2021年クイーンS(G3)(全頭主観解説)

「広告」
全頭主観解説【2021】
「広告」

こんにちは。ずまずまです。

この記事では、2021年クイーンS(G3)(全頭主観解説)】を解説していきます。

「ずまずまのカラクリ競馬」主に【データファクター】【主観】を軸に予想を組み立てています。この記事では、過去の映像分析による【主観解説】をしています。

毎回より良いものになる様に努めていますが、結果に至らない場合もあります。ご了承下さい。

▽この記事でわかること▽
⚪︎ クイーンS
⚪︎ 主観解説
「広告」

2021年クイーンS(全頭主観解説)の要点

※脚質判定の基準として

過去3レースの平均から選出。そのレースにおける全出走馬、4コーナー時点での並びで"逃げ"以外を約3分割し、"先行""差し""追い込み"と判断しています。

※実績判定の基準として

レースが行われるコースの特徴をピックアップ。ピックアップされた特徴の実績に対して、"2勝以上"の場合◎"勝利経験あり"の場合は◯"連対、3着以内あり"の場合△"4着以下"の場合×"経験なし"の場合は経験なし。としています。

 今回の特徴として↓↓

 函館競馬場(洋芝)、1800m(ダートは含まない)】 

アラスカ【回避】

イカット

前走:かもめ島特別(2勝クラス)1着(函館1800m)良

血統:父 ディープインパクト  母父 Forestry

見解:逃げ、先行タイプの馬。競馬場◎。距離適性◎。前走は、好スタートから中段に付けて最後の直線、馬群を割りしぶとく脚を伸ばして勝利しました。函館競馬場は、2勝を挙げているコースで最適。また、距離も過去3勝全てが1800mな事から抜群の適性と言えます。今回は格上挑戦となりますが、条件はこの馬にとってこれ以上ないと言える最高な条件が揃ったので、現状どの程度走れるのか期待したい1頭です。

ウインマイティー

前走:愛知杯(G3)14着(中京2000m)良

血統:父 ゴールドシップ 母父 カコイシーズ

見解:差しタイプの馬。競馬場未経験。距離適性○。前走は、好スタートから先団に付けての最後の直線でしたが、入り口ではすでに手応えが悪くその後も後退し続け、14着と大敗しました。今回、6か月の休養明けで馬自身はリフレッシュされていると考えています。また、今回初めての函館競馬場ですが、父がゴールドシップな事から適性もあると考えています。近走不振気味ですが、この馬自身ハイレベル世代のオークス3着馬ですし、この6か月の休養が良い方に向けば巻き返しも十分期待できる1頭です。

クラヴァシュドール

前走:米子S(ハンデ戦)3着(阪神1600m)重

血統:父 ハーツクライ  母父 Giant Causeway

見解:差し、追い込みタイプの馬。競馬場未経験。距離適性未経験。前走は、まずまずのスタートから中段に付けて最後の直線、外目に持ち出されてしぶとく脚を伸ばしての3着でした。不利な大外枠と決して得意とは言えない重馬場の中での3着だったので、着順以上に評価したい内容と考えています。今回は、初めての函館競馬場、距離となること。この馬自身、1600mのみでしか馬券内がないことからも、その辺りへの適性がカギとなりそうです。

サトノセシル

前走:洞爺湖特別(2勝クラス)1着(函館1800m)良

血統:父 Frankel 母父 Observatory

見解:逃げ、先行タイプの馬。競馬場〇。距離適性〇。前走は、好スタートから果敢に逃げて最後の直線、そのまま脚色を落とさず逃げ切っての勝利でした。今回は、格上挑戦となりますが、前走と同じ舞台、距離ですし、前走の勝ちタイムがかなり優秀だったことを踏まえても、侮れない1頭と考えています。

シゲルピンクダイヤ

前走:ヴィクトリアマイル(G1)5着(東京1600m)良

血統:父 ダイワメジャー 母父 High Chaparral

見解:先行、差しタイプの馬。競馬場未経験。距離適性×。前走は、まずまずのスタートから先行集団に付けて最後の直線、馬群の中心でしぶとく脚を伸ばし続けての5着でした。13番人気だったことを踏まえても、かなり健闘したと思います。しかしながら、この馬自身かなりムラのあるタイプで勝ちきれないのも事実です。今回も、初めての函館競馬場、適性が悪い距離と不安要素がありますし、人気をする場合は注意が必要な1頭だと考えています。

シャムロックヒム

前走:マーメイドS(G3)1着(阪神2000m)良

血統:父 キズナ 母父 Tapit

見解:逃げ、先行タイプの馬。競馬場×。距離適性×。前走は、好スタートで最内枠から果敢に逃げて最後の直線、そのまま脚色は衰えずしぶとく脚を伸ばし続けての勝利でした。当時、3勝クラスの身で10番人気だったことを考えても、大勝利だったと言えます。しかしながら、今回は適性が悪い函館競馬場、距離と言うこと。前走が、軽斤量だった事、逃げに最適な最内枠だった事、前残り有利な馬場だった事を考えても、真の実力が不透明なことも事実です。人気をする場合は、注意が必要な1頭と考えています。

テルツェット

前走:ヴィクトリアマイル(G1)14着(東京1600m)良

血統:父 ディープインパクト 母父 Danehill Dancer

見解:差し、追い込みタイプの馬。競馬場未経験。距離適性○。前走は、後手のスタートから後方を追走し最後の直線、脚を伸ばしているものの14着と大敗しました。外差し有利な馬場の中、直線内目で競馬をせざるを得なかったのは不利だったと考えています。今回距離適性に問題はなさそうですが、函館競馬場は直線が短いですし、末脚が武器のこの馬にとって合うかどうかがカギになりそうです。

ドナアトラエンテ

前走:福島牝馬S(G3)2着(新潟1800m)良

血統:父 ディープインパクト 母父 Bertolini

見解:先行、差しタイプの馬。競馬場未経験。距離適性◎。前走は、好スタートから先団に付けて、4コーナー外目に持ち出せれ最後の直線、持続して脚を伸ばし続けての2着でした。1番人気だったことから物足りなさはあるものの、前走の大敗から上手く巻き返してきた印象です。今回は、距離適性は抜群ですが、初めての函館競馬場となるのでそこがカギとなりそうです。

フェアリーポルカ

前走:スパーキングレディーカップ(G3)4着(川崎D1600m)重

血統:父 ルーラーシップ 母父 アグネスタキオン

見解:先行、差しタイプの馬。競馬場未経験。距離適性◎。前走は、ダートだったので今回は完全に度外視します。元々は、芝で重賞勝ちもある実力のある馬です。まだ今年で5歳ですし、ダートでも掲示板に来ていることからも、力は落ちていないと考えています。今回は距離適性は抜群ですが、初めての函館競馬場と言うことがカギとなりそうです。

マイエンフェルト

前走:HTB賞(2勝クラス)1着(札幌1800m)良

血統:父 ハービンジャー 母父 アグネスタキオン

見解:先行タイプの馬。競馬場未経験。距離適性◎。前走は、好スタートで先団に付けて最後の直線、馬場の真ん中を鋭く突き抜けての勝利でした。10番人気だったことを踏まえても、大駆けしたと思います。しかしながら今回は格上挑戦ですし、前走は斤量含め恵まれた要因が多かったのも事実。今回は得意な距離ですが、初めての函館競馬場なことを踏まえても、乗り越えるべき課題は多いので、現状でどの程度勝負できるかの見極めが重要になると考えています。

マジックキャッスル

前走:ヴィクトリアマイル(G1)3着(東京1600m)良

血統:父 ディープインパクト 母父 シンボリクリスエス

見解:差し、追い込みタイプの馬。競馬場未経験。距離適性未経験。前走は、好スタートから中段に控えて最後の直線、馬群を割って脚を伸ばしての3着でした。不利な最内枠からの発走で、直線に入っても終始馬郡に包まれながらの3着ですから評価したいと考えています。今回は、初めての函館競馬場、距離と不透明な要素もあります。しかしながら、このメンバーでは力的にも実力的にも1頭抜けているので、十分期待できる1頭と考えています。

ラキ【回避】

ルビーカサブランカ【回避】

ロザノワール

前走:マリーンS(OPクラス)13着(函館D1700m)稍重

血統:父 ハーツクライ 母父 Machiavellian

見解:逃げ、先行タイプの馬。競馬場×。距離適性未経験。前走は、ダートだったので今回は完全に度外視します。今回勝利が経験が無い芝に挑戦してきた理由は定かではありませんが、芝での走りは、過去未勝利戦でも勝利経験がありません。また今回は重賞ですし、ダートを中心に使われてきたこの馬にとっては、今回厳しいと考えています。

「広告」

今回の特徴適正一覧

競馬場適正

距離適正

タイトルとURLをコピーしました