2021年アイビスサマーダッシュ(G3)(全頭主観解説)

「広告」
全頭主観解説【2021】
「広告」

こんにちは。ずまずまです。

この記事では、2021年アイビスサマーダッシュ(G3)(全頭主観解説)】を解説していきます。

「ずまずまのカラクリ競馬」主に【データファクター】【主観】を軸に予想を組み立てています。この記事では、過去の映像分析による【主観解説】をしています。

毎回より良いものになる様に努めていますが、結果に至らない場合もあります。ご了承下さい。

▽この記事でわかること▽
⚪︎ アイビスサマーダッシュ
⚪︎ 主観解説
「広告」

2021年アイビスサマーダッシュ(全頭主観解説)の要点

※脚質判定の基準として

過去3レースの平均から選出。そのレースにおける全出走馬、4コーナー時点での並びで"逃げ"以外を約3分割し、"先行""差し""追い込み"と判断しています。

※実績判定の基準として

レースが行われるコースの特徴をピックアップ。ピックアップされた特徴の実績に対して、"2勝以上"の場合◎"勝利経験あり"の場合は◯"連対、3着以内あり"の場合△"4着以下"の場合×"経験なし"の場合は経験なし。としています。

 今回の特徴として↓↓

 新潟競馬場、1000m(ダートは含まない)】 
「広告」

出走予定馬

アルミューテン

前走:テレビU福島賞(3勝クラス)11着 (福島1200m)良

血統:父 スクリーンヒーロー 母父 Maria`s Mon

見解:逃げ、先行タイプの馬。競馬場〇。距離適性〇。前走は、まずまずのスタートから中段に控えて最後の直線、内に進路を取りましたが、不利もあってスピードを緩める場面もあり、大敗しました。もし、不利がなかった場合、ここまでの大敗はなかったのではと考えています。新潟の千直は1勝クラスで勝利経験がありますし、向いてる舞台なので、重賞の舞台でどこまでやれるか期待です。

オールアットワンス

前走:葵ステークス(重賞)3着(中京1200m)良

血統:父 マクフィ  母父 ディープインパクト

見解:逃げ、先行タイプの馬。競馬場未経験。距離適性未経験。前走は、好スタートから先団に付けて最後の直線、特に不利もなく、しぶとく脚を伸ばしての3着でした。今回は、初めての新潟千直と特殊な舞台となります。しかしながら、今年の現3歳勢が他の重賞で健闘しているので、世代レベルは比較的高いと考えています。後は、この新潟千直の直線舞台にどの程度適応できるか、がカギになりそうです。

グレイトゲイナー

前走:テレビU福島賞(3勝クラス)2着(福島1200m)良

血統:父 キンシャサノキセキ 母父 エルハーブ

見解:先行タイプの馬。競馬場未経験。距離適性未経験。前走は、好スタートから中段に付けて最後の直線、外目に出されて鋭く伸び、直線最後は目標にされて刺されたものの、2着でした。今回は、初めての新潟競馬場、千直の舞台となりますが、近走の充実度合いからも、好走が期待できると考えています。

ジュランビル

前走:マレーシアC3(3勝クラス)3着 (小倉1200m)良

血統:父 キンシャサノキセキ  母父 Deputy minister

見解:逃げ、先行タイプの馬。競馬場未経験。距離適性未経験。前走は、好スタートから好枠を生かして先行し最後の直線、しぶとく脚を伸ばし続けて3着でした。今回は、初めての新潟競馬場、千直となりますが、近走3勝クラスで安定して走ってきていることからも、侮れない存在と考えています。

セピアノーツ【回避】

タマモメイトウ

前走:韋駄天S(OPクラス)1着(新潟1000m)稍重

血統:父 エイシンフラッシュ 母父 メジロライアン

見解:追い込みタイプの馬。競馬場〇。距離適性〇。前走は、まずまずのスタートながら、すぐにラチ沿いに入り、残り100m切った辺りで上手く馬郡を縫って差し切り、1着となりました。前走が、不利な外枠ながらあの競馬をして勝ち切ったことからも、有利な外枠なら更にパフォーマンスを上げられるのでは、と考えています。今回は、前走と同じ舞台ですし、重賞になっても期待できる1頭だと考えています。

チェアリングソング【回避】

トキメキ(連闘)

前走:安達太良S(3勝クラス)8着(福島1200m)良

血統:父 アドマイヤムーン 母父 ゼンノエルシド

見解:先行、差しタイプの馬。競馬場未経験〇。距離適性未経験。前走は、好スタートから中段に付けて最後の直線、外目に出されて脚を伸ばしたものの、残り100mを切ってから伸びを欠いての8着でした。このレースでの人気が、1番人気だったことからも、物足りないレースになってしまった印象です。ここの所使われ続けていますし、今回も連闘。更に初めての千直ということを考えても、かなり厳しい条件が揃っていますので、現状でどの程度走れるのか気極めが重要だと考えています。私個人的には、連闘の馬はなるべく買わない主義なので、軽視するつもりです。

バカラクイーン

前走:さくらんぼ特別(2勝クラス)7着 (福島1200m)良

血統:父 アドマイヤムーン 母父 Rahy

見解:先行、差しタイプの馬。競馬場◎。距離適性〇。前走は、1番のスタートで中段に控えて最後の直線を迎えるも、全く伸びず7着でした。過去ずっとコンスタントに使われてきた馬の休養明け初戦だったことからも、前走は度外視してもいいと考えています。今回は、格上挑戦ですが、得意な競馬場ですし、千直も勝利経験がありますから、侮れない1頭だと考えています。

ヒロイックアゲイン

前走:韋駄天S(OPクラス)12着(新潟1000m)稍重

血統:父 ロードアルティマ 母父 ブライアンズタイム

見解:先行、差しタイプの馬。競馬場〇。距離適性〇。前走は、好スタートから中段に付けるも、直線半ばで手応えが悪くなり、12着と大敗しました。不利な内目の枠とは言え、4番人気に押されていたことからも、不満の残るレースだったと考えています。今回も、前走と同じ舞台ですが、前走よりも外目の枠を引ければ、巻き返しも十分考えられると思っています。

ビリーバー

前走:パラダイスS(ハンデ戦)13着(東京1400m)良

血統:父 モンテロッソ 母父 ネオユニヴァース

見解:追い込みタイプの馬。競馬場〇。距離適性△。前走は、立ち上がり悪いスタートから最後方で最後の直線、大外に持ち出され、この馬自身は鋭く脚を伸ばすも、前が止まらない展開に泣かされて13着でした。今回は、昨年3着のレースですし舞台的にも比較的合うコースです。今年で6歳ですが、前走を見る限り、急速な衰えはなさそうですから、外目の枠を引ければ、期待したい1頭だと考えています。

ホーキーポーキー【除外】

モメチョッタ

前走:1勝クラス14着(東京1400m)良

血統:父 タイキシャトル 母父 ハーツクライ

見解:追い込みタイプ馬。競馬場△。距離適性△。前走は、好スタートも後方に下げられて最後の直線、特に良い所無く、直線も伸びずの14着でした。今回は格上挑戦ではあるものの、前々走は同じコースで、1勝クラスながら不利な内枠から3着と健闘しましたし、現状でどの程度勝負できるのかがカギになりそうです。

モントライゼ

前走:葵ステークス(重賞)5着(中京1200m)良

血統:父 ダイワメジャー 母父 Nayef

見解:逃げ、先行タイプの馬。競馬場未経験。距離適性未経験。前走は、好スタートから中段後方に控えて最後の直線、伸びてはいるものの、じり脚でイマイチ伸びきれず、5着。1番人気だったことからも、人気を裏切る形となってしまいました。この馬自身、道中前目に付けて結果を出していることからも、前走はこの馬自身の強みを生かせなかったレースだったと考えています。今回は、初めての新潟競馬場、千直の舞台となりますが、スピードがあるこの馬向きの舞台だと思いますし、今年の現3歳世代は比較的レベルが高いですから、期待できる1頭だと考えています。

ライオンボス

前走:韋駄天S(OPクラス)9着(新潟1000m稍重

血統:父 バトルプラン 母父 ステイゴールド

見解:逃げタイプの馬。競馬場◎。距離適性◎。前走は、好スタートから並んで逃げる形になるも、直線残り200m切った辺りで手応えが悪くなり、後退し9着。1頭だけ58㎏を背負わされていたことを考えても、今まで大の得意な舞台で、連対を外したことすら無かった上での敗戦でしたから、今年で6歳ですし、正直衰えが出てきているのでは、と考えています。それでも今回人気が出るでしょうし、前走からの上積みポイントはあまり無いですから、過度な人気には注意が必要な1頭です。

リッチクレマチス(連闘)

前走:横手川S(2勝クラス)16着(福島1200m)良

血統:父 ローラルゲレイロ 母父 メイショウサムソン

見解:逃げ、先行タイプの馬。競馬場×。距離適性×。前走は、好スタートから先団に付けて最後の直線を迎えるも、直線手前で手応えが悪くなり、ずるずると後退し16着でした。今回は、格上挑戦且つ連闘ですし、苦手な新潟競馬場、千直の舞台と、現状どの要因からも厳しいと考えています。個人的には、連闘の馬はなるべく買わない主義なので、軽視するつもりです。

ルドラクシャ(連闘)

前走:1勝クラス12着(福島1200m)良

血統:父 ベーカバード 母父 Belong to Me

見解:差し、追い込みタイプの馬。競馬場適正○。距離適性○。前走は、まずまずのスタートから中段に付けて最後の直線を迎えるも、じり脚で伸びず12着でした。新潟競馬場の千直は、唯一の勝利舞台なので合っています。しかしながら今回は、格上挑戦うえに連闘と厳しい条件が揃っています。個人的には、連闘の馬はなるべく買わない主義なので、軽視するつもりです。

ロードエース

前走:韋駄天S(OPクラス)3着(新潟1000m)稍重

血統:父 エーシンフォワード 母父 エイシンサンディ

見解:先行タイプの馬。競馬場△。距離適性△。前走は、好スタートから外枠を生かして先団に付けて、残り300mを切った辺りで先頭に並び交わされたものの、粘り切り3着でした。今回は、斤量こそ2キロ重くなりますが、前走と同じ舞台ですし、有利な外枠を引ければ、期待できる1頭だと考えています。

ロジクライ

前走:欅ステークス(OPクラス)14着(東京D1400m)稍重

血統:父 ハーツクライ 母父 Machiavellian

見解:先行、差しタイプの馬。競馬場未経験。距離適性未経験。前走は、ダートだったので今回は完全に度外視します。元々は、芝の短中距離で重賞で勝利するなど実力がある馬ですが、今年で8歳。それに加えて初めての新潟競馬場、千直と厳しい要因が重なっています。しかしながら、力自体は元々はある馬なので、侮れない1頭だと考えています。

「広告」

今回の特徴適正一覧

競馬場適正

距離適正

タイトルとURLをコピーしました