2021年関屋記念(G3)(全頭主観解説)

「広告」
全頭主観解説【2021】
「広告」

こんにちは。ずまずまです。

この記事では、2021年関屋記念(G3)(全頭主観解説)】を解説していきます。

「ずまずまのカラクリ競馬」主に【データファクター】【主観】を軸に予想を組み立てています。この記事では、過去の映像分析による【主観解説】をしています。

毎回より良いものになる様に努めていますが、結果に至らない場合もあります。ご了承下さい。

▽この記事でわかること▽
⚪︎ 関屋記念
⚪︎ 主観解説
「広告」

2021年関屋記念(全頭主観解説)の要点

※【脚質判定の基準として過去3レースの平均から選出。そのレースにおける全出走馬、4コーナー時点での並びで"逃げ"以外を約3分割し、"先行""差し""追い込み"と判断しています。

※【実績判定の基準としてレースが行われるコースの特徴をピックアップ。ピックアップされた特徴の実績に対して、"2勝以上"の場合◎"勝利経験あり"の場合は◯"連対、3着以内あり"の場合△"4着以下"の場合×"経験なし"の場合は経験なし。としています。

今回の特徴として】↓↓

 新潟競馬場、1600m(ダートは含まない)】 
「広告」

出走予定馬

アトミックフォース

前走:エプソムカップ(G3)5着(東京1800m)良

血統:父  ワークフォース  母父 フジキセキ

見解:逃げ、先行タイプの馬。競馬場○。距離適性×。前走は、大外枠から好スタートを切って2番手につけて最後の直線、馬場の真ん中に持ち出されてしぶとく粘っての5着でした。馬場傾向的にも差し馬有利の展開ながら、前目に付けて粘り切ったのは評価しています。今回は比較的得意な競馬場ですが、苦手な距離としている距離なので、そこがカギとなりそうです。

アンドレステ

前走:中京記念(G3)1着(小倉1800m)良

血統:父  オルフェーヴル  母父 Dynaformer

見解:先行、差しタイプの馬。競馬場○。距離適性◎。前走は、1番のスタートから先団につけて最後の直線、内目選んで早めに先頭に立って最後まで押し切り、勝利しました。近走、重賞であと一歩だったことが多かったことからも、勝ち切ったことに対して評価しています。また馬場傾向的にも、差し有利な展開ながら押し切ったので、強い内容だったと評価しています。今回は比較的得意な競馬場、得意な距離となりますが、鞍上が岩田望来騎手に戻ってどのような走りをするのかがカギとなりそうです。

ウインイクシード

前走:関越S(OPクラス)2着(新潟1800m)良

血統:父 マンハッタンカフェ 母父 ボストンハーバー

見解:先行タイプの馬。競馬場△。距離適性未経験。前走は、内枠から好スタートを切り2番手につけて最後の直線、早めに先頭に立ち、その後もしぶとく脚を伸ばし続けての2着でした。前目有利な馬場傾向、スローな流れを踏まえても、完全に勝ちパターンだったので、勝ち馬の決め手に後塵を拝した印象です。今回は前走と同じ舞台ですが、距離経験が無いので、そこへの適応がカギとなりそうです。

カラテ

前走:安田記念(G1)13着(東京1600m)良

血統:父 トゥザグローリー 母父 フレンチデピュティ

見解:追い込みタイプの馬。競馬場×。距離適性◎。前走は、スタートで後手を踏み後方に付けて最後の直線でしたが、伸びを欠き、直線半ばで置いていかれて13着と大敗しました。初のG1挑戦で、強いメンバーが揃う中、速い流れについて行けなかった印象です。今回は、メンバーレベルも前走より落ち、得意な距離となりますが、よりスピード適正が求めれれる新潟競馬場となるのでそこに対応できるか、がカギとなりそうです。

クリスティ

前走:ヴィクトリアマイル(G1)10着(東京1600m)良

血統:父 キズナ 母父 クロフネ

見解:先行タイプの馬。競馬場未経験。距離適性◎。前走は、内枠で好スタートからスピードを上げて逃げ最後の直線でしたが、直線半ばで力尽き10着と大敗しました。それほど速いペースでは無いとは言え、前目に付けた馬が揃って総崩れだったことを考えても、見た目以上に厳しい展開だったと考えています。今回は前走よりもメンバーレベルが落ちて得意な距離となりますが、競馬場自体が未経験なので、そこへの適応が課題となりそうです。

グランデマーレ

前走:ストークS(3勝クラス)1着(阪神1600m)稍重

血統:父 ロードカナロア 母父 ネオユニヴァース

見解:先行タイプの馬。競馬場未経験。距離適性◎。前走は、五分のスタートから先団に付けて最後の直線、馬場の真ん中に出されて早めに先頭に立ち、最後は競り合いになったものの勝利しました。スローペースで比較的前有利な傾向でしたが、勝ち切ったことを評価しています。今回は得意な距離となりますが、格上挑戦と初舞台となるので、そこへの適応がカギになりそうです。

サトノアーサー

前走:東京新聞杯(G3)8着(東京1600m)良

血統:父 ディープインパクト 母父 Redute`s Choice

見解:差しタイプの馬。競馬場○。距離適性○。前走は、五分のスタートから後方に付けて最後の直線でしたが、前目有利な傾向も相まって8着となりました。前述した通り、前目有利な馬場傾向だった事。この馬自身2位の上がり3Fのタイムを記録している事からも脚使った印象なので、着順に関しては度外ししても良いと考えています。このレースは昨年制した舞台ですし、新潟競馬場も昨年の同レース以来。また、個人的に新潟競馬場が1番合っていると思っているので、人気を落とすようなら馬券妙味がありますし、巻き返しに期待している1頭です。

シャドウディーバ

前走:マーメイドS(G3)3着(阪神2000m)良

血統:父 ハーツクライ 母父 Dansill

見解:差し、追い込みタイプの馬。競馬場未経験。距離適性△。前走は、好スタートから中段前方に付けて最後の直線、内目を選んで進み、前が開くと脚を伸ばしての3着でした。直線、一瞬勝ち馬に並んだものの、最後は脚色が同じになってしまった印象です。その点今回は、距離短縮となりますし良いと考えています。また競馬場自体は未経験なので、そこへの適応はカギとなりそうです。

ソッサスプレイ(除外対象)

前走:関越S(OPクラス)3着(新潟1800m)良

血統:父 コンデュイット 母父 スペシャルウィーク

見解:差し、追い込みタイプの馬。競馬場△。距離適性未経験。

ソングライン

前走:NHKマイルC(G1)2着(東京1600m)良

血統:父 キズナ 母父 シンボリクリスエス

見解:先行、差しタイプの馬。競馬場未経験。距離適性○。前走は、好スタートから中段前方に付けて最後の直線、外目に持ち出されて早めに先頭に立ったものの、ゴール直前で交わされハナ差の2着でした。最後は目標にされてしまい捉えられた印象なので、勝ち馬との力差は無いと考えています。今回は初めての競馬場となりますが、距離は前走と同じで不安は無いですし、前走ハナ差で負けた相手がハイレベル古馬G1で3着になったことからも、この馬自身力自体は抜けていると思うので、期待できる1頭だと考えています。

ハッピーアワー

前走:関越S(OPクラス)11着(新潟1800m)良

血統:父 ハービンジャー 母父 ディープインパクト

見解:追い込みタイプの馬。競馬場×。距離適性△。前走は、スタートで後手を踏み後方に付けて最後の直線でしたが、直線半ばで脚が鈍り11着と大敗しました。馬場傾向的に前目有利だったことを考えると、着順に関しては多少なりと酌量の余地があると考えています。前走、直線半ばで脚が鈍ったことから、距離短縮になるのはプラスだと考えています。しかしながら、新潟競馬場は実績が悪いのでそこへの適応がカギとなりそうです。

パクスアメリカーナ

前走:マイラーズC(G2)3着(京都1600m)良

血統:父 クロフネ 母父 サンデーサイレンス

見解:差しタイプの馬。競馬場×。距離適性◎。前走は、五分のスタートから先団に付けて最後の直線、内目を伸びての3着でした。今回、約2年半ぶりと長期休養初戦となります。基本、長期休養明け初戦の馬は、個人的に現状の力を確認したいので、今回は軽視しようと考えています。

ブランノワール

前走:安土城S(ハンデ戦)4着(中京1400m)良

血統:父 ロードカナロア 母父 シングスピール

見解:差し、追い込みタイプの馬。競馬場×。距離適性◎。前走は、好スタートから中段に付けて最後の直線、内目に進路を取って脚を使ったものの、僅かに差し切れず4着でした。着外に敗れましたが、馬場的にも不利な内目を通って上がり最速の脚を使ったことに関しては、評価しています。今回は得意な距離に戻りますが、新潟競馬場は実績が悪いので、そこへの適応がカギとなりそうです。

プールヴィル

前走:ヴィクトリアマイル(G1)17着(東京1600m)良

血統:父 Le Herve 母父 Kendargent

見解:差しタイプの馬。競馬場△。距離適性×。前走は、五分のスタートから中段後方に付けて最後の直線でしたが、外目に持ち出されたものの、伸びを見せず17着と大敗しました。久々のG1出走となりましたが、追走含めてスピード面で付いて行けなかった印象です。G1と言うことを考えれば、メンバーレベルを考えても今回は度外視出来るかもしれません。しかしながら、特に大きな変化要因がない事を考えると、厳しい戦いになると考えています。

ベストアクター

前走:阪急杯(G3)16着(阪神1400m)良

血統:父 ディープインパクト 母父 クロフネ

見解:差しタイプの馬。競馬場◎。距離適性×。前走は、大外枠から好スタートを切って中段に付けて最後の直線でしたが、大外に持ち出されたものの、伸びを見せず16着と大敗しました。1年ぶりの長期休養明け初戦だったことを考えると。度外視出来る敗戦と考えています。今回は得意な舞台となりますが、1400を中心に使われてきた馬で1600の実績は悪いです。また今年で7歳と言うことを考えると、休養中に能力自体が完全に落ちてしまった可能性もあるので、軽視しても良いと考えています。

マイスタイル

前走:新潟大賞典(G3)14着(新潟2000m)良

血統:父 ハーツクライ 母父 フォーティナイナー

見解:逃げ、先行タイプの馬。競馬場×。距離適性○。前走は、好スタートから大逃げを打って最後の直線でしたが、直線半ば手前で力尽きて14着と大敗しました。鞍上が横山典弘騎手なのもあってのハイペースでの大逃げだったので、着順的には度外視でも良いと考えています。今回距離は比較的実績がありますが、新潟競馬場は実績が悪いので、そこがカギとなりそうです。

ミラアイトーン

前走:エプソムカップ(G3)15着(東京1800m)良

血統:父 Lonhro 母父 Tinznow

見解:先行、差しタイプの馬。競馬場△。距離適性△。前走は、出遅れ気味のスタートで後方に付けて最後の直線でしたが、外目に持ち出さても全く伸びを見せず、15着と大敗しました。後方過ぎたとはいえ、差し有利な展開を考えれば、物足りない内容だったと言えます。今回は、実績的にもイマイチな競馬場、距離となりますので、それを踏まえても厳しい戦いになると考えています。

ラセット

前走:米子S(ハンデ戦)8着(阪神1600m)

血統:父 モンテロッソ 母父 アグネスタキオン

見解:差し、追い込みタイプの馬。競馬場未経験。距離適性◎。前走は、五分のスタートから後方に付けて最後の直線でしたが、イマイチ伸びを欠いて8着となりました。重馬場も相まって、前目が止まらない馬場だったことを考えても、厳しい展開だったと考えています。今回は得意な距離ですが、初めての新潟競馬場なので、そこへの適応がカギとなりそうです。

ロータスランド

前走:中京記念(G3)5着(小倉1800m)良

血統:父 Point of Entry 母父 Scat Daddy

見解:先行タイプの馬。競馬場△。距離適性◎。前走は、好スタートから離れた2番手につけて最後の直線でしたが、ハイペースで差し有利な展開もあって、5着となりました。前述した通り、前目が不利な展開になったことを踏まえても、着順に関しては度外視しても良いと考えています。今回は得意な距離ですが、競馬場適正がイマイチなので、そこがカギとなりそうです。

「広告」

今回の特徴適正一覧

競馬場適正

後日公開

距離適正

後日公開

タイトルとURLをコピーしました