【最新】デアリングタクト次走報!故障による引退の噂や現在の状況についても

【スポンサーリンク】
古馬牝馬
【スポンサーリンク】

こんにちは。ずまずまです。

今回は、G13勝馬2020年に日本競馬史上初めて無敗で牝馬クラシック三冠馬」となった「デアリングタクト」についてまとめていきます。

3歳時に「牝馬クラシック3冠」を達成したのと同時に、その後「大怪我」を覆い、これから復活が期待されるデアリングタクト。果たして、今後どのようなローテを歩むのでしょうか。この記事では、その点にも触れて考察していきます。

ずまずまが提供する「次走報」では、情報を「正確」、且つ「的確」に、「分かりやすく」お届けしますので、是非ご覧ください。

ずまずま
ずまずま

今だけ限定

お得な告知情報でーす

是非こちらもチェックを↓↓

競馬の後は競輪でしょ⁉今なら無料で1500円。最大3000円分相当の電子マネープレゼント中↓↓

【お得情報】タダで1500円。最大3000円分の電子マネーを得て競輪を楽しむ方法
競輪投票に使える電子マネーをもらえるお得なキャンペーン無料新規登録だけでも1500円の電子マネーがもらえるチャンスプラス初回チャージで5000円以上チャージすると1000円キャッシュバック更に新規登録後3日以内に投票すると、500円戻っ...

併せて読みたい実力馬の次走情報

・タイトルホルダー

【最新】タイトルホルダー(競争馬)次走報!馬名の意味や血統、コメントについても
こんにちは。ずまずまです。今回は、2021年に「菊花賞(G1)」を勝利した「タイトルホルダー」についてまとめていきます。菊花賞を歴史的大勝で飾りG1初制覇となったタイトルホルダー。果たして、今後どのようなローテを歩むでしょ...

・レイパパレ

【最新】レイパパレ(競争馬)次走報!馬名の意味や血統、陣営コメントについても
こんにちは。ずまずまです。今回は、2021年に「大阪杯(G1)」を勝利した「レイパパレ」についてまとめていきます。無敗でG1を勝利し、その後も古馬G1、重賞路線で活躍しているレイパパレ。果たして、今後どのようなローテを歩む...

・シャフリヤール

【最新】シャフリヤール(競争馬)次走報!馬名の意味、血統についても
こんにちは。ずまずまです。今回は、2021年に第88回「東京優駿(日本ダービー)(G1)」を制した「シャフリヤール」についてまとめていきます。ダービーを制したことでより一層活躍が期待がされる、シャフリヤール。果たして、今後...

・シュネルマイスター

【最新】シュネルマイスター次走報!馬名の意味や血統、近況についても
こんにちは。ずまずまです。今回は、2021年に「NHKマイルカップ(G1)」を制した「シュネルマイスター」についてまとめていきます。レベルの高い同世代の中でも、一際目立つ活躍を見せるシュネルマイスター。果たして、今後どのよ...

・ステラヴェローチェ

【最新】ステラヴェローチェ次走報!馬名の意味や血統についても|
こんにちは。ずまずまです。今回は、2021年の「神戸新聞杯(G2)」などを勝利している「ステラヴェローチェ」についてまとめていきます。2歳の早い時期から活躍し、今後も更なる飛躍が期待されているステラヴェローチェ。果たして、...

以下が目次です↓↓

【スポンサーリンク】

デアリングタクト次走情報

【スポンサーリンク】

デアリングタクト次走は現在、「2022年11月13日」に「阪神競馬場2200m」で行われる「エリザベス女王杯(G1)」に出走を予定しています。

前走、秋初戦となった「オールカマー(G1)」では、”ソーヴァリアント”や”ヴェルトライゼンデ”、”テーオーロイヤル”などの重賞馬が多数集まった中、1番人気に支持されたものの、まさかの6着。重賞4勝目とはなりませんでした。

【スポンサーリンク】

・エフフォーリア

・タイトルホルダー

【スポンサーリンク】

レース後コメント↓↓(松山弘平騎手)

比較的落ち着いていて、返し馬も良い形でした。道中もリズム良く折り合いがついて、自分のリズムを守ってレースをしました。ポジションはあまり意識せずにリズム重視で乗りました。

決して良いポジションではありませんでしたが、リズムの良さなどを考えるともう少し伸びてもいいはずだと思います。調教も前走より動けて、状態が上向いているのを感じました。

ここは楽に勝ち負けしたかったのですが、最後は前を交わすのがやっとでした。これだけの人気馬で結果を出せず申し訳ありません。また仕切り直したいと思います

netkeiba  オールカマーレース語コメント https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=208094

【動画】

【スポンサーリンク】

プロフィール

【スポンサーリンク】

◆クラブ法人、「ノルマンディーサラブレッドレーシング」の持ち馬なため、一口4.4万円400口、募集総額、1760万円で募集。

◆血統面を見ると、母”デアリングバード”は1戦のみで引退した未勝利馬。祖母”デアリングハート”は重賞3勝。「桜花賞(G1)」では3着となった経緯がある血統背景。

デアリングタクト自身、2017年の当歳「セレクトセール」で購買に出されたものの、買い手がつかず主取りになったと言う経緯あり。

【スポンサーリンク】

牝馬クラシック3冠プレイバック

【スポンサーリンク】

先述のとおり、デアリングタクトはこれまでにG13勝しています。それらは全てクラシック競争の物であり、当時無敗で勝利したことを踏まえると、非常に価値が高いと言えるでしょう。

そこでこの章では、デアリングタクトが勝利したG1レースを全て振り返っていきます↓↓

【スポンサーリンク】

2020年桜花賞(G1)(阪神競馬場1600m良)

【スポンサーリンク】

デアリングタクトにとってG1初制覇となったレース。

人気では、前年の2歳女王”レシステンシア”に次ぐ、単勝3.7倍2番人気に支持されます。

レースでは、重馬場の中5枠9番から中段に控えて最後の直線、馬場の外目に持ち出されると、しぶとく伸びて先行勢を追撃。残り2Fで射程圏に捉えると、ゴール直前で1番人気”レシステンシア”を交わして1、2分の1馬身差の勝利G1初制覇を挙げると共に、キャリア最小タイ記録での勝利。また、無敗での桜花賞制覇となりました。

・レシステンシア

【スポンサーリンク】

【動画】

【スポンサーリンク】

2020年優駿牝馬(G1)(東京競馬場2400m良)

【スポンサーリンク】

デアリングタクトにとってG12勝目を挙げたレース。

人気では、デビューから僅か2戦で前哨戦を制して参戦して生きた”デゼル”、世代戦をコンスタントに走ってきていた”クラヴァシュドール”などが居る中、単勝1.6倍1番人気に支持されます。

レースでは、2枠4番から中段に控えて最後の直線、馬場の真ん中を進むと、馬群を切り込みながら伸びて先行勢を追撃。残り2Fで馬郡が切り開けると鋭く加速し、ゴール直前で7番人気”ウインマリリン”を交わして2分の1馬身差の勝利G12勝目を挙げると共に、無敗の牝馬クラシック二冠馬に輝きました。

・デゼル

【スポンサーリンク】

【動画】

【スポンサーリンク】

2020年秋華賞(G1)(京都競馬場2000m良)

【スポンサーリンク】

デアリングタクトにとってG13勝目を挙げたレース。

人気では、前哨戦を圧勝したノーザンファームの期待馬”リアアメリア”、オークス3着の”ウインマイティー”などが居る中、史上初の無敗の牝馬クラシック三冠馬を期待され、単勝1.4倍1番人気に支持されます。

レースでは、7枠13番から中段に控えて最後の直線、馬場の真ん中に持ち出されると、4角で早め先頭。そのまましぶとく脚を伸ばし続けると、差を広げて、結果的には1、4分の1馬身差の勝利G13勝目を挙げると共に、史上初の無敗の牝馬クラシック三冠馬に輝きました。

【スポンサーリンク】

【動画】

【スポンサーリンク】

引退の可能性(考察)

【スポンサーリンク】

デアリングタクトが負った「右前肢繋靭帯炎」と言う病気は、馬の脚球節のつなぎ部分が炎症を起こす病気であり、かつて競争馬の不治の病と呼ばれた「屈腱炎」と並んで競争馬の怪我の中でも重症なモノ。

この病気の厄介な点として、「運動強度を上げると再発しやすい」と言う性質が挙げられ、近年発症した競争馬が引退すると言ったケースは少なくありません。

再発しやすい理由として挙げられるモノ↓↓

球節は走行中の競走馬が脚を着地した際の衝撃を緩和する役目を担っているので、この部分に炎症や骨折を発症するケースが多くなる。

繋靭帯炎Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B9%8B%E9%9D%AD%E5%B8%AF%E7%82%8E

過去に同じ「繋靭帯炎」になった代表馬を挙げると、91、92年天皇賞春連覇の”メジロマックイーン”、ダービー馬”アドマイヤベガ”、日米オークス馬”シーザリオ”、桜花賞馬”ハープスター”、19、20年天皇賞春連覇の”フィエールマンなどです。これらの馬たちが、その後「復帰することなく引退」したことを考えても、病状の重さが分かるでしょう。

【スポンサーリンク】

まとめ

【スポンサーリンク】

今回は、 G13勝馬2020年に日本競馬史上初めて無敗で牝馬クラシック三冠馬」となった「デアリングタクト」についてまとめていきました。

ついに復帰が決まったデアリングタクト。今後、3歳時に見せたパフォーマンスをもう一度見せることが出来るのか。動向も併せて注目していきたい所です。

また、ブログランキング最強競馬ブログランキング)への登録を始めました!応援の1クリックを頂けると執筆の励みになりますので、よろしくお願いいたします<(_ _)>


最強競馬ブログランキングへ

【スポンサーリンク】

☆他の重賞予定馬次走情報↓↓

■シャフリヤール次走情報

【最新】シャフリヤール(競争馬)次走報!馬名の意味、血統についても
こんにちは。ずまずまです。今回は、2021年に第88回「東京優駿(日本ダービー)(G1)」を制した「シャフリヤール」についてまとめていきます。ダービーを制したことでより一層活躍が期待がされる、シャフリヤール。果たして、今後...

■レシステンシア次走情報

【最新】レシステンシア次走報!馬名の意味や血統、今後についても|
こんにちは。ずまずまです。今回は、2019年の「阪神ジュベナイルF(G1)」の勝ち馬で、スプリント路線の一線級として活躍する快速牝馬「レシステンシア」についてまとめていきます。2歳の早い時期から活躍し続けている、レシステン...

■コマンドライン次走情報

【最新】コマンドライン(競争馬)次走報!血統や馬名の意味についても|
こんにちは。ずまずまです。今回は、2021年に「サウジアラビアRC(G3)」を勝利した「コマンドライン」についてまとめていきます。デビュー前から、評判の高さから話題となっていたコマンドライン。果たして今後どのようなローテを...

■メイケイエール次走情報

【最新】メイケイエール次走報!かわいい一面や気性、近況についても
こんにちは。ずまずまです。今回は、2022年に「シルクロードS(G3)」を勝利した「メイケイエール」についてまとめていきます。破天荒なレーススタイルながら、実績も持ち合わせているメイケイエール。果たして、今後どのようなロー...

■ステラヴェローチェ次走情報

【最新】ステラヴェローチェ次走報!馬名の意味や血統についても|
こんにちは。ずまずまです。今回は、2021年の「神戸新聞杯(G2)」などを勝利している「ステラヴェローチェ」についてまとめていきます。2歳の早い時期から活躍し、今後も更なる飛躍が期待されているステラヴェローチェ。果たして、...

【スポンサーリンク】

☆コラム

□ソダシがかわいい。強さや次走についても

【コラム】ソダシ(競争馬)がかわいい!強さや次走についても!!
ソダシ(競争馬)がかわいい!強さは?次走はどこ??←このような疑問に答えます。本記事では、ソダシのかわいい魅力について。そして強さと次走について。まとめて解説しています。ソダシがかわいくて仕方ない方。ソダシについて知りたい方には必見の記事です。

□凱旋門賞に挑んだ日本馬たち~

【特集】凱旋門賞に挑んだ日本馬たち。勝利に近づいた馬についても
こんにちは。ずまずまです。今回は、【凱旋門賞に挑んだ日本馬たち】についてまとめていきます。日本競馬長年の悲願とされている、凱旋門賞制覇。その偉業に挑戦した馬は、果たして何頭居たのでしょうか。また、突出した結果を出した馬につ...

□武豊ファン必見⁉2021年期待のお手馬たち

【コラム】武豊ファン必見⁉2022年お手馬ランキング(クラシック編)
こんにちは。ずまずまです。今回は、日本競馬界が世界に誇るレジェンド騎手「武豊騎手」の「武豊ファン必見⁉2022年お手馬ランキング(クラシック編)」についてまとめていきます。2022年は、近年でもかなり充実したお手馬が揃って...

□ディープインパクト最強列伝

【特集】ディープインパクト(競争馬)最強列伝。産駒についても言及
こんにちは。ずまずまです。 この記事では、【名馬theドキュメント】と評して、過去の名馬の功績を振り返っていく記事になっています。競馬好きは元い、競馬初心者の方々に向けても、見てて面白い、懐かしい思いを返すような記事を意識して作成...

□キズナの現在は??産駒についても

【特集】キズナ(競争馬)の現在は??産駒についても
こんにちは。ずまずまです。この記事では、【名馬theドキュメント】と評して、過去の名馬の功績を振り返っていく記事になっています。競馬好きは元い、競馬初心者の方々に向けても、見てて面白い、懐かしい思いを返すような記事...
タイトルとURLをコピーしました