2021年札幌記念(G2)競馬予想(全頭主観解説)

「広告」
全頭主観解説【2021】
「広告」

こんにちは。ずまずまです。

この記事では、2021年札幌記念(G2)(全頭主観解説)】を解説していきます。

「ずまずまのカラクリ競馬」主に【データファクター】【主観】を軸に予想を組み立てています。この記事では、過去の映像分析による【主観解説】をしています。

毎回より良いものになる様に努めていますが、結果に至らない場合もあります。ご了承下さい。

▽この記事でわかること▽
⚪︎ 札幌記念
⚪︎ 主観解説

以下が目次です⇓⇓


「広告」

2021年札幌記念(G2)(全頭主観解説)の要点

※【脚質判定の基準として過去3レースの平均から選出。そのレースにおける全出走馬、4コーナー時点での並びで"逃げ"以外を約3分割し、"先行""差し""追い込み"と判断しています。

※【実績判定の基準としてレースが行われるコースの特徴をピックアップ。ピックアップされた特徴の実績に対して、"2勝以上"の場合◎"勝利経験あり"の場合は◯"連対、3着以内あり"の場合△"4着以下"の場合×"経験なし"の場合は経験なし。としています。

今回の特徴として】↓↓

 札幌競馬場、2000m(ダートは含まない)】 
「広告」

出走予定馬

アイスバブル

前走: 函館記念(G3)2着(函館2000m)良


血統: 父 ディープインパクト 母父 キングカメハメハ


見解:  差し、追い込みタイプの馬。競馬場未経験。距離適性〇。

前走は、五分のスタートから中段後方に付けて最後の直線、直線半ばで馬場の内目に潜り込み、鋭く伸びての2着でした。14番人気と言う低評価を覆す走りだったことからも、その点は評価しています。今回は同距離ですが、メンバーレベルが前走以上に上がり、斤量が2キロ増え、更に初めての舞台となるので、その点がカギとなりそうです。

ウインキートス

前走: 目黒記念(G2)1着(東京2400m)良


血統:  父 ゴールドシップ 母父 ボストンハーバー


見解:  先行、差しタイプの馬。競馬場未経験〇。距離適性△。

前走は、好スタートから好位2番手に付けて最後の直線、馬場の真ん中に持ち出され早めに先頭に立ち、そのまま脚色衰えることなく勝利しました。恵まれた点が多かったとはいえ、勝ち切った点については評価してます。今回は比較的相性の良い競馬場となりますが、前走が前目有利な展開だったこと、今回3キロ斤量が上がること、メンバーレベルが前走以上に上がることを考えると、過剰な評価は禁物と考えています。

サトノセシル

前走: クイーンS(G3)3着(函館1800m)良


血統:  父 フランケル 母父 Qbservatory


見解:  先行、差しタイプの馬。競馬場未経験。距離適性◎。

前走は、好スタートから中段後方に付けて最後の直線、馬郡を縫って上手く外目に出されて脚を伸ばし手の3着でした。良馬場発表とは言えスタート直前の大雨を考えると稍重に近かった馬場だったと考えています。その中で、格上挑戦ながら3着に来た事は評価しています。今回は実績抜群の距離ですが、主戦の大野騎手からルメール騎手に乗り替わりになること、初めての舞台でメンバーレベルが前走以上に上がることから、その点がカギになると考えています。

ステイフーリッシュ

前走: 京都記念(G2)2着(阪神2200m)良


血統:  父 ステイゴールド 母父 キングカメハメハ


見解:  先行タイプの馬。競馬場未経験×。距離適性○。

前走は、好スタートから好位2番手につけて最後の直線、4コーナー手前では先頭に立ちそのまま粘りこんでの2着でした。前目有利だったことを考えても勝ち切りたい所でしたが、勝った相手が強かった印象です。今回は6ヶ月ぶりと久々。比較的得意な距離ではあるものの、実績が悪い競馬場なので、その点の克服がカギとなりそうです。

ソダシ

前走: 優駿牝馬(G1)8着(東京2400m)


血統:  父 クロフネ 母父 キングカメハメハ


見解:  先行タイプの馬。競馬場未経験。距離適性未経験。

前走は、好スタートから先団につけて最後の直線だったものの、直線半ばで脚色が鈍り一杯になり、8着と敗れました。1番人気だったですが、明らかに2000以下を得意とするタイプで過剰人気感もあり、2400はやはり長かった印象なので度外視して良いと考えています。その点今回は、初めての舞台、距離とはなるものの、斤量は3キロ軽くなりますし、距離短縮となるのでその点は良いと思います。初めての古馬挑戦でどこまでやれるか。

ディアマンミノル

前走: 函館記念(G3)4着(函館2000m)良


血統:  父 オルフェーヴル 母父 デヒア


見解:  差し、追い込みタイプの馬。競馬場未経験。距離適性○。

前走は、好スタートから後方に付けて最後の直線、大外を回りしぶとく脚を伸ばし、上がり最速での4着でした。11番人気だったことを考えても、健闘した方だと評価しています。今回は比較的得意な距離ですが、3キロ斤量が増えること、初めての舞台への適応がカギとなりそうです。

トーラスジェミニ

前走: 七夕賞(G3)1着(福島2000m)稍重


血統:  父 キングズベスト 母父 マンハッタンカフェ


見解:  逃げ、先行タイプの馬。競馬場×。距離適性◎。

前走は、1番のスタートから好位2番手につけて最後の直線、馬場の真ん中に持ち出されしぶとく脚を伸ばし、最後に逃げ馬を交わして勝利しました。5歳にして重賞初制覇したことに関しては評価しています。今回は実績抜群の距離ですが、高速馬場になりやすい札幌競馬場は苦手な舞台となるので、スピード面への適応が課題となると考えてもいます。

バイオスパーク

前走: 函館記念(G3)3着(函館2000m)良


血統:  父 オルフェーヴル 母父 マイネルラヴ


見解:  先行、差しタイプの馬。競馬場未経験。距離適性◎。

前走は、好スタートから先団に付けて最後の直線、馬場の真ん中を早めに動き、そのまま後続の追い込みを抑えての2着でした。12番人気と言う低評価を覆しての3着だったのでその点は評価しています。今回は実績抜群の距離ですが、初めての舞台となるので、その点への適応がカギとなりそう。斤量は前走と同じなので、特にマイナス要素ではないです。

ブラストワンピース

前走: 鳴尾記念(G3)3着(中京2000m)良


血統:  父 ハービンジャー 母父 キングカメハメハ


見解:  先行、差しタイプの馬。競馬場〇。距離適性◎。

前走は、心房細動による競争中止明け初戦。レースは、好スタートから中段に付けて最後の直線、内目を突いてしぶとく脚を伸ばしての3着でした。6歳初戦で、心房細動だったことを考えると、健闘したと評価しています。もちろんG1馬なので、居るべき場所はもっと上の舞台ですが、この年でも走れることは証明できたと思っています。今回は実績抜群の距離で、比較的相性の良い舞台。このレース自体2年前の勝ち馬ですから、悲観的要素は特にありません。メンバーレベルがより上がって現状どの程度走れるかがカギとなりそうです。

ペルシアンナイト

前走: 鳴尾記念(G3)4着(中京2000m)良


血統:  父 ハービンジャー 母父 サンデーサイレンス


見解:  差しタイプの馬。競馬場△。距離適性△。

前走は、五分のスタートから中段後方に付けて最後の直線、馬場の真ん中をしぶとく伸び続けての4着でした。G1馬とはいえ、7番人気だったことを考えると健闘したと評価しています。近走は、どのグレードレースでもムラが出てきてしまっているので、今回もその点がカギとなりそうです。

マイネルウィルトス

前走: 函館記念(G3)8着(函館2000m)良


血統:  父 スクリーンヒーロー 母父 ロージズインメイ


見解:  先行、差しタイプの馬。競馬場△。距離適性◎。

前走は、好スタートから先団に付けて最後の直線でしたが、4コーナーではすでに手応えが一杯になり、直線でも伸びを欠き8着と敗れました。3番人気に押されていたことを考えても、物足りなかった印象です。今回も実績抜群の距離ですが、舞台適正がイマイチなのでその点への適応がカギとなりそうです。

ユーキャンスマイル

前走: 天皇賞春(G1)7着(阪神3200m)良


血統:  父 キングカメハメハ 母父 ダンスインザダーク


見解:  差し、追い込みタイプの馬。競馬場未経験。距離適性〇。

前走は、好スタートから後方に付けて最後の直線でしたが、直線に入ってもイマイチ伸びきれず7着と敗れました。個人的には、昨年春から秋までの怪我による長期休養で馬が変わってしまった印象です。しかしながら、2走前の阪神大賞典のようにスタミナ勝負になればまだ走れると思っています。今回は比較的相性の良い距離ですが、スピードが求めれる未経験の札幌競馬場となるので、そこへの適応がカギとなると考えています。

ラヴズオンリーユー

前走: QE2世C(G1)1着(シャティン(香港)2000m)良


血統:  父 ディープインパクト 母父 Storm cat


見解:  先行、差しタイプのの馬。競馬場未経験。距離適性◎。

前走は、海外の香港でのG1レース。レースでは、好スタートから中段に付けて最後の直線、馬場の外目から長く脚を伸ばし続けて勝利しました。負かした相手が、”デアリングタクト”、グローリーヴェイズ”だったことを考えても、非常に強い内容だったと評価しています。個人的には、今年の京都記念で約2年ぶりに勝ち切ったことから、勢いが付きましたし、この馬本来の強さが戻ったと考えています。今回は未経験の舞台ですが、実績抜群の距離ですし、何より現状勢いも、力も抜けていると思いますから、十分期待できる1頭だと考えています。

「広告」

今回の特徴適正一覧

競馬場適正

距離適正

タイトルとURLをコピーしました