【最新】レシステンシア次走報!馬名の意味や血統、今後についても|

【スポンサーリンク】
古馬牝馬
【スポンサーリンク】

こんにちは。ずまずまです。

今回は、2019年の「阪神ジュベナイルF(G1)」の勝ち馬で、スプリント路線の一線級として活躍する快速牝馬「レシステンシア」についてまとめていきます。

2歳の早い時期から活躍し続けている、レシステンシア。この記事では、今後についても触れて考察していきます。

ずまずまが提供する「次走報」では、情報を「正確」、且つ「的確」に「分かりやすく」お届けしますので、是非ご覧ください。

ずまずま
ずまずま

今だけ限定

お得な告知情報でーす

是非こちらもチェックを↓↓

競馬の後は競輪でしょ⁉今なら無料で1500円。最大3000円分相当の電子マネープレゼント中↓↓

【お得情報】タダで1500円。最大3000円分の電子マネーを得て競輪を楽しむ方法
競輪投票に使える電子マネーをもらえるお得なキャンペーン無料新規登録だけでも1500円の電子マネーがもらえるチャンスプラス初回チャージで5000円以上チャージすると1000円キャッシュバック更に新規登録後3日以内に投票すると、500円戻っ...

併せて読みたい実力馬の次走情報

・デアリングタクト

【最新】デアリングタクト次走報!故障による引退の噂や現在の状況についても
こんにちは。ずまずまです。今回は、G13勝馬で2020年に日本競馬史上初めて無敗で牝馬クラシック「三冠馬」となった「デアリングタクト」についてまとめていきます。3歳時に「牝馬クラシック3冠」を達成したのと同時に、その後「大...

・ジャックドール

【最新】ジャックドール次走報!馬名の意味や血統、陣営コメントについても
こんにちは。ずまずまです。今回は、2022年に「金鯱賞(G2)」を勝利した「ジャックドール」についてまとめていきます。破竹の連勝で彗星の如く現れた経緯から、今後G1舞台で活躍、制覇が期待されているジャックドール。果たして、...

・エフフォーリア

【最新】エフフォーリア次走報!馬名の意味、血統、陣営コメントについても
こんにちは。ずまずまです。今回は、2021年に無敗で「皐月賞(G1)」を制した「エフフォーリア」についてまとめていきます。3歳の早い時期から、活躍が期待されていたエフフォーリア。果たして、今後どのようなローテを歩むのでしょ...

・ソダシ

【コラム】ソダシ(競争馬)がかわいい!強さや次走についても!!
ソダシ(競争馬)がかわいい!強さは?次走はどこ??←このような疑問に答えます。本記事では、ソダシのかわいい魅力について。そして強さと次走について。まとめて解説しています。ソダシがかわいくて仕方ない方。ソダシについて知りたい方には必見の記事です。

・ピクシーナイト

【最新】ピクシーナイト次走報!骨折による引退のウワサや近況についても
こんにちは。ずまずまです。今回は、3歳にして秋のスプリント新王者に輝いた「ピクシーナイト」についてまとめていきます。混戦スプリント界を、一刀両断したピクシーナイト。果たして、今後どのようなローテを歩んでいくのでしょうか。...

以下が目次です↓↓

レシステンシア次走情報

レシステンシア次走は現在、「2022年12月12日」に「シャティン競馬場1200m」で行われる「香港スプリント(G1)」と、「2022年12月24日」「阪神競馬場1400m」で行われる「阪神C(G2)」両睨みで出走予定となっています。

前走「安田記念(G1)」では、”イルーシヴパンサー”や”シュネルマイスター”、”ファインルージュ”など、G1戦線で活躍している重賞馬が多数集まった中、9番人気に支持されての、11着。G12勝目とはなりませんでした。

レース後騎手コメント↓↓(横山武史騎手)

1600mはやっぱり少し長いですね。今回は牡馬相手で間隔が詰まって、前回に続いて輸送が2回。外枠でもありましたし、厳しい条件が多かったですからね。ただ、地力は見せてくれたと思います

netkeiba 安田記念レース後コメント https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=203843

しかしながら、放牧先である「ノーザンファーム早来」でのレントゲン検査にて「左前球節」に軽度の「骨折」が判明。秋の戦線復帰が遅れることが示唆されています。

2019年の最優秀2歳牝馬で、スプリント&マイル重賞で活躍するレシステンシア(牝5、栗東・松下武士厩舎)が、左前球節に軽度の骨折が疑われる状態であることがわかった。28日、所属するキャロットクラブがホームページで発表した。

放牧先である北海道安平町のノーザンファーム早来でレントゲン検査を行ったところ判明したもの。現状では秋番組の後半には復帰できる見通しだが、今週中にも函館競馬場の診療所に移り、改めて精密検査を行う予定としている。

Yahoo! レシステンシアに軽度の骨折の疑い、、、 https://news.yahoo.co.jp/articles/a2fe0398171d7ce9d70dafb0c2b94f49b240e26c

プロフィールと馬名の意味について

プロフィール

プロフィール  
ダイワメジャー
母(母父)マラコスタムプラダ(Lizard Island)
馬主キャロットファーム
調教師松下武士(栗東)
生産者ノーザンファーム
中央獲得賞金4億1598万円
主な勝ち鞍19年阪神JF(G1)
生年月日2017年3月15日
馬名の意味アルゼンチンのある州の名前
受賞歴JRA最優秀2歳牝馬(2019年)

◆クラブ法人、「キャロットファーム」の持ち馬なため、一口6.5万円400口で募集されました。

馬名の意味について

馬名の意味については、アルゼンチン北東部にある州都、「レシステンシア」から由来されています。

血統表

血統表  
Halo
ダイワメジャーサンデーサイレンスWishing Well
スカーレットブーケノーザンテースト
スカーレットインク
Denehill Dancer
マラコスタムプラダLizard IslandAdd
Mapul WellsPoliglote
Pulma

主な生じているクロス

Northern Dancer9.38%4×5
netkeiba https://db.netkeiba.com/horse/2017105563/

◆血統面を見ると、半弟に「ハーツクライ産駒」で「京成杯(G3)」を制した、”グラティアス”が居る血統背景となっています。

近走プレイバック

2021年 ヴィクトリアマイル(G1)(東京競馬場1600m良)

前走、重馬場の中で行われた「高松宮記念(G1)」で2着後参戦したレース。

人気では、一つ年上でG15勝のスプリント女王”グランアレグリア”や、初重賞制覇を果たして勢いに乗る”テルツェット”、同世代の期待馬”リアアメリア”などが居る中、単勝7.1倍2番人気に支持されます。

レースでは、大外8枠18番から先団に付けて最後の直線、馬場の内目に持ち出されて、一度は先頭に立ちますが、残り2Fで減速。そのまま後退し続け、6着と敗退。G12勝目とはなりませんでした。

【動画】

2021年 セントウルS(G2)(中京競馬場1200m良)

ヴィクトリアマイル(G1)」で6着に敗退後、約4か月の休養を経て挑んだレース。

人気では、スプリント路線期待の3歳馬”ピクシーナイト、父「ロードカナロア」、母「カレンチャン」と言う超良血馬”カレンモエ”、連勝中で勢いに乗る”クリノガウディ―”などが居る中、単勝1.9倍1番人気に支持されます。

レースでは、4枠8番から好位2番手に付けて最後の直線、馬場の内目に持ち出されると、後続を突き放して早め先頭。ゴール直前で、2番人気”ピクシーナイト”に追撃されますが、クビ差交わして勝利重賞4勝目を挙げました。

【動画】

2021年 スプリンターズS(G1)(中山競馬場1200m良)

前走、「セントウルS(G2)」を勝利後、調整を挟んで挑んだレース。

人気では、春のスプリントG1「高松宮記念(G1)」の勝ち馬で、G12勝馬”ダノンスマッシュ”、前走接戦を演じた”ピクシーナイト”、などが居る中、単勝3.4倍1番人気に支持されます。

レースでは、6枠12番から先団に控えて最後の直線、馬場の真ん中に持ち出され脚を伸ばすも、早めに抜け出した3番人気”ピクシーナイト”を捕まえきれず、2馬身後方の2着。G12勝目とはなりませんでした。

【動画】

2021年 香港スプリント(G1)(シャティン競馬場1200m良)

前走「スプリンターズ(G1)2着後、約2か月の調整を経て参戦したレース。

日本オッズでの人気では、3歳馬ながら「スプリンターズS」を勝利した”ピクシーナイト”、前年の同レース覇者”ダノンスマッシュ”などが居る中、単勝4.4倍2番人気に支持されます。

レースでは、馬番12番から中段に控えて最後の直線、前方で起きた落馬の不利を受けて、内目に切り込む形に。その後外目に持ち出され脚を伸ばしたものの、先に抜け出していた香港馬を捉えきれず2着。不運な形だったとは言え、G12勝目とはなりませんでした。

【動画】

※レース映像の中で、落馬の映像が流れますのでご注意ください。

動画はこちら

5歳春

2022年 高松宮記念(G1)(中京競馬場1200m稍重)

レシステンシアにとって、前走「香港スプリント(G1)2着後、約3か月の調整を経て参戦したレース。

人気では、池添騎手騎乗で前哨戦を勝利した”メイケイエール”や、福永騎手騎乗のG1馬”グレナディアガーズ”、石橋騎手騎乗のG1馬”サリオス”などが居る中レシステンシアは、単勝2.2倍1番人気に支持されます。

レースでは、4枠7番から逃げて最後の直線、馬場の内目に進路を取ると、加速して後続との差を広げる形。しかしながら、残り2Fで脚色が鈍り始めると、徐々に後退していき、まとめて後続にも差されての6着。G12勝目とはなりませんでした。

【動画】

2022年 ヴィクトリアマイル(G1)(東京競馬場1600m良)

レシステンシアにとって、前走「高松宮記念(G1)6着後、約2か月の調整を経て参戦したレース。

人気では、川田騎手騎乗でG1馬の”レイパパレ”や、ルメール騎手騎乗で重賞2勝馬の”ファインルージュ”、池添騎手騎乗の”ソングライン”などが居る中レシステンシアは、単勝12.8倍6番人気に支持されます。

レースでは、4枠7番から好位2番手に付けて最後の直線、馬場の真ん中に持ち出されると、逃げていた18番人気”ローザノワール”を追いかける形。しかしながら、残り2Fで後ろから差してきた”ソダシ”に差されると、後続にも差されながら粘っての3着。G12勝目とはなりませんでした。

【動画】

2022年 安田記念(G1)(東京競馬場1600m良)

レシステンシアにとって、前走「ヴィクトリアマイル(G1)3着後。連戦過程で参戦したレース。

人気では、田辺騎手騎乗で当時4連勝中だった重賞馬”イルーシヴパンサー”や、ルメール騎手騎乗でG1馬の”シュネルマイスター”、武騎手騎乗で重賞馬の”ファインルージュ”などが居る中レシステンシアは、単勝21.0倍9番人気に支持されます、

レースでは、8枠16番から中段に控えて最後の直線、馬場の真ん中に進路を取ると、先団を追う形、しかしながら、終始伸びを欠き、その後も特に良い所無しの、11着。G12勝目とはなりませんでした。

【動画】

今後について(考察)

レシステンシアについては、今後より本格的に短距離路線(1200~1400m)にシフトを変えるのでは、と考察しています。

理由としては、陣営のマイル路線離れが挙げられます。

■2歳~3歳春(1600m)

レース数1着2着3着勝率連対率複勝率
4レース12120%75%100%

4レースに参戦し馬券外はゼロ。また、複勝率に至ってはパーフェクトな成績と文句なしの成績と言えます。

■2歳~3歳春(1200~1400m)

レース数1着2着3着勝率連対率複勝率
2レース200100%100%100%

こちらも僅か2戦のみの参戦ですが、2勝と抜群の成績。マイルと合わせて、文句なしの成績と言えます。

3歳秋~4歳秋現在(1600m)

レース数1着2着3着勝率連対率複勝率
2レース00%0%0%

しかしながら、3歳秋以前とは減少した2戦のみの参戦ながら、馬券内すらゼロと言う成績。古馬路線になったと言うことを考慮したとしても、目に見えて成績が悪化しています。

□3歳秋~現在(1200~1400m)

レース数1着2着3着勝率連対率複勝率
4レース2033.3%100%100%

こちらは一転、4レースと参戦数を増やしながら、2勝、2着2回。複勝率100%と安定した成績を残しています。

これらデータから見ても、3歳秋以降マイル路線自体に参戦すること自体がってきていますし、成績も悪化気味

一方でスプリント路線は、参戦数やして成績を残していますから、これから先はより本格的にスプリント路線にシフト変更をすると考察しています。

まとめ

今回は、 2019年の「阪神ジュベナイルF(G1)」の勝ち馬で、スプリント路線の一線級として活躍する快速牝馬「レシステンシア」についてまとめていきました。

スプリント路線の一線級として、長く活躍しているレシステンシア。これからの更なる活躍を期待したい所です。

☆他の重賞予定馬次走情報↓↓

■エフフォーリア次走情報

【最新】エフフォーリア次走報!馬名の意味、血統、陣営コメントについても
こんにちは。ずまずまです。今回は、2021年に無敗で「皐月賞(G1)」を制した「エフフォーリア」についてまとめていきます。3歳の早い時期から、活躍が期待されていたエフフォーリア。果たして、今後どのようなローテを歩むのでしょ...

■コマンドライン次走情報

【最新】コマンドライン(競争馬)次走報!血統や馬名の意味についても|
こんにちは。ずまずまです。今回は、2021年に「サウジアラビアRC(G3)」を勝利した「コマンドライン」についてまとめていきます。デビュー前から、評判の高さから話題となっていたコマンドライン。果たして今後どのようなローテを...

■シャフリヤール次走情報

【最新】シャフリヤール(競争馬)次走報!馬名の意味、血統についても
こんにちは。ずまずまです。今回は、2021年に第88回「東京優駿(日本ダービー)(G1)」を制した「シャフリヤール」についてまとめていきます。ダービーを制したことでより一層活躍が期待がされる、シャフリヤール。果たして、今後...

■ステラヴェローチェ次走情報

【最新】ステラヴェローチェ次走報!馬名の意味や血統についても|
こんにちは。ずまずまです。今回は、2021年の「神戸新聞杯(G2)」などを勝利している「ステラヴェローチェ」についてまとめていきます。2歳の早い時期から活躍し、今後も更なる飛躍が期待されているステラヴェローチェ。果たして、...

■アカイトリノムスメ次走情報

【最新】アカイトリノムスメ次走報!かわいい一面や血統、馬名の由来についても
こんにちは。ずまずまです。今回は、2021年に「秋華賞(G1)」を制覇した「アカイトリノムスメ」についてまとめていきます。同世代の強豪を競り落として、G1の栄冠を勝ち取ったアカイトリノムスメ。果たして、今後どのようなローテ...

☆コラム

□ソダシがかわいい。強さや次走についても

【コラム】ソダシ(競争馬)がかわいい!強さや次走についても!!
ソダシ(競争馬)がかわいい!強さは?次走はどこ??←このような疑問に答えます。本記事では、ソダシのかわいい魅力について。そして強さと次走について。まとめて解説しています。ソダシがかわいくて仕方ない方。ソダシについて知りたい方には必見の記事です。

□凱旋門賞に挑んだ日本馬たち~

【特集】凱旋門賞に挑んだ日本馬たち。勝利に近づいた馬についても
こんにちは。ずまずまです。今回は、【凱旋門賞に挑んだ日本馬たち】についてまとめていきます。日本競馬長年の悲願とされている、凱旋門賞制覇。その偉業に挑戦した馬は、果たして何頭居たのでしょうか。また、突出した結果を出した馬につ...

□武豊ファン必見⁉2021年期待のお手馬たち

【コラム】武豊ファン必見⁉2022年お手馬ランキング(クラシック編)
こんにちは。ずまずまです。今回は、日本競馬界が世界に誇るレジェンド騎手「武豊騎手」の「武豊ファン必見⁉2022年お手馬ランキング(クラシック編)」についてまとめていきます。2022年は、近年でもかなり充実したお手馬が揃って...

□ディープインパクト最強列伝

【特集】ディープインパクト(競争馬)最強列伝。産駒についても言及
こんにちは。ずまずまです。 この記事では、【名馬theドキュメント】と評して、過去の名馬の功績を振り返っていく記事になっています。競馬好きは元い、競馬初心者の方々に向けても、見てて面白い、懐かしい思いを返すような記事を意識して作成...

□キズナの現在は?産駒についても

【特集】キズナ(競争馬)の現在は??産駒についても
こんにちは。ずまずまです。この記事では、【名馬theドキュメント】と評して、過去の名馬の功績を振り返っていく記事になっています。競馬好きは元い、競馬初心者の方々に向けても、見てて面白い、懐かしい思いを返すような記事...
タイトルとURLをコピーしました