2021年エルムS(G3)(全頭主観解説)

「広告」
全頭主観解説【2021】
「広告」

こんにちは。ずまずまです。

この記事では、2021年エルムS(G3)(全頭主観解説)】を解説していきます。

「ずまずまのカラクリ競馬」主に【データファクター】【主観】を軸に予想を組み立てています。この記事では、過去の映像分析による【主観解説】をしています。

毎回より良いものになる様に努めていますが、結果に至らない場合もあります。ご了承下さい。

▽この記事でわかること▽
⚪︎ エルムS
⚪︎ 主観解説
「広告」

2021年エルムS(全頭主観解説)の要点

※脚質判定の基準として

過去3レースの平均から選出。そのレースにおける全出走馬、4コーナー時点での並びで"逃げ"以外を約3分割し、"先行""差し""追い込み"と判断しています。

※実績判定の基準として

レースが行われるコースの特徴をピックアップ。ピックアップされた特徴の実績に対して、"2勝以上"の場合◎"勝利経験あり"の場合は◯"連対、3着以内あり"の場合△"4着以下"の場合×"経験なし"の場合は経験なし。としています。

 今回の特徴として↓↓

 函館競馬場(ダート)、1700m(芝は含まない)】 
「広告」

出走予定馬

アメリカンシード

前走:平安S(G3)2着(中京D1900m)重

血統:父  Tapit  母父 Stormin Fever

見解:逃げ、先行タイプの馬。競馬場未経験。距離適性未経験。前走は、大外枠から好スタートを決めて逃げて最後の直線、勝ち馬にはすぐに交わされたものの、その後もしぶとく粘り2着でした。大外枠から前半を53.0と言うハイペースで逃げて、最後まで残したことを考えても負けて強しの内容だったと思います。今回は初舞台、初距離という点と、逃げられなかった2走前が大敗したことを考えると、逃げることが必須となりそうなので、枠もある程度カギになると考えています。自分のペースで走れれば期待できる1頭です。

ウェスタールンド

前走:プロキオンS(G3)7着(小倉D1700m)重

血統:父  ネオユニヴァース  母父 Marquetry

見解:差し、追い込みタイプの馬。競馬場○。距離適性◎。前走は、五分のスタートから後方に付けて最後の直線、内目から外目に進路を変えて鋭く脚を伸ばすも、前目が止まらないこともあって7着でした。今年9歳で7か月振りの実戦だったこと、脚自体は使えていたことからも、急速な衰えはないと考えています。今回は間隔が短いですし、力自体は上位ですから、差し、追い込みが利く馬場になるかどうかがカギになると考えています。

オメガレインボー

前走:マリーンS(OPクラス) 2着(函館D1700m)稍重

血統:父 アイルハヴアナザー 母父 アグネスタキオン

見解:差し、追い込みタイプの馬。競馬場○。距離適性◎。前走は、好スタートから中段に控えて最後の直線、外目からまくって早めに先頭に立ったものの、最後は競り負けて2着でした。近走、舞台関係なく安定して走れていることからも、充実ぶりが伺えます。今回は、前走と同じ舞台と地の利がありますし、間隔も詰めて使われることから状態は良いと思うので、重賞でも力は発揮できると考えています。

オレンジペコ(除外)

ケイティブレイブ

前走:帝王賞 6着(大井D2000m)重

血統:父 アドマイヤマックス 母父 サクラローレル

見解:差し、タイプの馬。競馬場未経験。距離適性未経験。前走は、五分のスタートから後方に付けて最後の直線でしたが、外に持ち出されたもののじり脚で伸びず6着でした。今回は、約1年2ヶ月ぶりの実戦と長期休養明け初戦となります。8歳と言う年齢を考えても成長は見込めないことはおろか、能力が衰えている可能性があります。他のメンバーはコンスタントに使われていることを考えると、今回は軽視したい1頭と考えています。

サンダーブリッツ(除外)

スワーヴアラミス

前走:マリーンS(OPクラス)1着(函館D1700m)稍重

血統:父 ハーツクライ 母父 Sligo Bay

見解:先行タイプの馬。競馬場○。距離適性○。前走は、五分のスタートから先団に付けて最後の直線、4コーナーで外目に持ち出され、そのまましぶとく脚を伸ばし2着馬を競り落として勝利しました。残り200m切ってからの競り合いはかなり激しいものでしたが、勝ち切ったことに評価しています。今回は、前走と同じ舞台と地の利がありますし、斤量も1㎏軽くなるので、十分チャンスがある1頭だと考えています。

ソリストサンダー

前走:かしわ記念(G1)2着(船橋D1600m)良

血統:父 トビーズコーナー 母父 スペシャルウィーク

見解:先行、差しタイプの馬。競馬場○。距離適性◎。前走は、好スタートから先団に付けて最後の直線、外目に持ち出されて長く脚を使い、最後は勝ち馬に迫ったもののハナ差届かず2着でした。G1で6番人気だったことを考えても、健闘したと考えています。今回は実績馬が揃っていますが、この馬自身も力付けてますし、舞台、距離、ともに得意な舞台なので、十分期待できる1頭だと考えています。

タイムフライヤー

前走:マリーンS(OPクラス)12着(函館D1700m)稍重

血統:父 ハーツクライ 母父 ブライアンズタイム

見解:差しタイプの馬。競馬場○。距離適性○。前走は、好スタートから並走する形で逃げて最後の直線でしたが、直線半ばではバテテそのまま後退して12着と大敗しました。他のメンバーと並んで実績が抜けていて、1番人気に押されたことを考えても物足りない結果でした。2歳時から活躍して今年で6歳ということを考えても、上積みは少ないでしょうし、今回1㎏斤量が軽くなるとは言え、前走と同舞台、同距離ですから、大きな変化はあまり期待できません。この事からも、今回は厳しくなると考えています。

ダンツキャッスル

前走:マリーンS(OPクラス)3着(函館1700m)稍重

血統:父 ルーラーシップ 母父 スペシャルウィーク

見解:差しタイプの馬。競馬場○。距離適性○。前走は、好スタートから中段後方に付けて最後の直線、外目に持ち出され伸びたものの、エンジンのかかりが遅く届かず3着でした。行き脚が遅く、後ろからの競馬になってしまうのは懸念材料と考えています。今回前走と同じ舞台ですし、同じ斤量。対戦相手のレベルが上がってどうかがカギになりそうです。

テーオーエナジー (除外)

デルマルーヴル

前走:マーキュリーS(G3)4着(盛岡D2000m)良

血統:父 パイロ 母父 コマンズ

見解:先行、差しタイプの馬。競馬場未経験。距離適性未経験。前走は、好スタートから先団に付けて最後の直線でしたが、上位に10馬身とかなり引き離されての4着でした。斤量差があるとは言え10馬身ちぎられたことからも、上位馬との力量差はかなりあったと考えています。今回は初舞台、初距離がどちらに影響するのかが重要になって来ると考えています。

トップウィナー

前走:プロキオンS(G3)2着(小倉D1700m)重

血統:父 バゴ 母父 テイエムオペラオー

見解:先行タイプの馬。競馬場未経験。距離適性△。前走は、1番のスタートから好位2番手につけて最後の直線、早めに先頭に立つも、最後は目標にされて捉えられての2着でした。レース展開的にも、馬場傾向的にも、絶好のチャンスだっただけに悔やまれる1戦でした。今回は初舞台となるのと、前走がかなり恵まれた展開だったので、過剰評価はしたくないと考えています。

ドスハーツ (除外)

ベルダーイメル(除外)

ライジングドラゴン(除外)

レピアーウィット

前走:アンタレスS(G3)8着(阪神D1800m)重

血統:父 ヘニーヒューズ 母父 Runninng Stag

見解:先行タイプの馬。競馬場未経験。距離適性未経験。前走は、五分のスタートから先団に付けて最後の直線でしたが、残り2Fきった辺りから手応えが悪くなり、そのまま失速しての8着でした。道中の手応えが良かっただけに、思ったほど粘れなかった印象です。今回は3か月の休養明けと、初舞台、初距離ですが、休み明けほど走ってくる馬なので、面白い存在になるのではと考えています。

ロードゴラッソ

前走:マリーンS 11着(函館D1700m)良

血統:父 ハーツクライ 母父 Kingmambo

見解:差しタイプの馬。競馬場△。距離適性△。前走は、五分のスタートから後方に控えて最後の直線、4コーナーまで手応えよく来ましたが直線で思いのほか伸びず失速し、11着と大敗しました。現状、今年に入ってからは精彩を欠いています。今回は前走と同じ舞台ですし、間隔も詰まっていて大きな変化は期待できないと考えています。

ロードブレス

前走:平安S(G3)13着(中京D1900m)重

血統:父 ダノンバラード 母父 ナリタトップロード

見解:差しタイプの馬。競馬場未経験。距離適性未経験。前走は、五分のスタートから中段前目に付けて最後の直線でしたが、ずるずると後退していき、良い所無く13着と大敗しました。しかしながら、普段後方から直線勝負する馬がスタイルを変えての敗戦だったので、以前のスタイルに戻すなら度外視してもいいと考えています。今回は、初舞台、初距離となるので、そこも適応できるかカギになりそうです。

ヴァンジェンス

前走:三宮S(OPクラス)1着(阪神D1800m)

血統:父 カジノドライブ 母父 スペシャルウィーク

見解:先行、差しタイプの馬。競馬場未経験。距離適性○。前走は、好スタートから先団に付けて最後の直線、楽な手応えで早めに先頭に立ち、そのまま勝利しました。しかしながら、今回怪我明けで1年2か月振りの実戦。力自体は、ダート重賞の一線級と互角に走っていた馬なのでありますが、今年で8歳になることを考えると、あっさり負けても不思議ではありません。今回は様子見を兼ねて軽視しようと思っています。

「広告」

今回の特徴適正一覧

競馬場適正

距離適正

タイトルとURLをコピーしました