【最新】ヴェルトライゼンデ次走報!馬名の意味や血統、陣営コメントについても

【スポンサーリンク】
古馬牡馬
【スポンサーリンク】

こんにちは。ずまずまです。

今回は、2022年に「鳴尾記念(G3)」を勝利している「ヴェルトライゼンデ」についてまとめていきます。

大怪我からの長期離脱を乗り越えて、遂に重賞を制覇したことからも、今後は更なる活躍が期待されているヴェルトライゼンデ。果たして、今後どのようなローテを歩むのでしょうか。この記事では、その点にも触れて考察してきます。

ずまずまが提供する「次走報」では、情報を「正確」、且つ「的確」に、「分かりやすく」お届けしますので、是非ご覧ください。

ずまずま
ずまずま

今だけ限定

お得な告知情報でーす

是非こちらもチェックを↓↓

競馬の後は競輪でしょ⁉今なら無料で1500円。最大3000円分相当の電子マネープレゼント中↓↓

【お得情報】タダで1500円。最大3000円分の電子マネーを得て競輪を楽しむ方法
競輪投票に使える電子マネーをもらえるお得なキャンペーン無料新規登録だけでも1500円の電子マネーがもらえるチャンスプラス初回チャージで5000円以上チャージすると1000円キャッシュバック更に新規登録後3日以内に投票すると、500円戻っ...

併せて読みたい実力馬の次走情報

・デアリングタクト

【最新】デアリングタクト次走報!故障による引退の噂や現在の状況についても
こんにちは。ずまずまです。今回は、G13勝馬で2020年に日本競馬史上初めて無敗で牝馬クラシック「三冠馬」となった「デアリングタクト」についてまとめていきます。3歳時に「牝馬クラシック3冠」を達成したのと同時に、その後「大...

・ジャックドール

【最新】ジャックドール次走報!馬名の意味や血統、陣営コメントについても
こんにちは。ずまずまです。今回は、2022年に「金鯱賞(G2)」を勝利した「ジャックドール」についてまとめていきます。破竹の連勝で彗星の如く現れた経緯から、今後G1舞台で活躍、制覇が期待されているジャックドール。果たして、...

・エフフォーリア

【最新】エフフォーリア次走報!馬名の意味、血統、陣営コメントについても
こんにちは。ずまずまです。今回は、2021年に無敗で「皐月賞(G1)」を制した「エフフォーリア」についてまとめていきます。3歳の早い時期から、活躍が期待されていたエフフォーリア。果たして、今後どのようなローテを歩むのでしょ...

・ソダシ

【コラム】ソダシ(競争馬)がかわいい!強さや次走についても!!
ソダシ(競争馬)がかわいい!強さは?次走はどこ??←このような疑問に答えます。本記事では、ソダシのかわいい魅力について。そして強さと次走について。まとめて解説しています。ソダシがかわいくて仕方ない方。ソダシについて知りたい方には必見の記事です。

・ピクシーナイト

【最新】ピクシーナイト次走報!骨折による引退のウワサや近況についても
こんにちは。ずまずまです。今回は、3歳にして秋のスプリント新王者に輝いた「ピクシーナイト」についてまとめていきます。混戦スプリント界を、一刀両断したピクシーナイト。果たして、今後どのようなローテを歩んでいくのでしょうか。...

以下が目次です↓↓

【スポンサーリンク】

ヴェルトライゼンデ次走情報

【スポンサーリンク】

ヴェルトライゼンデ次走は現在、未定となっています。

前走「ジャパンC(G1)」では、”シャフリヤール”や”ダノンベルーガ”、”ヴェラアズール”などのG1馬や重賞馬が多数集まった中、4番人気に支持されての3着。惜しくもG1初制覇とはなりませんでした。

レース後コメント↓↓(Dレーン騎手)

内の枠から良いスタートを切って、ペースが遅い中、良い位置でレースができました。手応えがありながらも折り合いもついて、前が開いたら瞬発力を見せてくれました。 満足のいく競馬でしたが、2頭が強かったです

netkeiba ジャパンCレース後コメント https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=214673

【スポンサーリンク】

プロフィールと馬名の意味について

【スポンサーリンク】

プロフィール

プロフィール  
ドリームジャーニー
母(母父)マンデラ(Acatenango)
馬主サンデーレーシング
調教師池江泰寿(栗東)
生産者ノーザンファーム
主な勝ち鞍22年鳴尾記念(G3)
生年月日2017年2月8日
受賞歴

馬名の意味について

馬名の意味については、ドイツ語で「世界旅行者」を意味する言葉から由来されています。

【スポンサーリンク】

血統表

【スポンサーリンク】

血統表  
サンデーサイレンス
ドリームジャーニーステイゴールドゴールドサッシュ
オリエンタルアートメジロマックイーン
エレクトロアート
Surumu
マンデラAcatenangoAggravate
MandellochtBe My Gyest
Mandelauge

主な生じているクロス

Northern Dancer9.38%5×4
ノーザンテースト9.38%5×4
netkeiba ヴェルトライゼンデ https://db.netkeiba.com/horse/2017105567/?rf=link_news

【スポンサーリンク】

近走プレイバック

【スポンサーリンク】

2020年 菊花賞(G1)(京都競馬場3000m良)

ヴェルトライゼンデにとって、前走「神戸新聞杯(G2)2着後、連戦過程で参戦したレース。

人気では、福永騎手騎乗で当時無敗の三冠制覇を目指していた2冠馬”コントレイル”や、内田騎手騎乗で前哨戦を勝利していた”バビット”、ルメール騎手騎乗の”アリストテレス”などが居る中ヴェルトライゼンデは、単勝10.3倍2番人気に支持されます。

レースでは、3枠6番から中段に控えて最後の直線、馬場の大外に持ち出されると、反応して先団を追いかける形。しかしながら、終始伸びきれず後方から煽りを受けると、その後も特に良い所無く沈んでいき、勝ち馬から大きく離されての7着。G1初制覇とはなりませんでした。

・コントレイル

・アリストテレス

【動画】

2021年 アメリカジョッキーC(G2)(中山競馬場2200m不良)

ヴェルトライゼンデにとって、前走「菊花賞(G1)7着後、約3か月の調整を経て参戦したレース。

人気では、ルメール騎手騎乗の”アリストテレス”、戸崎騎手騎乗で重賞馬の”サトノフラッグ”、石橋騎手騎乗で重賞馬の”ステイフーリッシュ”などが居る中ヴェルトライゼンデは、単勝6.8倍3番人気に支持されます。

レースでは、2枠4番から中段に控えて最後の直線、馬場の大外に持ち出されると、騎手の合図に反応して先団を追う形。しかしながら、しぶとく脚を伸ばし続けたものの、先に抜け出していた1番人気”アリストテレス”を2分の1馬身差差し切れずの2着。重賞初制覇とはなりませんでした。

・アリストテレス

【動画】

5歳夏

【スポンサーリンク】

2022年 鳴尾記念(G3)(中京競馬場2000m良)

ヴェルトライゼンデにとって、前走「アメリカジョッキーC(G2)2着後、「右前脚屈腱炎」の治療を終え、1年5か月振りの復帰戦となったレース。

人気では、川田騎手騎乗の”カイザーバローズ”や、鮫島克騎手騎乗で重賞馬の”サンレイポケット”、福永騎手で母にG17勝馬ジェンティルドンナを持つ良血馬”ジェラルディーナ”などが居る中ヴェルトライゼンデは、単勝4.9倍2番人気に支持されます。

レースでは、2枠2番から中段に控えて最後の直線、馬場の真ん中に持ち出されると、騎手のアクションに応えて反応し先団を追撃。残り2Fで逃げていた5番人気”キングオブドラゴン”を捉えると、早めに先頭に立ち、後続からの追撃を凌いで見事勝利重賞初制覇を飾りました。

・ジェラルディーナ

【動画】

5歳秋

【スポンサーリンク】

2022年 オールカマー(G2)(中山競馬場2200m良)

ヴェルトライゼンデにとって、前走「鳴尾記念(G3)勝利後、約3か月の調整を経て参戦したレース。

人気では、松山騎手騎乗で2020年のクラシック三冠牝馬であるG1馬”デアリングタクト”や、川田騎手騎乗で重賞馬の”ソーヴァリアント”、菱田騎手騎乗で重賞馬の”テーオーロイヤル”などが居る中ヴェルトライゼンデは、単勝5.4倍3番人気に支持されます。

レースでは、4枠5番から中段に控えて最後の直線、馬場の外目に持ち出されると、騎手のアクションに応えて反応して先団を追いかける形。しかしながら、終始イマイチ伸びきれず、勝ち馬である5番人気”ジェラルディーナ”に大きく離されての7着。重賞2勝目とはなりませんでした。

・ジェラルディーナ

・テーオーロイヤル

【動画】

2022年 ジャパンC(G1)(東京競馬場2400m良)

ヴェルトライゼンデにとって、前走「オールカマー(G2)7着後、約2か月の調整を経て参戦したレース。

人気では、Cデムーロ騎手騎乗で国内外のG1を当時2勝していたG1馬”シャフリヤール”や、川田騎手騎乗で重賞馬だった3歳馬”ダノンベルーガ”、ムーア騎手騎乗で重賞馬だった”ヴェラアズール”などが居る中ヴェルトライゼンデは、単勝9.5倍4番人気もに支持されます。

レースでは、2枠3番から馬郡先団5番手に付けて最後の直線、馬場の内目に進路を取ると、手応え良く4コーナーを回り先頭を追いかける形。しかしながら、終始長く脚を伸ばして一時先頭に立つ場面もあったものの、ゴール直前で馬郡中団から追い込んできた3番人気”ヴェラアズール”などに交わされ、僅かに届かずの3着。G1初制覇とはなりませんでした。

・シャフリヤール

・ダノンベルーガ

【動画】

まとめ

今回は、2022年に「鳴尾記念(G3)」を勝利している「ヴェルトライゼンデ」についてまとめていきました。

良血と言う血統背景からも、デビュー以来念願だった重賞制覇を遂に成し遂げたことからも、今後はG1制覇にも期待がかかるヴェルトライゼンデ。引き続き動向に注目していきたい所です。

☆他の有力馬次走情報↓↓

■ジャスティンカフェ

■アンドヴァラナウト

■タイムトゥヘヴン

■アナザーリリック

■アサマノイタズラ

☆コラム

□サトノレイナス引退!引退理由や現役時の戦歴、今後についても

□クロノジェネシスG14勝で引退。次走報で届けた戦歴を振り返り。

□インディチャンプ引退!次走報で届けた戦歴を振り返り。

□ラヴズオンリーユー引退で有終の美。次走報で届けた戦歴を振り返り。

□コントレイル引退で有終の美。引退理由と戦歴を振り返り。

□グランアレグリア引退で有終の美。次走報で届けた戦歴を振り返り。

タイトルとURLをコピーしました