2021年CBC賞(G3) (全頭主観解説)

「広告」
全頭主観解説【2021】
「広告」

こんにちは。ずまずまです。

この記事では、2021年CBC賞(G3)(全頭主観解説)】を解説していきます。

「ずまずまのカラクリ競馬」主に【データファクター】と【主観】を軸に予想を組み立てています。この記事では、過去の映像分析による【主観解説】をしています。

毎回より良いものになる様に努めていますが、結果に至らない場合もあります。ご了承下さい。

▽この記事でわかること▽
⚪︎ CBC賞
⚪︎ 主観解説
「広告」

2021年CBC賞(全頭主観解説)の要点

※脚質判定の基準として

過去3レースの平均から選出。そのレースにおける全出走馬、4コーナー時点での並びで"逃げ"以外を約3分割し、"先行""差し""追い込み"と判断しています。

※実績判定の基準として

レースが行われるコースの特徴をピックアップ。ピックアップされた特徴の実績に対して、"2勝以上"の場合◎"勝利経験あり"の場合は◯"連対、3着以内あり"の場合△"4着以下"の場合×"経験なし"の場合は経験なし。としています。

今回の特徴として↓↓

【小倉競馬場、1200m、右回り、小回り(ダートは含まない)】
「広告」

出走予定馬

アウィルアウェイ

前走:高松宮記念16着(中京1200m)

血統:父 ジャスタウェイ 母父 キングカメハメハ

見解:追い込みタイプの馬。右回り実績○。小回り実績△。前走は、前が有利だったため、追い込み一辺倒のこの馬にとっては厳しかった。馬場に左右されないのは強み。追い込み馬場になれば面白い1頭です。

ノーワン

前走:パラダイスS9着(東京1400m)

血統:父 ハーツクライ 母父 Caerleon

見解:差し追い込みタイプの馬。右回り実績×。小回り実績×。前走は、脚は見せるも9着。前走からも距離は短く感じたが、今回の距離短縮が課題です。。好位置につけられればチャンスがあると思います。

ピクシーナイト

前走:NHKマイル12着(東京1600m)

血統:父 モーリス 母父 キングヘイロー

見解:逃げタイプの馬。右回り実績未経験。小回り実績未経験。前走は、果敢に逃げるも、展開が合わずの大敗なので度外視か。過去重賞勝ちもある馬で力はあるので、大幅な距離短縮、右回り、小回り、それらがどのように影響するかが課題です。

ヨカヨカ

前走:葵ステークス2着(中京1200m)

血統:父 スクワートルスクワート 母父 Danehill Dancer

見解:先行、差しタイプの馬。右回り実績○。小回り実績○。前走は、久々の1200mで最後脚を伸ばして2着。立て続けの1200mは○。今回軽斤量も○。騎乗する和田騎手がテン乗りということがどのように影響するかが課題です。

メイショウチタン

前走:安土城S3着(中京1400m)

血統:父 ロードカナロア 母父 マイネルラヴ

見解:先行タイプの馬。右回り実績△。小回り実績×。前走は、好位からしぶとく脚を伸ばしての3着。基本的に左回りが得意な馬なので、久々の右回り、小回りがどう影響するかが課題です。

メイショウカリン

前走:鞍馬S7着(中京1200m)

血統:父 ケイムホーム 母父 デインヒル

見解:追い込みタイプの馬。右回り実績△。小回り実績◎。前走は、脚を使ったものの、スタートで後手を踏んだ分、着順が上がりませんでした。今回、軽斤量も〇。全5勝中、2勝をあげている小倉でどのような競馬をするかに注目です。

メイショウケイメイ

前走:安土城17着(中京1400m)

血統:父 ワークフォース 母父 デュランダル

見解:追い込みタイプの馬。右回り実績△。小回り実績△。前走は、早々からついていけなくなり、直線も見せ場がありませんでした。今回初めての小倉、久々の小回りでどこまでやれるかに注目です。

クーファウェヌス

前走:船橋S3着(中山1200m)

血統:父 モーリス 母父 ダイワメジャー

見解:差しタイプの馬。右回り実績〇。小回り実績○。前走は、枠順、展開的にも恵まれ、3着。小倉は過去実績ある舞台なので〇。メンバーレベルが上がってどのような競馬をするか注目です。

クリノアリエル

前走:朱雀S6着(中京1200m)

血統:父 ディープインパクト 母父 ブライアンズタイム

見解:差し追い込みタイプの馬。右回り実績〇。小回り実績○。前走は、最後は伸びているものの、出遅れが響いた印象。今回、軽斤量は〇。小倉実績も〇。メンバーレベルが上がってどうかに注目です。

タイセイビジョン

前走:京王杯SC12着(東京1400m)

血統:父 タートルボール 母父 スペシャルウィーク

見解:差しタイプの馬。右回り実績〇。小回り実績未経験。前走は、道中掛かって、最後の直線伸びませんでした。基本的広くて長い競馬場を中心に使われてきたので、小回りの小倉が合うかどうかが課題です。力自体は上位だと思っています。

ピオグラフィー

前走:京王杯SC5着(東京1400m)

血統:父 ロードカナロア 母父 サンデーサイレンス

見解:逃げタイプの馬。右回り実績△。小回り実績△。前走は、好スタートから、果敢に大逃げを打って粘っての5着。前走からも、距離短縮は〇。今回、さらに平坦な小倉でどのような競馬をするかに注目です。

ファーストフォース

前走:桂川S8着(京都1200m)

血統:父 ロードカナロア 母父 サクラバクシンオー

見解:逃げ先行タイプの馬。右回り実績〇。小回り実績〇。今回約9か月の休養明け初戦。前走は、好位置で競馬するも、直線伸びませんでした。軽斤量は〇。小倉は安定して走れているので〇。久々でどの程度走れるかが課題です。

プリカジュール

前走:障害オープン8着(阪神障害3110m)

血統:父 アーネストリー 母父 Victory Gallop

見解:逃げタイプの馬。右回り実績〇。小回り実績〇。今回障害帰り初戦。元々平地では前目で勝負する馬。今回障害帰りでどのような変化があるかに注目です。

無断転載厳禁

タイトルとURLをコピーしました