉2021年期待のお手馬たち

【コラム】武豊ファン必見⁉2022年お手馬ランキング(クラシック編)
こんにちは。ずまずまです。今回は、日本競馬界が世界に誇るレジェンド騎手「武豊騎手」の「武豊ファン必見⁉2022年お手馬ランキング(クラシック編)」についてまとめていきます。2022年は、近年でもかなり充実したお手馬が揃って...

□インディチャンプ引退。次走報で届けた戦歴や今後についても

【最新情報】インディチャンプ引退!次走報で届けた戦歴や今後についても
こんにちは。ずまずまです。今回は、国内マイルG1路線で「春秋連覇」を飾るなどG12勝を挙げて引退した「インディチャンプ」の情報についてまとめていきます。長らく短距離、マイル路線の強豪として活躍したインディチャンプ。果たして...

□ラヴズオンリーユー引退で有終の美。次走報で届けた戦歴振り返り

【最新情報】ラヴズオンリーユー引退で有終の美。次走報で届けた戦歴を振り返り|
こんにちは。ずまずまです。今回は、日本調教馬として初めてアメリカの「BCシリーズ」を制覇の他、G14勝を挙げて引退した「ラヴズオンリーユー」についての情報をまとめていきたいと思います。引退レースを見事に勝利し、有終の美を飾ったラヴズオンリー
タイトルとURLをコピーしました