【最新】ヒートオンビート次走報!馬名の意味や、血統、陣営コメントについても

【スポンサーリンク】
古馬牡馬
【スポンサーリンク】

こんにちは。ずまずまです。

今回は、2021年に「美濃S(3勝クラス)」などを勝利している「ヒートオンビート」についてまとめていきます。

着実に力を付けつつあり、重賞戦線で度々好走を見せていることからも、今後は重賞・G1制覇にも期待がかかっているヒートオンビート。果たして、今後どのようなローテを歩むのでしょうか。この記事では、その点にも触れて考察していきます。

ずまずまが提供する「次走報」では、情報を「正確」、且つ「的確」に、「分かりやすく」お届けしますので、是非ご覧ください。

併せて読みたい実力馬の次走情報

・デアリングタクト

【最新】デアリングタクト次走報!故障による引退の噂や現在の状況についても
こんにちは。ずまずまです。今回は、G13勝馬で2020年に日本競馬史上初めて無敗で牝馬クラシック「三冠馬」となった「デアリングタクト」についてまとめていきます。3歳時に「牝馬クラシック3冠」を達成したのと同時に、その後「大...

・ジャックドール

【最新】ジャックドール次走報!馬名の意味や血統、陣営コメントについても
こんにちは。ずまずまです。今回は、2022年に「金鯱賞(G2)」を勝利した「ジャックドール」についてまとめていきます。破竹の連勝で彗星の如く現れた経緯から、今後G1舞台で活躍、制覇が期待されているジャックドール。果たして、...

・エフフォーリア

【最新】エフフォーリア次走報!馬名の意味、血統、陣営コメントについても
こんにちは。ずまずまです。今回は、2021年に無敗で「皐月賞(G1)」を制した「エフフォーリア」についてまとめていきます。3歳の早い時期から、活躍が期待されていたエフフォーリア。果たして、今後どのようなローテを歩むのでしょ...

・ソダシ

【コラム】ソダシ(競争馬)がかわいい!強さや次走についても!!
ソダシ(競争馬)がかわいい!強さは?次走はどこ??←このような疑問に答えます。本記事では、ソダシのかわいい魅力について。そして強さと次走について。まとめて解説しています。ソダシがかわいくて仕方ない方。ソダシについて知りたい方には必見の記事です。

・ピクシーナイト

【最新】ピクシーナイト次走報!骨折による引退のウワサや近況についても
こんにちは。ずまずまです。今回は、3歳にして秋のスプリント新王者に輝いた「ピクシーナイト」についてまとめていきます。混戦スプリント界を、一刀両断したピクシーナイト。果たして、今後どのようなローテを歩んでいくのでしょうか。...

以下が目次です↓↓

【スポンサーリンク】

ヒートオンビート次走情報

【スポンサーリンク】

ヒートオンビート次走は現在、「2022年11月6日」に「東京競馬場2500m」で行われる「アルゼンチン共和国杯(G2)」に出走を予定していますとなっています。

前走「新潟記念(G3)」では、”サンレイポケット”や”フェーングロッケン”、”カイザーバローズ”などの重賞馬や重賞初制覇を目指す馬たちが多数集まった中、1番人気に支持されたものの、5着。重賞初制覇とはなりませんでした。

レース後コメント↓↓(池添謙一騎手)

いつもよりだいぶテンションが高いと思っていました。馬場が乾いていて内は問題なかったです。勝った馬も自分の内から伸びていましたからね。動き切れず、勝ち馬にはあっさりかわされてしまいました。こんな馬ではないんですけどね

東スポ競馬 新潟記念レース後コメント https://tospo-keiba.jp/breaking_news/19475

【スポンサーリンク】

プロフィールと馬名の意味について

【スポンサーリンク】

プロフィール

プロフィール  
キングカメハメハ
母(母父)マルセリーナ(ディープインパクト)
馬主社台レースホース
調教師友道康夫(栗東)
生産者社台ファーム
主な勝ち鞍21年美濃S(3勝クラス)
生年月日2017年3月24日
受賞歴

馬名の意味について

馬名の意味については、「リズムに乗って」と言う言葉から由来されています。

【スポンサーリンク】

血統表

【スポンサーリンク】

血統表  
Mr.Prospector
キングカメハメハKingmamboMiesque
マンファスラストタイクーン
Pilot Bird
サンデーサイレンス
マルセリーナディープインパクトウインドインハーヘア
マルバイユMarju
Hambye

■母は、2011年の「桜花賞(G1)」など含めて重賞を2勝している「マルセリーナ」を持つ血統背景。

【スポンサーリンク】

近3走プレイバック

【スポンサーリンク】

5歳夏

2022年 新潟記念(G3)(新潟競馬場2000m良)

ヒートオンビートにとって、前走「七夕賞(G3)2着後、約2か月の調整を経て参戦したレース。

人気では、鮫島克騎手騎乗騎乗で重賞馬の”サンレイポケット”や、松若騎手騎乗で重賞馬の”フェーングロッテン”、津村騎手騎乗騎乗の”カイザーバローズ”などが居る中ヒートオンビートは、単勝3.9倍1番人気に支持されます。

レースでは、3枠5番から先団4番手に付けて最後の直線、馬場の真ん中に持ち出されると、反応して先団を追いかける形。しかしながら、終始脚を伸ばして先に抜け出していた10番人気”カラテ”に迫ったものの、直線半ばの追い比べで伸び負け、後方から追い込んできた馬たちにも交わされての5着。重賞初制覇とはなりませんでした。

【動画】

2022年 七夕賞(G3)(福島競馬場2000m良)

ヒートオンビートにとって、前走「天皇賞春(G1)4着後、約2か月の調整を経て参戦したレース。

人気では、武藤騎手騎乗の”アンティシペイト”や、松岡騎手騎乗の”エヴァーガーデン”、戸崎騎手騎乗で重賞馬の”モズナガレボシ”、江田騎手騎乗の”ヤマニンデンファレ”などが居る中ヒートオンビートは、単勝3.3倍1番人気に支持されます。

レースでは、3枠6番から中段に控えて最後の直線、馬場の外目に持ち出されると、騎手のアクションに応えて鋭く反応して先団を追いかける形。しかしながら、直線を上がり3F全体1位のタイムで駆け上がったものの、先に抜け出していた6番人気”エヒト”を捉えることは出来ず、大きく離されて2、2分の1馬身差2着。重賞初制覇とはなりませんでした。

【動画】

5歳春

2022年 天皇賞春(G1)(阪神競馬場3200m稍重)

ヒートオンビートにとって、前走「日経賞(G2)3着後、約2か月の調整を経て参戦したレース。

人気では、和田騎手騎乗で同世代の重賞複数勝利馬である”ディープボンド”や、横山和騎手騎乗でG1当時2勝馬だった”タイトルホルダー”、石橋騎手騎乗の”アイアンバローズ”などが居る中ヒートオンビートは、単勝12.4倍5番人気に支持されます。

レースでは、5枠9番から中段に控えて最後の直線、馬場の真ん中に持ち出されると、騎手のアクションに応えて鋭く反応して先団を追いかける形。しかしながら、直線終始脚を伸ばし続けて先団を追ったものの、大逃げを打っていた2番人気”タイトルホルダー”などを捉えることは出来ず、大きく離されての4着。G1初制覇とはなりませんでした。

・タイトルホルダー

・ディープボンド

【動画】

【スポンサーリンク】

まとめ

【スポンサーリンク】

今回は、2021年に「美濃S(3勝クラス)」などを勝利している「ヒートオンビート」についてまとめていきました。

重賞・G1共に惜しいレースが続いているために、今後は双方で勝利が期待されるヒートオンビート。引き続き動向に注目していきたい所です。

【スポンサーリンク】

☆他の有力馬次走情報↓↓

■ファルコニア

■レッドベルオーブ

■ソングライン

■メイケイエール

■スタニングローズ

【スポンサーリンク】

☆コラム

□サトノレイナス引退!引退理由や現役時の戦歴、今後についても

□クロノジェネシスG14勝で引退。次走報で届けた戦歴を振り返り。

□インディチャンプ引退!次走報で届けた戦歴を振り返り。

□ラヴズオンリーユー引退で有終の美。次走報で届けた戦歴を振り返り。

□コントレイル引退で有終の美。引退理由と戦歴を振り返り。

□グランアレグリア引退で有終の美。次走報で届けた戦歴を振り返り。

タイトルとURLをコピーしました