2021年新潟記念(G3)競馬予想(Best5&買い目)

「広告」
Best5&買い目【2021】
「広告」

こんにちは。ずまずまです。

この記事では、2021年新潟記念(G3)(Best5&買い目)】を解説していきます。

「ずまずまのカラクリ競馬」主に【データファクター】と【主観】を軸に予想を組み立てています。この記事では、過去の2記事によって導き出した【データファクター】【主観】を用いて、このレースのBest5と買い目を記載しています。

毎回より良いものになる様に努めていますが、結果に至らない場合もあります。ご了承下さい。

▽この記事でわかること▽
⚪︎ 新潟記念
⚪︎ データファクター公開
⚪︎ Best5&買い目
「広告」

2021年新潟記念(G3)予想【データファクター】

条件別成績(レース過去5年から~)

3枠馬〇


勝率:5.6% 連対率:22.2% 複勝率:33.3%

勝率をだけで見ると、全体的にまばらでそれほど大差はありません。しかしながら、複勝率に限ると3枠の成績が抜けています。過去5年で見ても、2年連続馬券内中と相性の良さが分かります。

年齢別成績(レース過去10年から~)

5歳馬〇


勝率:8.5% 連対率:17.0% 複勝率:27.7%

全体的に見て4,5歳馬の成績が抜けていますが、出走数と総合的に見て5歳馬の成績が良いと判断しています。過去5年で、5年連続馬券内ということを踏まえても、買い目の中心として考えたいデータです。

前走距離(レース過去10年から)~

前走2400m◎


勝率:20.0% 連対率:20.0% 複勝率:40.0%

出走数は過去10年で5頭と少ないものの、1勝含む2回馬券になっているのが、前走2400mです。今回も2頭ほど出走予定なので、注目したい所。

「広告」

レース適正

概要

※【脚質判定の基準として


過去3レースの平均から選出。そのレースにおける全出走馬、4コーナー時点での並びで“逃げ”以外を約3分割し、“先行”“差し”“追い込み”と判断しています。

※【実績判定の基準として


レースが行われるコースの特徴をピックアップ。ピックアップされた特徴の実績に対して、“2勝以上”の場合◎“勝利経験あり”の場合は◯“連対、3着以内あり”の場合△“4着以下”の場合ד経験なし”の場合は経験なし。としています。

今回の特徴として】↓↓


新潟競馬場、2000m(ダートは含まない)】

競馬場適正

距離適性

競馬場適正に関して:競馬場自体で2勝以上挙げている馬は2頭。他は全体的にまばらな印象です。未経験の馬も多いため、注意したい所。

距離適性に関して:多くの馬が2勝以上、もしくは勝利経験があります。無難に◎の馬を狙うのも有りかもしれません。

「広告」

厳選Best5

◎ 3枠6番 パルティアーモ

本命の理由としては1つ目は、「データファクター」の観点から、”3枠”であること,”5歳馬”であること、“前走2400m”である事が挙げられます。3枠はこの10年で最も馬券内確率が高い枠なので枠の中では最も信頼できますし、それに加えて少ない出走数ながら好成績を残している、5歳馬、前走2400mと言う全ての「データファクター」が重なっていますから、「データファクター」の観点からでも文句なしに評価しています。2つ目は、「主観」からの評価です。この馬の主観評価は、「前走」を評価しました。前走は東京で行われたハンデ戦。道中、好位2番手を追走し最後の直線、残り150を切った辺りで先頭に立ちましたが、後続に差し切られての2着でした。このレースのペース自体は全体的に平均的でしたが、馬場傾向が外差し有利だったことを踏まえると、勝ち馬よりも内目を通ったこの馬は勝ちに等しい評価をしても良いのでは、と考えています。またこの馬自身血統面を見ると、母方サンデー持ちなので高速馬場にもある程度対応できていますが、本質的には欧州血統。それを踏まえても、馬場が渋れば更にチャンスがあると考えています。今回が初めての重賞挑戦となりますが、メンバー的に見ても混戦模様ですし「データファクター」も3つ全て該当しているので、これで外れたら仕方なし(笑)。思い切って本命にしたいと思います。

〇 1枠2番 ザダル

前走、東京エプソムカップ1800(G3)勝ち馬。

「データファクター」 ”5歳馬”

▲ 7枠13番 クラヴェル

前走、小倉中京記念1600m(G3)3着。

「データファクター」 ”なし” (しかしながら、5歳馬と僅差内成績の4歳馬なため)

△ 6枠11番 ラインベック

前走、東京江の島S1800m(3勝クラス)勝ち馬。

「データファクター」 ”なし” (しかしながら、5歳馬と僅差内成績の4歳馬なため)

× 8枠17番 トーセンスーリヤ

前走、函館記念2000m(G3)勝ち馬。

「データファクター」 ”なし”  (近走の安定した走りを評価)

☆ 1枠1番 (特注馬)サトノアーサー

前走、新潟関屋記念1600m11着。

「データファクター」 ”なし” 

(前走大きな不利。舞台は最適な舞台。年齢と前走によって人気が大きく落ちた今回は狙い目のタイミングと見ています。)

買い目

Twitter上にて後日公開します↓↓↗↗

タイトルとURLをコピーしました