【最新】タイトルホルダー(競争馬)次走報!馬名の意味や血統、コメントについても

「広告」
古馬牡馬
「広告」

こんにちは。ずまずまです。

今回は、2021年に「菊花賞(G1)」を勝利した「タイトルホルダー」についてまとめていきます。

菊花賞を歴史的大勝で飾りG1初制覇となったタイトルホルダー。果たして、今後どのようなローテを歩むでしょうか。

ずまずまが提供する「次走報」では、情報を「正確」、且つ「的確」に「分かりやすく」お届けしますので、是非ご覧ください。


以下が目次です↓↓

タイトルホルダー次走情報

タイトルホルダー次走は現在、「2022年6月26日」に「阪神競馬場2200m」で行われる春のグランプリ「宝塚記念(G1)」に出走を予定しています。

前走「天皇賞春(G1)」では、”ディープボンド”や”アイアンバローズ”、”テーオーロイヤル”など、多くのステイヤーが揃った中、唯一のG1馬として2番人気に支持されて、見事勝利。G12勝目を挙げました。

レース後コメント↓↓(横山和生騎手)

返し馬から雰囲気の良さは感じていました。タイトルホルダーと仲良く走ろうという気持ちで、タイトルホルダーに教えてもらいました。ゴールの瞬間は嬉しかったです。自分がGIを勝ったというよりタイトルホルダーと勝てて嬉しかったです。前走乗せて頂いて、今回を踏まえての競馬と思っていたので、しっかり出して行って折り合いも不安がありませんでしたので、後はこの馬を信じてリズム良くと思って運びました。

タイトルホルダーが自分でレースを分かっているようで息を入れたいというタイミングで、すっと息が入ってくれました。直線はGIなので甘くはないと思っていましたが、馬はしっかりとしていたので大丈夫だと思いました。親子3代でこのレースを勝てたのは嬉しいです。まず結果を残せたことが今回の仕事を果たせたと思います。タイトルホルダーはまだグッと良くなります。これからも応援よろしくお願いします

netkeiba 天皇賞春レース後コメント https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=202637

プロフィールと馬名の意味について

競馬ラボ タイトルホルダー写真一覧 https://www.keibalab.jp/db/horse/2018103559/photo.html

プロフィール

プロフィール  
ドゥラメンテ
母(母父)メーヴェ(Moctivator)
馬主山田弘
調教師栗田徹(美浦)
生産者岡田スタッド
中央獲得賞金2億8745万円
主な勝ち鞍21年菊花賞(G1)
生年月日2018年2月10日
馬名の意味選手権保持者
受賞歴

馬名の意味について

馬名の意味については、英語で「選手権保持者」、「記録保持者」を意味する「タイトルホルダー」を血統から連想し命名されています。

血統表

血統表  
Kingmambo
ドゥラメンテキングカメハメハマンファス
アドマイヤグルーヴサンデーサイレンス
エアグルーヴ
モンジュー
メーヴェMotivatorOut West
Top TableSheilrey Heights
Lora`s Guest

主な生じているクロス

Mr.Prospector9.38%4×5
Northern Dancer6.25%5×5
netkeiba タイトルホルダー https://db.netkeiba.com/horse/2018103559/?rf=link_news

血統面を見ると、2歳半姉に300㎏代と小柄ながらOP、重賞クラスで活躍する”メロディーレーン”が居る血統背景となっています。

近走プレイバック

2021年 東京優駿(日本ダービー)(G1)(東京競馬場2400m良)

前走「皐月賞(G1)2着後、調整を挟んで参戦したレース。

人気では、無敗で皐月賞を制した”エフフォーリア”、前哨戦を完勝したノーザンファームの期待馬”シャフリヤール”、クラシック牝馬路線で活躍する”サトノレイナス”などが居る中、単勝30.4倍8番人気に支持されます。

レースでは、7枠14番から先団につけて最後の直線、馬場の内目に持ち出されたものの、伸びを欠き失速。先団勢の中では最後ひと踏ん張りを見せたものの、後続にも数頭差されての6着。G1初制覇とはなりませんでした。

【動画】

2021年 セントライト記念(G2)(中山競馬場2200m良)

前走「菊花賞(G1)6着後、約4か月の休養を経て参戦したレース。

人気では、夏の上がり馬”ソーヴァリアント”、約1年ぶりの実戦となるG1連対経験馬”オーソクレース”、重賞勝ち馬”グラティアス”などが居る中、単勝2.9倍1番人気に支持されます。

レースでは、5枠7番から中段に控えて最後の直線、馬場の内目馬郡に突っ込んだものの、前方の馬を捌ききれず後退。その後も前が開かずに後退し続け、終わってみれば13着と大敗。重賞2勝目とはなりませんでした。

【動画】

2021年 菊花賞(G1)(阪神競馬場3000m良)

前走「セントライト記念(G2)」で13着と大敗後、調整を経て参戦したレース。

人気では、春の「京都新聞杯(G2)」を勝利した”レッドジェネシス”、前走「神戸新聞杯(G2)」を完勝した”ステラヴェローチェ”、前走1年ぶり重賞レースで馬券に絡んだ”オーソクレース”などが居る中、単勝8.0倍4番人気に支持されます。

レースでは、2枠3番から果敢に大逃げを打って最後の直線、4角手前で再加速すると、直線後続を突き放して独走。その後も後続を突き放して、終わってみれば5馬身差の圧勝。G1初制覇を飾ると共に、ドゥラメンテ産駒としてG1初制覇となりました。

【動画】

2021年 有馬記念(G1)(中山競馬場2500m良)

タイトルホルダーにとって、前走「菊花賞(G1)」を勝利後、約2か月の調整を経て参戦したレース。

人気では、同世代の筆頭格であり当時G12勝馬だった”エフフォーリア”や、このレースが引退レースとなった”クロノジェネシス”、同じく同世代の重賞馬”ステラヴェローチェ”などが居る中タイトルホルダーは、単勝10.2倍4番人気に支持されます。

レースでは、大外8枠16番から好位2番手に付けて最後の直線、馬場の真ん中に持ち出されると、逃げた馬を早めに捉え早め先頭。しかしながら、残り2Fで後方から追撃してきた1番人気”エフフォーリア”に捉えられると、その後も後続に差されての5着。G12勝目とはなりませんでした。

【動画】

4歳春

2022年 日経賞(G2)(中山競馬場2500m稍重)

タイトルホルダーにとって、前走「有馬記念(G1)5着後、約3か月の調整を経て参戦したレース。

人気では、池添騎手騎乗騎乗の”ヒートオンビート”や、横山武騎手騎乗の”アサマノイタズラ”、浜中騎手騎乗の”ボッケリーニ”などが居る中タイトルホルダーは、単勝1.6倍1番人気に支持されます。

レースでは、6枠11番から逃げて最後の直線、馬場の内目に進路を進むと、反応して加速。そのまま後続に徐々に差を付けると、後続の追撃を振り切り、2着にクビ差完勝重賞3勝目を挙げました。

【動画】

2022年 天皇賞春(G1)(阪神競馬場3200m稍重)

タイトルホルダーにとって、前走「日経賞(G2)勝利後、約2か月の調整を経て参戦したレース。

人気では、和田騎手騎乗で前哨戦を勝利した”ディープボンド”や、石橋騎手騎乗で前哨戦を好走した”アイアンバローズ”、菱田騎手騎乗で重賞馬の”テーオーロイヤル”などが居る中タイトルホルダーは、単勝4.9倍2番人気に支持されます。

レースでは、8枠16番から逃げて最後の直線、道中楽な手応えで進むと、直線を向いて更に加速。終始カラ馬の影響を少なからず受けていたものの、後続を抑え切り、2着に7馬身差を付ける圧勝G12勝目を挙げました。

【動画】

まとめ

今回は、2021年に「菊花賞(G1)」を勝利した「タイトルホルダー」についてまとめていきました。

菊花賞」の歴史的圧勝で、これからの更なる飛躍を期待されているタイトルホルダー。まだまだ3歳と若い馬ですから、どのように成長して活躍を見せるのか、注目したい所です。

☆他の重賞予定馬次走情報↓↓

■ドウデュース次走情報

【最新】ドウデュース(競争馬)次走報!馬名の意味や血統についても
こんにちは。ずまずまです。今回は、2021年の「朝日杯FS(G1)」を制した「ドウデュース」についてまとめていきます。見事にG1を勝利し、最優秀2歳牡馬に選ばれたドウデュース。果たして、今後どのようなローテを歩むでしょうか...

■クロノジェネシス次走情報

【最新情報】クロノジェネシスG14勝で引退。次走報で届けた戦歴振り返り
こんにちは。ずまずまです。今回は、国内外のG1レースに参戦、活躍し、G14勝を挙げて引退した「クロノジェネシス」についての情報をまとめていきます。国内のグランプリG13連覇を始め、数々のG1を制覇したクロノジェネシス。果た...

■エフフォーリア次走情報

【最新】エフフォーリア次走報!馬名の意味、血統、陣営コメントについても
こんにちは。ずまずまです。今回は、2021年に無敗で「皐月賞(G1)」を制した「エフフォーリア」についてまとめていきます。3歳の早い時期から、活躍が期待されていたエフフォーリア。果たして、今後どのようなローテを歩むのでしょ...

■アリストテレス次走情報

【最新】アリストテレス(競争馬)次走報!血統や馬名の意味についても
こんにちは。ずまずまです。今回は、2021年の「アメリカジョッキーC(G2)」を勝利した「アリストテレス」についてまとめていきます。3歳時からクラシック戦線で活躍し、それ以降も重賞、G1戦線で活躍するアリストテレス。果たし...

■コントレイル次走情報

【最新情報】コントレイル引退で有終の美。引退理由と戦歴を振り返り|
こんにちは。ずまずまです。今回は、史上3頭目の牡馬クラシック三冠馬でありG15勝を挙げて引退した「コントレイル」についてまとめていきます。ラストランを見事勝利で飾り、多くの競馬ファンに感動を与えたコントレイル。果たして、今後どのような生活を

☆コラム

□ソダシがかわいい。強さや次走についても

【コラム】ソダシ(競争馬)がかわいい!強さや次走についても!!
ソダシ(競争馬)がかわいい!強さは?次走はどこ??←このような疑問に答えます。本記事では、ソダシのかわいい魅力について。そして強さと次走について。まとめて解説しています。ソダシがかわいくて仕方ない方。ソダシについて知りたい方には必見の記事です。

□凱旋門賞に挑んだ日本馬たち~

【特集】凱旋門賞に挑んだ日本馬たち。勝利に近づいた馬についても
こんにちは。ずまずまです。今回は、【凱旋門賞に挑んだ日本馬たち】についてまとめていきます。日本競馬長年の悲願とされている、凱旋門賞制覇。その偉業に挑戦した馬は、果たして何頭居たのでしょうか。また、突出した結果を出した馬につ...

□武豊ファン必見⁉2021年期待のお手馬たち

【コラム】武豊ファン必見⁉2022年お手馬ランキング(クラシック編)
こんにちは。ずまずまです。今回は、日本競馬界が世界に誇るレジェンド騎手「武豊騎手」の「武豊ファン必見⁉2022年お手馬ランキング(クラシック編)」についてまとめていきます。2022年は、近年でもかなり充実したお手馬が揃って...

□ディープインパクト最強列伝

【特集】ディープインパクト(競争馬)最強列伝。産駒についても言及
こんにちは。ずまずまです。 この記事では、【名馬theドキュメント】と評して、過去の名馬の功績を振り返っていく記事になっています。競馬好きは元い、競馬初心者の方々に向けても、見てて面白い、懐かしい思いを返すような記事を意識して作成...

□キズナの現在は?産駒についても

【特集】キズナ(競争馬)の現在は??産駒についても
こんにちは。ずまずまです。この記事では、【名馬theドキュメント】と評して、過去の名馬の功績を振り返っていく記事になっています。競馬好きは元い、競馬初心者の方々に向けても、見てて面白い、懐かしい思いを返すような記事...
タイトルとURLをコピーしました