2021年レパードS(G3)(全頭主観解説)

「広告」
全頭主観解説【2021】
「広告」

こんにちは。ずまずまです。

この記事では、2021年レパードS(G3)(全頭主観解説)】を解説していきます。

「ずまずまのカラクリ競馬」主に【データファクター】【主観】を軸に予想を組み立てています。この記事では、過去の映像分析による【主観解説】をしています。

毎回より良いものになる様に努めていますが、結果に至らない場合もあります。ご了承下さい。

▽この記事でわかること▽
⚪︎ レパードS
⚪︎ 主観解説
「広告」

2021年レパードS(全頭主観解説)の要点

※脚質判定の基準として

過去3レースの平均から選出。そのレースにおける全出走馬、4コーナー時点での並びで"逃げ"以外を約3分割し、"先行""差し""追い込み"と判断しています。

※実績判定の基準として

レースが行われるコースの特徴をピックアップ。ピックアップされた特徴の実績に対して、"2勝以上"の場合◎"勝利経験あり"の場合は◯"連対、3着以内あり"の場合△"4着以下"の場合×"経験なし"の場合は経験なし。としています。

 今回の特徴として↓↓

 新潟競馬場(ダート)、1800m(芝は含まない)】 
「広告」

出走予定馬

アリエノール(除外)

オセアダイナスティ

前走:湯浜特別(1勝クラス)1着(函館D1700m)良

血統:父 オルフェーヴル  母父 メジロライアン

見解:先行、差しタイプの馬。競馬場未経験。距離適性未経験。前走は、最内枠から好スタートを決め逃げての最後の直線、4コーナーでは膨らみながら再加速し突き放して、2着に7馬身差をつける圧勝でした。しかしながらタイム的にはそれほど優秀ではないので、過剰評価は禁物だと考えています。今回は、格上挑戦、初コース、初距離と乗り越える課題も多いので、その影響がどうかと考えています。

キャリアリズム(除外)

クリーンスレイト

スウィープザボード

前走:1勝クラス 1着(中京D1800m)稍重

血統:父 スウェプトオーヴァーボード 母父 フサイチコンコルド

見解:先行、差しタイプの馬。競馬場未経験。距離適性◎。前走は、五分のスタートから先団に控えて最後の直線、4コーナーで外目に持ち出されて早めに抜けて、結果的にはそのまま押し切り4馬身差の圧勝でした。しかしながらタイム的には、レースのインパクトほど優秀ではないので、過度な人気は危険と考えています。今回は格上挑戦となりますし、前走以上のパフォーマンスを3歳の夏になって発揮できるかどうかがカギになると考えています。

スマートパルフェ

前走:1勝クラス 1着(小倉D1700m)重

血統:父 ルーラーシップ 母父 シンボリクリスエス

見解:逃げ、先行タイプの馬。競馬場〇。距離適性〇。前走は、1番のスタートからそのまま逃げて最後の直線、直線に入っても脚色は衰えずむしろ突き放して押し切り勝利しました。開幕週と軽斤量だったとはいえ、優秀なタイムでの逃げ切り勝利だったのでレース内容以上に評価しています。今回は格上挑戦となり斤量も増えるので、その上で前走同様のパフォーマンスが出来るかがカギになりそうです。

タイセイアゲイン

前走:弥富特別(2勝クラス)8着(中京D1800m)稍重

血統:父 パイロ 母父 アグネスタキオン

見解:差しタイプの馬。競馬場未経験。距離適性○。前走は、五分のスタートから馬郡の後方で進み最後の直線でしたが、外目に持ち出されたものの伸びきれず8着となりました。2番人気に押されていたことからも、物足りない内容だったとも捉えられます。しかしながら、前残りの馬場だったことを考えると度外視でも良いと考えています。今回は格上挑戦の馬が多い中ですが、この馬自身は2勝クラス以上の経験は多いですし、差しが決まる馬場になれば面白い存在になると考えています。

タマモブドウカイ

前走:1勝クラス 1着(東京D2100m)良

血統:父 シニスターミニスター 母父 ハーツクライ

見解:差し、追い込みタイプの馬。競馬場未経験。距離適性〇。前走は、好スタートから先団に付けて最後の直線、馬場の真ん中に持ち出されて鋭く脚を伸ばし勝利しました。しかしながらスローな流れだったこと、軽斤量だったことを考えると、それほど高くは評価していません。今回は格上挑戦で、5㎏斤量が増える中でパフォーマンスを上げられるかがカギになりそうです。

テイエムマジック

前走:わらび賞(1勝クラス)1着(新潟D1800m)良

血統:父 マジェスティックウォリアー 母父 スペシャルウィーク

見解:逃げ、先行タイプの馬。競馬場〇。距離適性〇。前走は、五分のスタートから先行して最後の直線、終始押されっぱなしながらしぶとく脚を伸ばして勝利しました。今回は格上挑戦となりますが、前走と同じ舞台ですし相性は良いので、現状でどこまでやれるかと考えています。

ディールクルム (除外)

トモジェリア

前走:1勝クラス 1着(福島D1700m)重

血統:父 シニスターミニスター 母父 キングカメハメハ

見解:逃げ、先行タイプの馬。競馬場未経験。距離適性〇。前走は、五分のスタートから中段に付けて最後の直線、馬群の間をすり抜けて早めに先頭に立ってそのまま押し切り勝利しました。今回は格上挑戦ですし、持ちタイム的にも良くはないので、初舞台でどこまでやれるかですが、現状厳しいと考えています。

ナリタフォルテ (除外)

ノースザワールド

前走:1勝クラス 1着(中京D1800m)稍重

血統:父 ディープインパクト 母父 Giant Causeway

見解:逃げ、先行タイプの馬。競馬場未経験。距離適性未経験。前走は、スタートで後手を踏んで後方に付けて最後の直線、内目から外目に進路を切り替えて早めに先頭に立ち、そのまま押し切り勝利しました。初ダートで変わり身を見せた印象です。今回は格上挑戦ですが、ダートへのフレッシュさでどこまで勝負できるかがカギになりそうです。

ノーブルシルエット (除外)

ハンディーズピーク

前走:西部スポニチ賞(2勝クラス)1着(小倉D1700m)良

血統:父 マジェスティックウォリアー 母父 ダンスインザダーク

見解:先行、差しタイプの馬。競馬場未経験。距離適性◎。前走は、五分のスタートから先団に付けて最後の直線、並ぶような形になったものの、競り勝ち勝利しました。勝ちタイムはそこまでですが、今回のメンバーでは数少ない2勝クラスを勝ちあがっている点は評価したいと考えています。今回は斤量が2㎏上がり、初めての舞台ともなりますが、混戦模様なのでチャンスある1頭だと考えています。

ホッコーハナミチ

前走:インディアT(2勝クラス)1着(小倉1700m)重

血統:父 ホッコータルマエ 母父 タニノギムレット

見解:先行、差しタイプの馬。競馬場未経験。距離適性◎。前走は、1番のスタートから先団後方に付けて最後の直線、残り200m切った辺りで馬場の真ん中に持ち出されて、そのまま突き抜けて勝利しました。タイム的にも比較的優秀なことと、数少ない2勝クラス勝ち馬と言うことは評価しています。今回は3㎏斤量が増え、初めての舞台となりますが、混戦模様なのでチャンスある1頭だと考えています。

メイショウムラクモ

前走:いわき特別(2勝クラス)1着(福島D1700m)重

血統:父 ネオユニヴァース 母父 キングヘイロー

見解:逃げ、先行タイプの馬。競馬場未経験。距離適性◎。前走は、好スタートから並走する形で逃げて最後の直線、そのまま加速し後ろを突き放して2着に7馬身差の圧勝でした。勝ちタイムも非常に優秀で、重賞で通用するタイムな事からも評価しています。しかしながら、今回は2㎏斤量が増えること、初の左回りと言うことを考えると過度な人気は危険と考えています。

ラヴォラーレ

前走:1勝クラス 1着(東京D2100m)良

血統:父 オールステイ 母父 フォーティナイナーズサン

見解:逃げ、先行タイプの馬。競馬場未経験。距離適性×。前走は、好スタートから先団後方に付けて最後の直線、外目に持ち出されて長く脚を伸ばし最後捉えて勝利しました。タイム的にはスローな流れの中の差し切り勝ちだったので強い内容だったと思います。しかしながら、この馬自身東京2100mのみでしか勝利がない事を考えると、舞台が変わることは一概に良いとは言えないと思っています。今回は格上挑戦な上、斤量が5㎏増えることを考えると、今回は厳しいと考えています。

ルコルセール

前走:渡島特別(2勝クラス)1着(函館D1700m)函館

血統:父 ロードカナロア 母父 サンデーサイレンス

見解:先行タイプの馬。競馬場未経験。距離適性未経験。前走は、スタートで跳ねて後手を踏みながら先団に付けて最後の直線、馬場の真ん中に持ち出され鋭く脚を伸ばし完勝しました。スローな流れの中で2着に2馬身半付けたことに関しては、強い内容だったと評価しています。しかしながら今回は、競馬場、距離ともに未経験な事が懸念材料としてあることも事実なので、3連勝中の勢いでどこまで来れるかがカギになりそうです。

レブンカムイ

前走:インディアT(2勝クラス)2着(小倉D1700m)重

血統:父 キズナ 母父 パラダイスクリーク

見解:逃げ、先行タイプの馬。競馬場未経験。距離適性◎。前走は、好スタートから先団に取り付いて最後の直線、早めに抜け出して勝ち切り体制だったものの、目標にされて最後捉えられての2着でした。ハイペースの中早めに押し切ろうとし、粘ったのは評価しています。今回は初舞台で、斤量も3キロ増えますが、これだけのハイペースを経験した馬はこのメンバーではいませんし、混戦模様なのでチャンスある1頭だと考えています。

ロードシュトローム

前走:ジャパンDD(G1)6着(大井D2000m)稍重

血統:父 マクフィ 母父 ダイワメジャー

見解:逃げ、先行タイプの馬。競馬場未経験。距離適性〇。前走は、五分のスタートから先団に付けて最後の直線、直線半ばまで粘ってはいたものの、最後は力尽きて6着でした。今回で11戦目で唯一のG1経験馬と、他の馬よりレベルが高い相手と戦ってきていますし、チャンスある1頭だと考えています。

ワイズマンハート (除外)

「広告」

今回の特徴適正一覧

競馬場適正

距離適正

タイトルとURLをコピーしました