【競馬】有力馬次走報まとめ一覧

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】

こんにちは。「ずまずま競馬情報ジャーナル」運営者の「ずまずま」です。

この記事では、本サイトで執筆中の「次走報」記事についてまとめていきます。

競争馬、約50頭近くの「次走情報」を取り扱っておりますので、有力馬の次走情報が気になっている方々に必見の記事となっております。

随時更新していきますので、是非ご活用下さい!

ずまずま<br>
ずまずま

頻繁に利用して頂けると、大変励みになります!

良かったらぜひ「ホーム画面に追加」・「ブックマーク」よろしくお願いします!


以下が目次です↓↓

【スポンサーリンク】

目次

3歳牡馬

【スポンサーリンク】

G1馬 次走報

イクイノックス

2022年に「天皇賞秋(G1)」を勝利している競争馬。キタサンブラック産駒初の重賞馬でもあり、G1勝利馬でもあります。

■イクイノックス

アスクビクターモア

2022年に「弥生賞ディープインパクト記念(G2)」を勝利している競争馬。

■アスクビクターモア

キラーアビリティ

2021年に2歳G1「ホープフルS(G1)」などを勝利している競争馬。

■キラーアビリティ

ジオグリフ

2022年の牡馬クラシック「皐月賞(G1)」などを勝利している競争馬。ドレフォン産駒初のG1馬でもあります。

■ジオグリフ

セリフォス

2022年に「マイルCS(G1)」などを勝利している競争馬。 

■セリフォス

ダノンスコーピオン

 2022年に3歳G1「NHKマイルC(G1)」などを勝利している競争馬。

■ダノンスコーピオン

ドウデュース

2022年に「日本ダービー(G1)」などを勝利している競争馬。2021年の「JRA最優秀2歳牡馬」であり、馬主である「キーファーズ」初のG1馬でもあります。

■ドウデュース

【スポンサーリンク】

重賞馬 次走報

ガイアフォース

2022年に「セントライト記念(G2)」を勝利している競争馬。

■ガイアフォース

コマンドライン

2021年に「サウジアラビアRC(G3)」を勝利している競争馬。

■コマンドライン

ジャスティンパレス

2022年に「神戸新聞杯(G2)」を勝利している競争馬。G1レースで連対するなどの実績を持っています。

■ジャスティンパレス

ジャングロ

2022年に「ニュージーランドT(G2)」を勝利している競争馬。「ウマ娘」でお馴染みで馬主である「藤田晋」氏の持ち馬であります。

■ジャングロ

ダノンベルーガ

2022年に「共同通信杯(G3)」を勝利している競争馬。

■ダノンベルーガ

トウシンマカオ

2022年に「クロッカスS(L)」を勝利している競争馬。G1や古馬重賞にも参戦して結果を残している実力馬です。

■トウシンマカオ

プルパレイ

2022年に「中日スポーツ賞ファルコンS(G3)」を勝利している競争馬。イスラボニータ産駒初の重賞馬でもあります。

■プルパレイ

マテンロウオリオン

2022年に「日刊スポーツ賞シンザン記念(G3)」を勝利している競争馬。

■マテンロウオリオン

【スポンサーリンク】

重賞未勝利馬 次走報

ダンテスヴュー

2021年の「未勝利戦」を勝利している競争馬。良血馬であり、重賞未勝利ではあるものの、重賞レースで連対などの実績を持っています。

■ダンテスヴュー

ドーブネ

2021年に「ききょうS(OP)」を勝利している競争馬。重賞未勝利なものの、この馬自身2021年のセリにて「5億1711万円」で取引された馬であり、馬主が「ウマ娘」でお馴染みの「藤田晋」氏と言うことからも、話題性を持っている馬となります。

■ドーブネ

【スポンサーリンク】

3歳牝馬

【スポンサーリンク】

G1馬 次走報

サークルオブライフ

2021年に「阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)」などを勝利している競争馬。2021年の「JRA最優秀2歳牝馬」でもあります。

■サークルオブライフ

スタニングローズ

2022年に「秋華賞(G1)」を勝利している競争馬。

■スタニングローズ

スターズオンアース

2022年に「オークス(G1)」などを勝利している競争馬。2022年7月現在、牝馬クラシックの「二冠馬」であります。

■スターズオンアース

重賞馬 次走報

アートハウス

2022年に「ローズS(G2)」を勝利している競争馬。

■アートハウス

ウォーターナビレラ

2021年に「KBSファンタジーS(G3)」を勝利している競争馬。シルバーステート産駒初の重賞馬であり、G1レースでも連対を見せる実力馬です。

■ウォーターナビレラ

エリカヴィータ

2022年に「サンスポ賞フローラS(G2)」を勝利している競争馬。

■エリカヴィータ

ナミュール

2022年に「チューリップ賞」を勝利している競争馬。G1レースでも、度々好走を見せている実力馬です。

■ナミュール

ナムラクレア

2022年に「函館スプリント(G3)」などを勝利している競争馬。G1レースでも、好走を見せている実力馬です。

■ナムラクレア

プレサージュリフト

2022年に「デイリー杯クイーンC(G3)」を勝利している競争馬。

■プレサージュリフト

【スポンサーリンク】

重賞未勝利馬 次走報

サリエラ

2022年に「3歳以上1勝クラス」を勝利している競争馬。兄弟に重賞馬やG1馬を多数持つ他、自身も重賞で連対を果たすなど、今後の飛躍が期待されています。

■サリエラ

【スポンサーリンク】

古馬牡馬

【スポンサーリンク】

G1馬 次走報

エフフォーリア

2021年にグランプリ「有馬記念(G1)」などを勝利している競争馬。2021年には「JRA年度代表馬」。また、「JRA最優秀3歳牡馬」にも輝いています。

■エフフォーリア

カフェファラオ

2022年に「フェブラリーS(G1)」などを勝利している競争馬。2022年には、先述レースで史上2頭目の連覇を果たしています。

グレナディアガーズ

2020年に「朝日杯フューチュリティS(G1)」などを勝利している競争馬。

■グレナディアガーズ

シャフリヤール

2021年に「日本ダービー(G1)」を勝利している競争馬。2022年には海外遠征を行い、「ドバイシーマクラシック(G1)」制覇を果たしています。

■シャフリヤール

シュネルマイスター

2021年に「NHKマイルC(G1)」などを勝利している競争馬。

■シュネルマイスター

タイトルホルダー

2022年にグランプリ「宝塚記念(G1)」などを勝利している競争馬。

■タイトルホルダー

テーオーケインズ

2021年に「チャンピオンズC(G1)」などを勝利している競争馬。同年には「JRA最優秀ダートホース」にも選出されている実力馬です。

■テーオーケインズ

パンサラッサ

2021年に「ドバイターフ(G1)」を勝利している競争馬。「大逃げ」と言うレーススタイルからも、注目を集める人気馬です。

■パンサラッサ

ピクシーナイト

2021年に「スプリンターズS(G1)」を勝利している競争馬。

■ピクシーナイト

ダノンザキッド

2020年に「ホープフルS(G1)」などを勝利している競争馬。同年には「JRA最優秀2歳牡馬」に選出されている実力馬です。

■ダノンザキッド

ポタジェ

2022年に「大阪杯(G1)」を勝利している競争馬。

■ポタジェ

【スポンサーリンク】

重賞馬 次走報

アサマノイタズラ

2021年に「セントライト記念(G2)」を勝利している競争馬。

■アサマノイタズラ

アリーヴォ

2022年小倉大賞典(G3)」を勝利している競争馬。G1勝利は無いものの、好走を見せている実力馬です。

■アリーヴォ

アリストテレス

2021年に「アメリカジョッキーC(G2)」を勝利している競争馬。2020年の「菊花賞(G1)」では、後の三冠馬コントレイルとの激闘が印象深い実力馬です。

■アリストテレス

イルーシヴパンサー

2022年に「東京新聞杯(G3)」を勝利している競争馬。

■イルーシヴパンサー

ヴェルトライゼンデ

2022年に「鳴尾記念(G3)」を勝利している競争馬。兄に2014年の「読売マイラーズC(G2)」を勝利している”ワールドエース”や、2021年の「天皇賞春(G1)」などを勝利しているG12勝馬”ワールドプレミア”などが居る、良血馬です。

・ヴェルトライゼンデ

ヴェントヴォーチェ

2022年に「キーンランドC(G3)」を勝利している競争馬。

■ヴェントヴォーチェ

ウインカーネリアン

2022年に「関屋記念(G3)」を勝利している競争馬。

■ウインカーネリアン

オーソリティ

2021年に「アルゼンチン共和国杯(G2)」などを勝利している競争馬。2021年には先述レースの連覇を果たしている他、国内外のG1レースで度々好走を見せている実力馬です。

■オーソリティ

ジャックドール

2022年に「金鯱賞(G1)」を勝利している競争馬。「逃げ」のレーススタイルから「令和のサイレンススズカ」との異名をもつ実力馬です。

■ジャックドール

ステラヴェローチェ

2021年に「神戸新聞杯(G2)」を勝利している競争馬。G1勝利は無いものの、G1レースで度々好走を見せいている実力馬です。

■ステラヴェローチェ

ソウルラッシュ

2022年に「読売マイラーズC(G2)」を勝利している競争馬。

■ソウルラッシュ

ソーヴァリアント

2021年に「チャレンジC(G3)」を勝利している競争馬。

■ソーヴァリアント

タイセイビジョン

2020年に「アーリントンC(G3)」などを勝利している競争馬。上記の他にも複数の重賞を制しています。

■タイセイビジョン

タイムトゥヘヴン

2022年に「ダービー卿チャレンジトロフィー(G3)」を勝利している競争馬。母には、2006年の桜花賞馬である、「キストゥヘヴン」が居ます。

■タイムトゥヘヴン

ディープボンド

2022年に「阪神大賞典(G2)」などを勝利している競争馬。同年には、先述レース連覇を果たしている他、2021年には前哨戦を勝利して「凱旋門賞(G1)」にも参戦している実力馬です。

■ディープボンド

テーオーロイヤル

2022年に「ダイヤモンドS(G3)」を勝利している競争馬。G1勝利は無いものの、長距離G1レースでは好走を見せている実力馬です。

■テーオーロイヤル

バスラットレオン

2021年に「ニュージーランドT(G2)」などを勝利している競争馬。2022年には海外遠征を行い、「ゴドルフィンマイル(G2)」を勝利している実力馬です。

■バスラットレオン

ヒシイグアス

2021年に「中山記念(G2)」などを勝利している競争馬。G1勝利は無いものの、国内外のG1レースで度々連対を果たしている実力馬です。

■ヒシイグアス

ファルコニア

2022年に「京成杯オータムハンデ(G3)」などを勝利している競争馬。

■ファルコニア

ベレヌス

2022年に「中京記念(G3)」などを勝利している競争馬

・ベレヌス

ホウオウアマゾン

2021年に「アーリントンカップ(G3)」などを勝利している競争馬。

・ホウオウアマゾン

ヨーホーレイク

2022年に「日経新春杯(G1)」を勝利している競争馬。2歳時からG1戦線で好走を見せている実力馬です。

■ヨーホーレイク

レッドベルオーブ

2020年に「デイリー杯2歳S(G2)」などを勝利している競争馬。

■レッドベルオーブ

ワンダフルタウン

2021年に「青葉賞(G2)」などを勝利している競争馬

■ワンダフルタウン

【スポンサーリンク】

重賞未勝利馬 次走報

ジャスティンカフェ

2021年に「湘南S(3勝クラス)」を勝利している競争馬。レースで見せるパフォーマンスからも、今後の重賞・G1制覇が期待されています。

■ジャスティンカフェ

ヒートオンビート

2021年に「美濃S(3勝クラス)」などを勝利している競争馬。

■ヒートオンビート

【スポンサーリンク】

古馬牝馬

【スポンサーリンク】

G1馬

アカイイト

2021年に「エリザベス女王杯(G1)」を勝利している競争馬。重賞戦線で度々好走を見せている実力馬の他、キズナ産駒初のG1馬でもあります。

■アカイイト

ジェラルディーナ

2022年に「エリザベス女王杯(G1)」を勝利している競争馬。母にG17勝馬「ジェンティルドンナ」が居る事からも、今後更なる飛躍が期待されています。

■ジェラルディーナ

ソダシ

2021年に「桜花賞(G1)」などを勝利している競争馬。G1を複数勝利している実力馬であり、世界初「白毛のG1馬」として、競馬界のアイドル的な人気を誇ります。

■ソダシ

ソングライン

2022年に「安田記念(G1)」などを勝利している競争馬。同年には海外遠征を行い、サウジアラビアで行われた「1351ターフスプリント(G3)」を勝利している実力馬です。

■ソングライン

デアリングタクト

2020年に「オークス(G1)」などを勝利している競争馬。同年の牝馬クラシックにて、史上6頭目の「三冠馬」に輝いた実力馬です。

■デアリングタクト

ユーバーレーベン

2021年に「オークス(G1)」を勝利している競争馬。2022年には海外遠征を行っている実力馬です。

■ユーバーレーベン

レイパパレ

2021年に「大阪杯(G1)」などを勝利している競争馬。

■レイパパレ

レシステンシア

2019年に「阪神ジュベナイルF(G1)」などを勝利している競争馬。同年には「JRA最優秀2歳牝馬」に選出されている他、国内外の短距離G1レースで度々好走を見せている実力馬です。

■レシステンシア

【スポンサーリンク】

重賞馬

アナザーリリック

2022年に「福島牝馬S(G3)」を勝利している競争馬。

■アナザーリリック

アンドヴァラナウト

2021年に「ローズS(G2)」を勝利している競争馬。G1勝利は無いものの、G1レースで好走を見せるなど、世代を代表する牝馬です。

■アンドヴァラナウト

クリノプレミアム

2022年に「中山牝馬S(G3)」を勝利している競争馬。

■クリノプレミアム

シゲルピンクルビー

2021年に「フィリーズレビュー(G2)」を勝利している競争馬。

■シゲルピンクルビー

ミスニューヨーク

2021年に「ターコイズS(G3)」などを勝利している競争馬。

■ミスニューヨーク

メイケイエール

2022年に「京王杯スプリングS(G2)」などを勝利している競争馬。G1勝利は無いものの、既に重賞を複数を勝利している実力の他、破天荒なレース振りの人気から、今後G1制覇にも期待がかかる実力馬です。

■メイケイエール

ルビーカサブランカ

2022年に「愛知杯(G3)」などを勝利している競争馬。全兄には、2020年の「阪神大賞典(G2)」などを勝利している重賞馬「ユーキャンスマイル」が居ます。

・ルビーカサブランカ

マリアエレーナ

2022年に「小倉記念(G3)」を勝利している競争馬。

■マリアエレーナ

ロータスランド

2022年に「京都牝馬S(G3)」などを勝利している競争馬。重賞を複数勝利している他、G1レースで連対をしている実力馬です。

■ロータスランド

【スポンサーリンク】

重賞未勝利馬

ステラリア

2021年に「忘れな草賞(L)」を勝利している競争馬。重賞制覇こそ無いものの、G1レースで連対を見せている実力馬です。

■ステラリア

【スポンサーリンク】

引退・抹消済みの競争馬

【スポンサーリンク】

牡馬

グレートマジシャン

2021年に「セントポーリア賞(1勝クラス)」を勝利した競争馬。

■グレートマジシャン

牝馬

ファインルージュ

2021年に「紫苑S(G3)」などを勝利した競争馬。

■ファインルージュ

【スポンサーリンク】

タイトルとURLをコピーしました